« 日本人旅行者は silent bomber? | トップページ | 未病? 未未病? »

2011年1月19日

わさびの毒消し作用

私はカーッとくる辛さ、英語で "hot" と形容する唐辛子的な辛さにはとても強くて、カレーなんかも常に「激辛」指定なのだが、わさびの辛さ、あの「ツーン」とくる辛さには弱い。寿司屋で「さび抜き」を注文するほどヤワではないにしろ、あまりべったり塗られると絶句する。

子供の頃、どうして刺身にわさびを付けるのかと母親に聞くと、母は即座に「毒消し」だと言った。わさびで消さなければならないような「毒」 を、ずっと食わせられ続けてきたのかと驚いて、念のため祖母にも確認すると、祖母も即座に「毒消し」と言う。

子供心にはかなりショックなことだったが、かといって刺身を食うのを止めたわけではない。そのあたりは、かなりテキトーなものである。逆にわさびさえ付ければ刺身の毒は消えるとばかり、安心してどんどん食い続け、死にもせずに現在に至っている。

最近、ふと思いついて「わさび/毒消し」のキーワードでググってみたら、確かにわさびには強力な解毒作用があるということが確認できた。「わさびスルフィニル」という成分のおかげなのだそうだ。祖母も母も、そんな化学的知識はなかったはずだが、昔ながらの知恵というのは、なかなか大したものである。

金印わさび機能性研究所」 というサイトに行くと、わさびスルフィニルの機能性が詳しく紹介されている。

わさびスルフィニルには、解毒作用のほか、抗酸化作用、血流改善作用、がん細胞転移抑制作用、糖尿病合併症予防作用、花粉症軽減効果、炎症抑制作用、膝関節痛抑制作用、美肌効果と、かなり広範な効果があるのだそうだ(参照)。わさびもなかなか捨てたものじゃない。

ただ、このわさびスルフィニルというのは、本わさびに含まれている成分だそうで、その辺で売られてるテキトーに水増ししたようなわさびでは、あまり期待できないんだろうと思われる。せいぜい「気は心」程度のものなのかもしれない。

|

« 日本人旅行者は silent bomber? | トップページ | 未病? 未未病? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わさびの毒消し作用:

« 日本人旅行者は silent bomber? | トップページ | 未病? 未未病? »