« Windows 10 の展開が始まっているようだが | トップページ | 人生に三角関数は必要か? »

2015年8月27日

東京オリンピックのエンブレムに関する 「余計な説明」 が、火に油を注いでいる

東京オリンピックのエンブレムに関するゴタゴタに、またしても余計なゴタゴタ要素が加わった。このエンブレムの審査委員代表を務めた永井一正氏という 86歳のじいさんが、選考から決定に至るまでの妙なプロセスを明かした(参照) ため、逆に別方面の疑惑が深まるという結果になっている。

永井氏によると、佐野研二郎氏の元々のデザインは「東京」の頭文字の "T" を図案化したもので、右側の "L" を想起させる部分はなかったが、商標登録のための調査過程で他に類似する商標があるとわかったため、デザインを練り直すうちに、最終的に "L" に似たデザインが盛り込まれたのだという。だから、ベルギーの劇場のロゴを真似たものではないというのである。

しかしこれって、フツーに考えると首をひねりたくなる説明である。佐野氏の元々のデザインの商標登録をする過程で、明らかな問題になると認識されるほどに類似した商標が既に存在しているとわかったならば、その時点で佐野氏のデザインを 「アウト」 にし、次点となったデザインを採用すべきではなかったのか。

最終的に発表された佐野氏のデザインに、明らかに不要で意味不明の要素である「"L" に見える部分」を加えるという「妙にご親切すぎる練り直し」を行ったということ、そしてその事実がしばらくは伏せられていたということ自体が、「かなり不自然なプロセスだよね」ということになる。

さらに言えば、佐野氏自身の釈明会見で、右側の「 "L"  に見える要素」は、"T" と円の組み合わせによってたまたま生じただけで、「デザインのそもそもの成り立ちが違う」と説明されたことも、それは決して「そもそもの成り立ち」なんかじゃなくて、「後から付け加えられた結果」であることがバレてしまった。つまり、あの釈明は「ウソ」だったわけだ。

私としては、こうした諸々のおかしな要素は、「どうしても佐野氏のデザインを採用したい」という意思が働いていたことによるのではないかと疑うに十分なものだと思う。というのは、既に一部ではかなり知られたことだが、このエンブレムの審査委員には、佐野氏の関係者が多すぎるのだ。その「相関図?」みたいなものもネット上に公開されており、それをみるとかなり濃密な「コネ」である。

この相関図が話題になった当初は、私としては「せまい業界なんだから、このくらいのコネは珍しくないのかもね」なんて軽く考えていたが、今回の永井氏の「余計な説明」に接してみると、かえって妙にリアリティをもって迫ってきてしまったのだよね。

 

|

« Windows 10 の展開が始まっているようだが | トップページ | 人生に三角関数は必要か? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

tak さん

デザイナー仲間でもあの相関図は話題になっていました。

永井氏は「個人的には、ほかの応募案や審査の過程も公表した方がいい」とも言ってるみたいですから、
最終的に絞られたという3案、
佐野氏の原案と、他の2案、原研哉さんと葛西薫さんの案をぜひ見たいものです。

投稿: さくら | 2015年8月28日 11:33

さくら さん:

>デザイナー仲間でもあの相関図は話題になっていました。

やっぱりね。そりゃ、そうでしょうね。

>最終的に絞られたという3案、
>佐野氏の原案と、他の2案、原研哉さんと葛西薫さんの案をぜひ見たいものです。

そうですよね。それがないと、まさに 「密室の中の選考」 という印象ですね。

投稿: tak | 2015年8月29日 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京オリンピックのエンブレムに関する 「余計な説明」 が、火に油を注いでいる:

« Windows 10 の展開が始まっているようだが | トップページ | 人生に三角関数は必要か? »