« 「昭和は遠くなりにけり」なんて言われそう | トップページ | あんまり天気がいいので、冬とは気付かない »

2018年11月29日

米国人の派手好き、パーティ好き、山火事という三題噺

アメリカ人の派手好き、パーティ好きは今さら言うまでもないが、昨年 4月のアリゾナでの山火事の原因は、"gender reveal party" (赤ちゃんの性別発表パーティ) の趣向で爆発物を使ったことだったらしい。発火の瞬間を捉えた動画が、CNN ニュースで取り上げられた。

"Gender reveal party" というのは、赤ちゃんが生まれる前に性別が明らかになった時点で、仲間内にそれを発表するパーティであるらしい。昔はそんなことはできなかったから、最近になって始まったことなのだろう。

動画を見ると、乾燥した草っ原に置かれた標的("BOY, GIRL" と書かれている)に銃弾が発射され、見事に命中した瞬間に、男の子であることを示す猛烈な青い煙が上がった(女の子の場合はピンクの煙になるらしい)。ところが同時に周囲の乾燥した草に火が付いてしまい、あっという間に燃え広がっている。

このパーティを開いたのは、CNN によるとデニス・ディッキーという国境警備隊員で、さすがに射撃の腕がよく、一発で的に命中させている。爆発に使ったのは、米国ではポピュラーな "Tannerite"(「タナライト」 というのかなあ)という火薬で、あまりポピュラーすぎて油断していたらしく、消化器を用意していたとも見受けられない。

今月 17日の「カリフォルニア森林火災の原因」という記事で、米国の山火事の原因は圧倒的に人為的なものが多いということを書いたが、中にはこんな馬鹿なこともあるのだね。デニス・ディッキーはこのお陰で 800万ドル(約 1億円)の損害賠償金を月賦払いすることになったという。どうでもいいけど、どうやったらそんな額を払えるのだろう。

ちなみに古くなった冷蔵庫を処分するのに、半ポンドぐらいの Tannerite を詰めて、遠くからライフルで撃つなんていう乱暴な手法が、米国ではさほど珍しいことではないらしく、"2/1 pound Tannerite vs fridge" で検索すると、びっくりするほど多くの動画が見つかる。下に貼り付けたのはその中の 1つ、冷蔵庫が破壊されずに飛んできて、危うく死ぬところだったという動画である。

いずれにしても昨今の異常気象のもとでは Tannerite の使用は控えた方がいいだろうと、太平洋を隔てた小さな島国で心配している次第である。そして冷蔵庫の処分も、きちんとリサイクルに出す方がいい。

|

« 「昭和は遠くなりにけり」なんて言われそう | トップページ | あんまり天気がいいので、冬とは気付かない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

あめりかじんはいろんな意味でこわいにょ!でも、あめりかじんの女性はたのしそうなのでお友だちになりたいにょ!(  ̄▽ ̄)

投稿: のうさぎマリオ | 2018年12月 1日 12:05

のうさぎマリオ さん:

アメリカの女性も結構コワいですよ (^o^)

投稿: tak | 2018年12月 1日 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国人の派手好き、パーティ好き、山火事という三題噺:

« 「昭和は遠くなりにけり」なんて言われそう | トップページ | あんまり天気がいいので、冬とは気付かない »