« 個人情報管理を巡る冒険 | トップページ | 「明鏡止水」を絵に描いたような光景 »

2017年5月12日

笠置シヅ子の偉大さ

今年の夏の盛りにはなんと 65歳になってしまう私だが、あの伝説のブギの女王、笠置シヅ子の歌う姿は一度も見たことがなかった。時折ラジオで聞くだけで、画像情報は一切入ってこなかった。

170512

それもそのはず、彼女が歌手生活をスタートしたのは戦前のことで、あの『東京ブギウギ』のヒットは終戦直後。そして 1957年(私が 5歳の時)には歌をやめてしまっていた。黒澤明の映画『酔いどれ天使』に『ジャングルブギ』を歌う姿があるらしいが、私の生まれる 4年も前の作品だし、残念ながらまだ見ていない(参照)。

私は子どもの頃から、ラジオで笠置シヅ子の歌を聴く度に心躍らせ、「スゴい歌手がいたものだなあ」と思っていた。とくに『買い物ブギー』は圧巻である。生まれるのが遅すぎて笠置シヅ子を知らない人は、下の画像をクリックして、YouTube で聞いてみるといい。

私はこの歌の 2番目、「たまの日曜サンデーと云うのに 何が因果と云うものか」のところ、「たまの日曜サンデと云うのに」と歌うところが、またたまらなく好きだ。いいよねえ!

そしてこのほど何と、笠置シヅ子の動画を発見した。アップロードされたのはもう 9年も前のことのようで、どうして今まで気付かなかったのか、悔しくてたまらないが、一生知らずに死んでしまうよりはずっとよかった。

画質は決してよくないが、戦前は踊りが激しすぎるために「敵性文化」として官憲に睨まれたという彼女の、実際に歌い踊る姿を見ることができて、私は幸せというものである。終戦直後とは思われないほどの見事な、そして時には身も蓋もないほどダイナミックな、圧巻の身のこなしだ。ちなみにバンドの指揮を執っているのは、作曲者の服部良一自身だと思う。

痛恨なのは客席のハンドクラッピング(手拍子)が見事に「アタマ打ち」(1拍目と 3拍目で打ってる)ということだが、まあ、これは時代的にしょうがないか。

ついでだから告白してしまうが、このブギの女王と、1980年代の「カネヨンのおばちゃん」とは、全然結びついていなかったのである。いや本当に、同じ名前の別人と思っていたよ。あの頃の私は、テレビというものをほとんど見ていなかったしね。(今もあまり見てないけど)

かなり後になって、『東京ブギウギ』の笠置シヅ子と「カネヨンのおばちゃん」とは同一人物であると知り、かなりショックを受けた。しかし立ち直るまでにそれほどの時間はかからなかった。むしろそれを知ることによって、私の中での笠置シヅ子の存在感はますます高められたのであった。

ところで、「笠置シズ子」 の表記が 「笠置シヅ子」 に変わったのは、いつ頃のことだったんだろうなあ。その辺りからして、戦後のドサクサを感じさせ興味深い。ちなみに上記の『買い物ブギー』のレコード・ラベルは「笠置シズ子」の表記になっている。

|

« 個人情報管理を巡る冒険 | トップページ | 「明鏡止水」を絵に描いたような光景 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笠置シヅ子の偉大さ:

« 個人情報管理を巡る冒険 | トップページ | 「明鏡止水」を絵に描いたような光景 »