« Radiko の改善 | トップページ | 曇り空だろうが土砂降りだろうが »

2014/03/15

当たり前すぎることと細かいことしか言わない人

世の中には、当たり前すぎることと細かいことしか言わない人というのがいて、私はそんな人が苦手である。その手の人というのは、自分はよっぽど「正しい人」と思っているようなフシがある。とにかく「当たり前すぎること」しか言わないのだから、他人から「そりゃ、違うだろ」とか「あんたは間違ってる」とか言われたことがない。

その手の人の面白くも何ともない長話を聞いていると、さすがにうんざりするのだが、何しろ反論の余地がないほど「当たり前すぎること」なので、周囲の人はテキトーなところで「おっしゃる通りです」とか「その通りですね。参考にさせていただきます」とか相槌を売って、なんとか切り抜けようとするする。

ところがそれで、彼の「自分は正しい」という信念にますます筋金が入る。そしてその信念で、人の顔を見れば細かいことばかり並べ立てたがる。

そこへもってきて、私ときたら困ったことに、突飛なことと大局的なことしか言いたくないタイプなので、向こうからすると「放っとけないほど危なっかしい人」に見えてしまうらしい。それでますます、私に対して当たり前すぎることと細かいことを、もしかしたら彼なりの老婆心で言ってくれるのかもしれないが、ありがたいことに、本当にうざったい。

まことにもって、口うるさい小姑みたいな存在ではあるが、まあ、そんな人もいてくれないと困るだろうと、あまり避けないように気をつけている。普段から 「いろいろな人がいるので、この世はおもしろい」 と言っている私としては、自分に都合のいい多様性だけを認めるという傲慢には陥りたくないのだよね。

で、近頃ようやく、「当たり前すぎることと細かいことしか言わない人」というのも、ほんの少しだが、見ているとおもしろく感じられるようになってきた。観察していると、彼は周囲の人に「そうだよね」と言ってもらうのが大好きなようなのだ。いや、それどころか、そう言ってもらわないと居心地が悪くてたまらないみたいなのである。

それでますます、「その通りですね」と言ってもらえそうな話題に逃げ込んで、おもしろくもなんともない話をくどくどと繰り返す。誰かに「そうですね」と言ってもらって、初めて自分の存在価値を認識できるんだろう。ある意味、自信のなさを補うために「そうですね」と言ってもらう必要がある。

それだけに、彼に対する相槌の打ち方にも気をつけなければならないところがあって、あまり軽々しく「そりゃ、そうだ」とか、「それ、当然の前提ね」なんていう言い方をすると、彼は急に不機嫌になったりする。もしかしたら、私ってば、これまでそんな言い方をしちゃったことが度々あったかもしれない。いやはや、申し訳ないことだった。

実は、彼のレゾンデートルを脅かしちゃってたのだね。それで彼としては、自分の存在意義確認のためにも、ますます当たり前すぎることと細かいことを、私に対して並べ立てようとしていたというわけだ。なるほど、なるほど。

ただでさえうっとうしいのに、細かいところで無用の軋轢を生じるのはさらにうっとうしいから、これからは気をつけようと思う。このタイプの人を見ているのが「おもしろい」と思えるようになって、少し人生勉強をしたみたいな気がする。

 

|

« Radiko の改善 | トップページ | 曇り空だろうが土砂降りだろうが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「そうそう、それって私としてはわざわざ言うまでもないくらい当然の常識だと思っていたんですけど、分かっていない人が意外に多いんですよねぇ」

落としておいてフォロー(笑)

投稿: 山辺響 | 2014/03/17 13:16

山辺響 さん:

座布団 5枚差し上げます (^o^)

投稿: tak | 2014/03/17 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前すぎることと細かいことしか言わない人:

« Radiko の改善 | トップページ | 曇り空だろうが土砂降りだろうが »