« 仏道修行は広く深い | トップページ | 「名残り雪」 というには凄すぎて »

2006年3月24日

民主党の知らないリスクマネジメント

民主党、本当にリスクマネジメントがなってないなあ。「ヤバイ状況になったときに、やってはいけないこと」 ばかりやっている。これでは危なくて、政権なんて任せられない。

こういう場合のもっともいいやり方は、「何もそこまでしてくれなくても・・・」 というぐらい、さっさと責任者の首を差し出すことだ。

今回のケースで言えば、まず、永田議員は素速く辞職し、さらに、野田国対委員長ばかりでなく、前原代表まで辞任すべきだった。「トカゲの尻尾キリ」ではなく、「解党的出直し」を印象付けるべきだった。

そこまでして、初めて世の中というのは納得するのである。相手に与えそうだったダメージの数倍のダメージを自ら引き受けることによって、相手も 「あなたの誠意はよくよくわかりました。さ、さ、ついた両手をお上げになって・・・」 となるのである。

なぜなら、相手もそれ以上追いつめようという姿勢なんか見せたら、今度は自分の方が悪役になってしまうからだ。

ローレンツ博士の 『ソロモンの指輪』に、オオカミは争いになっても、相手が負けを認めて首筋を差し出せば、自然に抑制が働いて、それ以上攻撃することができなくなるというようなことが書いてある。人の世でも、時としてそれと似た摂理が働く。

しかし、民主党は進んで首を差し出さなかったばかりでなく、「トカゲの尻尾」すら切らず、拙いレトリックの「謝罪」を小出しにしているだけである。前原代表は辞める気配すら見せず、さらに代議士の地位にしがみつく永田議員に引導を渡すこともできない。

これだと、相手はいつまで経っても居丈高な姿勢を崩さなくて済む。一番下手なやり方なのだ。

それにしても、永田議員は、これまでよっぽど「順調」な道を歩き続けてきたんだろうなあ。「この俺が、公衆の面前であれだけ頭を下げたんだから、もうチャラだろう」ぐらいに思ってるのかもしれない。シアワセな人である。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 仏道修行は広く深い | トップページ | 「名残り雪」 というには凄すぎて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

永田は、神妙な表情を作ることだけは、得意なようですね。

民主党の中の、まともな人達は、党を飛び出て、新党を結成して欲しい。

遠回りだろうけれど、日本の夜明けが来るかも知れまい。(笑)

投稿: alex99 | 2006年3月24日 12:05

alex さん:

>民主党の中の、まともな人達は、党を飛び出て、新党を結成して欲しい。

うぅむ、民主党、今回でとことんケチが付いちゃいましたからねぇ。

投稿: tak | 2006年3月24日 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の知らないリスクマネジメント:

« 仏道修行は広く深い | トップページ | 「名残り雪」 というには凄すぎて »