« Apple 的世界の居心地のよさ | トップページ | au ショップでは店員の口車に乗るなというマジな話 »

2012年9月 7日

「ロゼット洗顔パスタ」 と 「スパゲティ」 の怪しい関係

本当にいくつになっても知らないことってあるもので、何と還暦になってようやく、「パスタ」と「麺類」はイコールじゃないということを明確に認識した。

「明確に」と言ったのにはわけがあって、前から「薄々と」は気付いていたのである。「パスタ」という範疇には、スパゲティだけではなく、マカロニやラザニアなど、日本人が考える麺類とはちょっと違った形状の食物が含まれる。英語の「ヌードル(noodle)」は、日本人の考える「麺類」と大体重なるが、「パスタ」となるとはみ出す部分が大きい。

こうした「薄々気付いていた認識」に急にこだわって、にわかにちゃんと調べてみる気になったのは、我が家の浴室に「ロゼット 洗顔パスタ」なるものがあることに気付いたのがきっかけだ。これはかなり昔からある製品で、「黒子さん白子さんのおしゃれ問答」なんていう漫画形式の宣伝が懐かしい。

Img_6394

久しぶりでこの製品を目にして私は、「洗顔パスタ? 洗顔麺類? いや、やっぱり『パスタ』は『麺類』ってわけじゃないんだよな」と、心の中でつぶやいた。

思い返してみれば、昔は「洗顔パスタ」と言われても、スパゲティを連想して「どうして洗顔クリームが麺類なの?」なんて不思議がる前提条件がなかった。日本人がスパゲティなどを「パスタ」と呼ぶようになったのはつい最近のこと(多分、1980年代以後)なのである。

Wikipedia の「パスタ」の項で調べてみると、「パスタ」というイタリア語は、英語の paste(ペースト)やフランス語の pâté(パテ)と語源が同じで、俗ラテン語の pasta (生地、練りもの)に由来する言葉なのだとわかった。なんだ、元々の意味は「練りもの」だったのか。

なるほど、「洗顔パスタ」は「洗顔ペースト」ということだったのね。歯磨きのことを「トゥースペースト(toothpaste)」というのと同じようなものだ。

それが今や、日本では「パスタ」といえば「麺類」のことと思われてしまうまでに、カタカナ言葉として普及してしまったのは、やはり「パスタ」の代表選手が「スパゲティ」ということによるのだろう。そして スパゲティが主に乾麺の形で流通しているので、ますます「練りもの」というイメージが遠のいてしまったわけだ。

ちなみに、乾麺でない手打ちのスパゲティなどは、"pasta fresca" というのだそうだ(参照)。これなんか、英語なら "fresh paste" なのだろうということぐらい、調べなくてもわかる。この辺りは庄内弁と鹿児島弁より近しいぐらいで、欧米のバイリンガルなんて、楽なものだ。

いずれにしても、スパゲティなどを「パスタ」と言うようになる前の日本では、「パスタ」といえば「練りもの、軟膏」のイメージの方が強かったのだね。

ちなみにイタリア語の 「スパゲティ は、「ひも」の意味の "spago" から来ていて、細ひもになると "spaghetto" (小さな星とか、スターになる直前の新進女優を "starlet" というみたいなものね)。その複数形が "spaghetti" なんだそうだ。

以上、本日のまとめは、「パスタ」 は 「練りもの」 で、「スパゲティ」 は 「細ひも」 であるということ。

 

【2020/01/17 追記】

上の「黒子さん白子さんのおしゃれ問答」という部分からは、現在では当時のマンガ型式の広告画像にリンクできなくなっていることを、今日初めて知った。多分、肌の色という問題から差別的な印象を与えることを憂慮して、メーカーが「黒子さん白子さん」を使わなくなったのだろう。

ここでは、純粋に「こんな広告だった」ということを示すために、下に当時のマンガの例を挙げておく。

120907x

|

« Apple 的世界の居心地のよさ | トップページ | au ショップでは店員の口車に乗るなというマジな話 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

いつもおもしろく見させてもらっています。
さて、麺類。起源から言えば中国語ですね。
麺は麦のことで、紐状の食品をさす日本とは違っています。

ソバもフォーもビーフンも麺類には含まれず
逆にマカロニ、ペンネはもちろんラザニアや餃子は麺。
と言うのが私の認識です。

ロゼット洗顔パスタは懐かしいですけどね。

投稿: 市川 博 | 2012年9月 7日 18:31

あとパンも面包(麺包)というくらいで麺の一種扱いのようです。
逆に小麦粉を使っていないものは麺じゃない、という明確な基準は中国へ行くと実感しますね。
関係ないですが、アメリカドラマの吹き替え版で、「パスタにする?それともマカロニにする?」というようなセリフを聞いて吹き出したのを思い出しました。

投稿: HIROKAZ | 2012年9月 8日 05:31

市川 さん:

>さて、麺類。起源から言えば中国語ですね。
>麺は麦のことで、紐状の食品をさす日本とは違っています。

へえ、そうだったんですか。
そういえば、「麦」に「面」ですものね。
なるほど、なるほど。

投稿: tak | 2012年9月 8日 12:12

HIROKAZ さん:

>あとパンも面包(麺包)というくらいで麺の一種扱いのようです。
>逆に小麦粉を使っていないものは麺じゃない、という明確な基準は中国へ行くと実感しますね。

へえ、日本語を離れれば、「麺」 は 「パスタ」 に近づくんですね (^o^)

>関係ないですが、アメリカドラマの吹き替え版で、「パスタにする?それともマカロニにする?」というようなセリフを聞いて吹き出したのを思い出しました。

感覚的には 「お酒にする? それともビール?」 というのに似てるかな (^o^)

投稿: tak | 2012年9月 8日 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ロゼット洗顔パスタ」 と 「スパゲティ」 の怪しい関係:

« Apple 的世界の居心地のよさ | トップページ | au ショップでは店員の口車に乗るなというマジな話 »