« そろそろ年賀状のことを考える時期になった | トップページ | Apple Watch で億劫にならない運動 »

2019/11/03

「勝利」と「敗北」という対義語

「勝利」と「敗北」という言葉がある。なんとなく気にかかっていたことだが、「勝利」の反対語が「敗北」で、なぜか「北」という文字が突く。なのに「勝南」という言葉があるというわけじゃない。これは一体どういうことなのだろうか。

191103

まずどうして「敗北」という言葉があるのかというと、「北」という漢字には、元々「敗走する」という意味があるのだそうだ。「語源由来辞典」には次のようにある。(参照

「北」は二人の人が背を向け合っているさまを示した漢字で、「相手に背を向ける」「背を向けて逃げる」の意味があり、「逃げる」の意味もある。
そこから、「戦いに負けて逃げる」ことを「敗北」というようになり、単に争いに負けることも意味するようになった。

なるほど、「北」というのは象形文字だったのだね。

一方、「南」というのは暖かい方角だから元々いい意味なのだろう。のほほんとしたイメージだから、戦いの結果を示すということにもならず、だから「勝南」なんて熟語にもならない。

ではなぜ「勝利」と「利」の字が付くようになったのか。「利」という漢字の成り立ちを調べると、「一期一名」というサイトに次のようにある。(参照

「禾」は穀物、ツクリの「刂(りっとう)」は刃物を表し、2つを組み合わせて「穀物を刈り取る様子」を表す。

というわけで、「利」の字は「鋭い」とか「役に立つ、順調な」といった意味をもつようになったという。

なるほどね。そういうわけで、「勝利」と「敗北」という対義語が成立したわけだ。

|

« そろそろ年賀状のことを考える時期になった | トップページ | Apple Watch で億劫にならない運動 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

廃木 になってますよ

投稿: 重箱の隅 | 2019/11/04 01:10

北風を受けるのが「背」ですよね。

投稿: ハマッコー | 2019/11/04 17:46

重箱の隅 さん:

おっと失礼、ありがとうございます。さっそく訂正です。

投稿: tak | 2019/11/04 18:33

ハマッコー さん:

なるほど。

人は基本的に明るい南を向いていたいわけですね。

投稿: tak | 2019/11/04 21:03

そこまで顕著ではありませんが、先日ふと、増大(あるいは増加)と減少のアンバランスも気になりました。

増減が対であるならば、大小を対応させて、増大・減小になるのが自然に思えますが、たいていは減少を使うように思います(「減小」もいちおう変換はできますが、手元の国語辞書には載っていない)。減少を基にするならば、増多となるはずで、これも変換はできますが、見たことはない…。

投稿: 山辺響 | 2019/11/05 15:53

山辺響 さん:

「増加」の反対語は「減引」だろう! とも言いたくなるような。

ううむ、深く考えすぎると頭痛くなりそうなので、適当な所でやめときます ^^;)

投稿: tak | 2019/11/05 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ年賀状のことを考える時期になった | トップページ | Apple Watch で億劫にならない運動 »