« 不調を訴える人は病気であるのか、ないのか | トップページ | 近頃靴の防水性がよくなった »

2010/03/23

暑さ寒さも彼岸まで?

「暑さ寒さも彼岸まで」というが、これはちょっぴりウソである。正岡子規が「毎年よ彼岸の入りが寒いのは」と俳句で指摘しているように、春の彼岸は寒の戻りで寒くなることが多い。今年は彼岸の中日にものすごい南風が吹いて春の嵐になったが、翌日にはまた冬型に戻って寒くなってしまった。

で、今日も日向はぽかぽかするほどだが、日陰を歩くと、冷たい風を受けて肌寒い。彼岸の入りだけでなく、彼岸の中日を越しても寒い。

今年は 2月頃から何度も「初夏の陽気」なんて言われるほどの暖かさを経験して、それが 3日と続かないうちにまた寒の戻りが来るという繰り返しなので、体が陽気に付いていくので精一杯である。

いつもの年なら、「彼岸の入りは寒いよね」で済むのだが、今年は「もう、一体、この寒さはなんなんだよぉ~」なんて感じになってしまう。暖かい日が妙に暖かいので、ちょっと寒くなるとものすごく冷え込んだような気がしてしまうのだ。

今年の桜の開花は平年より早いんだそうだが、何度も初夏になったので、遅いんじゃないかと錯覚してしまうほどだ。夜桜見物は、体を冷やさないように気を付けなければならないだろう。

 

|

« 不調を訴える人は病気であるのか、ないのか | トップページ | 近頃靴の防水性がよくなった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑さ寒さも彼岸まで?:

« 不調を訴える人は病気であるのか、ないのか | トップページ | 近頃靴の防水性がよくなった »