« 筑波山の姿と、ニュージーランドの大量殺戮事件 | トップページ | ココログの 「大規模メンテナンス」 はまともに済んだ試しがない »

2019/03/18

缶コーヒーはカラダに毒らしい

「週刊大衆」という週刊誌は知っているが、「日刊大衆」というウェブサイトがあることを、今日初めて知った。ココログの「注目のニュース」という案内の「缶コーヒーは絶対NG! 体に悪影響を与えない“銘柄”の選び方」という見出しをクリックしたら、このページに飛んだのである。

1903181

この記事によればフツーの缶コーヒーは砂糖の量が滅茶苦茶多く、砂糖を使わないものでも人工甘味料が含有されていて、これまた体に良くないのだそうだ。

私は 11年前に "コーヒーと缶コーヒーは全然別物" という記事の中で "世の中ではかなり大量に流通しているのに、個人的には一度も買ったことがないという商品が、誰でも一つや二つはあると思う。私の場合、その代表的なのが「缶コーヒー」というものだ" と書いている。というわけで、ありがたいことに私のカラダは缶コーヒーに汚染されずに済んでいるようだ。

ただ、自分では絶対に買わない缶コーヒーというものだが、何かのイベントに参加し、そこで支給されたものを飲んだことは 数回ある。その印象は、とにかく「甘すぎる!」というものだ。とてもじゃないが、飲むに堪えない。

私の住む茨城県には、一部では「チバラキ・コーヒー」として知られる「マックス・コーヒー」というものがあり、これがまたフツーの缶コーヒー以上に激甘だ。私は 5年前に行われた共同草刈り作業に参加した際に配られたものを、自宅に持ち帰って翌日に恐る恐る飲んでみたのだが、聞きしに勝る甘さだった。

この時のことは " 「マックス・コーヒー」 を生まれて初めて飲んでみた" という記事にしているが、幸か不幸か冷蔵庫でキンキンに冷やしてから飲んだので、その甘さに卒倒しなくて済んだ。人間の味覚は低温だと鈍くなるので無事だったが、もう少しヌルかったら、吐き出していたかもしれない。

で、この「日刊大衆」の記事では、コンビニコーヒーを選ぶように勧められている。これなら砂糖の量を自分で調節できるから OK というのだ。とはいえ、やはり自分で選んだ豆を直前に挽いて淹れるコーヒーが、一番いいと思うがなあ。もちろんシュガーレスで。

 

|

« 筑波山の姿と、ニュージーランドの大量殺戮事件 | トップページ | ココログの 「大規模メンテナンス」 はまともに済んだ試しがない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 缶コーヒーはカラダに毒らしい:

« 筑波山の姿と、ニュージーランドの大量殺戮事件 | トップページ | ココログの 「大規模メンテナンス」 はまともに済んだ試しがない »