« 「色」は脳内にある | トップページ | 私が寿司にそそられないのは »

2016年3月 2日

スギ花粉症がひどくなってきた

2月中旬頃までは、「今年は花粉症の症状が軽く済みそうだな」と思っていた。しかしそれの淡い期待は 2月下旬から裏切られた。

とくにこの 2〜3日はかなり辛い。鼻がつまり、つまるだけならまだしも、鼻水が止まらない。目の縁が痒い。いや、目の縁だけじゃ泣く、顔全体まで痒い気がする。そして時々、くしゃみが止まらなくなる。

昨年夏に「カモガヤ花粉症」を発症した妻は、スギの花粉は全然平気のようで、涼しい顔をしている。しかし、一度は辛い思いを経験しただけに、少しは同情心が芽生えたようで、「大丈夫?」なんて言ってくれる。いや、大丈夫なわけないのだが。

今日はとみに風が強いので、花粉がことさらに舞っているらしく、かなり大変なことになっているので、「アレグラ FX」という薬を飲み始めた。ああ、あと 1ヶ月ぐらいの辛抱である。毎年のこととはいえ、気が重い。

 

|

« 「色」は脳内にある | トップページ | 私が寿司にそそられないのは »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スギ花粉症がひどくなってきた:

« 「色」は脳内にある | トップページ | 私が寿司にそそられないのは »