« Apple Watch を付けたまま入浴しちゃえるようなのだ | トップページ | 「またか!」の大雨 »

2019年10月24日

「コールスロー」という食い物について

私はカタカナ名前の食い物にからきし疎くて、「ラーメンとカレーとハンバーグぐらいしかわからないよ」と言っているぐらいである。まあ、実際には英語の食い物ならまだなんとかわかるが、フランス語とかイタリア語とかが由来の食い物となると、本当にチンプンカンプンである。

191014_20191024110001

最近、ようやくイタリア語由来らしい「ペスカトーレ」(魚介系スパゲティということらしい)というものの正体がわかった。これは、自分が魚介類は食べるが肉は食べない「ペスカテリアン」であることから、自然に理解できた(参照)もので、ほかの「何とかーレ」系はさっぱりわからない。

ただ、英語由来の食い物でも「何それ?」というのが少なからずあって、その代表格が「コールスロー」というものだ。これ、細かく切ったキャベツがベースで、時に人参も入るというものだが、どうしてまた「ゆっくり呼べ(call slow)」なんて名前なんだろうと、ずっと不思議に思っていた。

で、今日ようやくその気になって Wikipadia で調べてみたところ、「コールスロー」は "call slow" ではなく、"coleslaw" なんだそうだ(参照)。元々はオランダ語の ”koolsla" から来ているらしい。ほぅらね、やっぱり英語そのものっぽい名前でないとさっぱりわからないのだよ。フランス語、イタリア語でもわからないのだから、オランダ語となったらお手上げだ。

Wikipadia には次のように説明されている。

英語の「コールスロー (coleslaw)」という名前は 18世紀ごろにオランダ語の "koolsalade"(キャベツサラダ)を短縮した「コールスラ (koolsla)」から生まれたものだが、1860年ごろまでのアメリカ合衆国とイギリスでは誤って "cold slaw"(冷たいスロー)と呼ばれており、ホットスローという温サラダが作られることもあった。

米国や英国でも変てこに誤解されていたというのだから、日本人の私がわからなくて当然だ。ちなみに、オランダ語でキャベツを意味する "kool" はラテン語由来らしく、同じ言葉が英語では "cole" になっているとあるのだが、それでも "cold slaw" なんて誤解されるのだから、そもそもあまり一般的な言葉じゃないんだろう。

いずれにしても、私はこの「コールスロー」という食い物が好きだから、言葉の由来がわかってすっきりした。

|

« Apple Watch を付けたまま入浴しちゃえるようなのだ | トップページ | 「またか!」の大雨 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

前回調べましたが、”pescatore" とは ”漁師”の意味のようですね。漁師が余った魚介類をトマトソースで煮込んだ料理をそのまま”漁師(pescatore)”と呼んだようです。

当然、スパゲティに載せればスパゲティペスカトーレになる。
今では、ペスカトーレだけでもその意味になるようです。

今日までコールスローとは”キャベツの千切り”のことだと思いこんでいましたが、どうやらキャベツを細かく(千切りに限らず)切ったものを主材料にしたサラダの事のようですね。私もちょっとスッキリです。

投稿: ハマッコー | 2019年10月24日 15:44

ハマッコー さん:

へえ! ”pescatore" とは ”漁師” だったんですか。知りませんでした。ありがとうございます。

投稿: tak | 2019年10月24日 20:56

日本語でよべ!!(-"-)コールスロー→「刻みキャベツサラダ」ペスカトーレ→「イタリア風海鮮皿うどん」ラタトゥイユ→「フランス風筑前煮」パエリア→「スペイン風海鮮炊き込みご飯」テリーヌ→「フランス風煮凝り」あとね、う~んとね、え~と(←もうええっちうねん)

投稿: 野兎星人 | 2019年10月24日 21:42

揚げ足取り(?)ですが、2016年にも同じ気付きがあられたようです。
https://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2016/08/post-66a4.html

いつも読んでるので気付きました(^^)

投稿: k2 | 2019年10月25日 06:44

野兎星人 さん:

>ラタトゥイユ→「フランス風筑前煮」パエリア→「スペイン風海鮮炊き込みご飯」テリーヌ→「フランス風煮凝り」

へえ、そうだったのか!

初めてわかりました。ありがとうございます。

投稿: tak | 2019年10月25日 19:55

k2 さん:

ホントだ! 既に書いてましたね。ご指摘ありがとうございます。

長くやってると、自分で書いたことを忘れてしまいます。気をつけなきゃ ^^;)

投稿: tak | 2019年10月25日 19:56

>ラタトゥイユ→「フランス風筑前煮」パエリア→「スペイン風海鮮炊き込みご飯」テリーヌ→「フランス風煮凝り」
へえ、そうだったのか!
初めてわかりました。ありがとうございます。

…すみません、適当に言い換えただけでつ。「フランス風筑前煮」は我ながら強引すぎるなとはおもいますたが…( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)

投稿: 野兎星人 | 2019年10月25日 22:19

野兎星人 さん:

いえいえ、これを見れば、まさに「フランス風筑前煮」と納得しました。

https://www.lecreuset.jp/community/recipe/ratatouille/

投稿: tak | 2019年10月26日 05:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Apple Watch を付けたまま入浴しちゃえるようなのだ | トップページ | 「またか!」の大雨 »