« 晴れ男、されど向かい風男 | トップページ | 「愛を込めて醸造」 された 「正直の美徳」 »

2018/04/20

"HASSYON" という名のファッション通販サイト

スマホの無料アプリで頻繁に広告が表示されるのはお馴染みのことだが、今日は "HASSYON" という名のファッション通販サイトの広告が現れた。下の写真がそれである。それにしても "HASSYON" とは、いくら何でもアヤし過ぎる名称ではないか。

180420

ちょっと検索してみると、あまりいい評判ではないようで、届いたのが不良品だったので交換を希望したが応じてもらえなかったなどという書き込みがみつかった(参照)。まあ、その一方で「安いんだから利用している」みたいな書き込みも多いのだが。

試しにこの "HASSYON" という会社の通販公式サイト(参照)に行ってみると、いろいろなアイテムの写真が並んでいるが、値段を見ると、とりたてて「安い」というほどではない。せいぜい「高くはない」程度の値段で、このくらいのものなら、フツーのジャンクショップでいくらでも見つかる。

「会社案内」というページを見ても、正式な会社名は表示されていない。"www.hassyon.com" というドメインネームが「域名」として表示されているが、これ、"domain name" を漢字に直訳したようで、中国の会社というのがバレバレである。さらにアヤシいことに、この会社案内の表は画像で表示されていて、つまりテキストベースの検索にはかからないように作られている。

「特定商取引法表記」というページをみると、「会社名」が「株式会社キラバイ」となっており、この部分もまた画像である。この社名をキーワードにして検索してみると、さらに芳しくない情報が出てくる。

この通販サイトで特徴的なのは、ページ上部のイメージ画像を除くと、すべての商品写真でモデルの顔がカットされていることだ。これは自社で契約したモデルではないので、顔を載せると訴訟を起こされるのが確実で、どう見ても勝ち目はないからだろう。

早く言えば、掲載されている商品は自社商品ではないということで、せいぜい欧米の企業から製造を請け負って、その中で出た不良品を販売しているか、あるいは中国内の消費者市場で安く販売されている品物をフツーに買い求めて、日本向けに値段を付け直して売っているかというようなことが考えられる。

いずれにしても私の感覚からすると、ファッション商品を ”HASSYON" なんていうサイトで買うなんて、気持ち悪くてできないと思うがなあ。

 

|

« 晴れ男、されど向かい風男 | トップページ | 「愛を込めて醸造」 された 「正直の美徳」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "HASSYON" という名のファッション通販サイト:

« 晴れ男、されど向かい風男 | トップページ | 「愛を込めて醸造」 された 「正直の美徳」 »