« 米国大統領選の裏に潜む 「象チャート」 | トップページ | 「モバイルアンカー広告」 という、ただ邪魔なだけの代物 »

2016年11月 7日

茨城の言葉に、まだ馴染めない私

40年近く茨城県に住んでいるのだが、生まれて育ったというわけじゃないので、この辺りの言葉にはまだ馴染めていない。たまに行く関西の上方言葉の方が、まだずっと親しめる気がするというぐらいだ。

Img1131_1_2

よく言われることだが、私の生まれた山形県酒田市というところは、江戸時代から西回り航路の海運で栄えたところなので、上方言葉との親和性が育まれているのかもしれない。一方、茨城の典型的な北関東訛りは、どうも私の身体性にしっくりこない。

上の写真は、日本各地で「ありがとう」をどんな風に言うかというのを日本地図上に表したものだ。去年の今頃の読売新聞に出ていたものである。これによると、山形県では「おしょーしな」と言うことになっているが、これは県内でもかなり内陸方面の言葉で、米沢辺りで聞かれるという印象がある。私はそんな言い方をしたことは、生まれて一度もない。

私の生まれた酒田では、11年前の今頃の当ブログで触れたように、「もっけだ」と言う(参照)。これは人に何かしてもらって「儲けた」なんていうような言い方ではなく、「もっけの幸い」というような場合の「もっけ」であり、「滅多にない」ということだ。つまり「有り難い」と同じ意味合いである。

「おしょーしな」というのは、漢字で書けば「お笑止な」ということのようで、まず「笑止千万」というような意味から「お恥ずかしい」というニュアンスが生じ、そこから「ありがたい」という意味に転じたもののようだ。「御賞詞名」であるとの説もあるが、それは後からもっともらしい漢字を当てただけに決まっている。

で、酒田では「恥ずかしい」という意味が残っていて、「しょしのぅ」と言ったら「恥ずかしいなあ」という意味である。同じ山形県内で、「笑止」から生まれた言葉がまったく違ったシチュエーションで使われるのだ。

で、「ありがとう」の方言だが、上に掲げた画像には、茨城の言葉はとくには載っていない。じゃあフツーに「ありがとう」と言うのかと思われそうだが、どうもそうじゃない。この辺りの人は、「どーもねぇ」なんて言うことが多いようだ。「どうもありがとう」を略して「どうも」なんて言うのは、関西弁の「おおきにありがとう」を略して「おおきに」で済ませるのと共通している。

ただ、茨城では「どうも」だけで済ませてはあまりに愛想なしに感じられるようで、多くの人が「どうもねぇ」と言うようなのである。「ねぇ」 をつけて柔らかくしているのだろう。

ところが、この「どうもねぇ」というのは、酒田ではあまり使われないが、山形県の内陸では「なんでもない」みたいなニュアンスで使われることが多いように思う。「どうもありがとう」からきたのではなく「どうということもない」の省略形だ。

まあ、そんなこんなで、何年住んでも茨城の言葉には馴染めないのである。酒田に帰れば、一瞬にして完全な庄内弁の人になってしまうというのに。

ところで NHK の次期朝ドラが、茨城県を舞台としたものになるようで、ヒロインの有村架純という関西出身のタレント (私は名前すら知らなかった)が、茨城弁に苦労しているらしい(参照)。関西出身では、どうせ自然な茨城弁なんかにはならないだろう。

NHK 朝ドラは、どうしてネイティブのタレントを使わないんだろうと、いつも不思議に思うが、そこはそれ、芸能事務所は出身地なんか関係なく、ただ特定のタレントを押したがるのだろうね。それで、朝ドラはいつも学芸会レベルになってしまうわけだ。

 

|

« 米国大統領選の裏に潜む 「象チャート」 | トップページ | 「モバイルアンカー広告」 という、ただ邪魔なだけの代物 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨城の言葉に、まだ馴染めない私:

« 米国大統領選の裏に潜む 「象チャート」 | トップページ | 「モバイルアンカー広告」 という、ただ邪魔なだけの代物 »