« インド料理はハードルが高い | トップページ | 関越道の逆走死亡事故直前の動画 »

2019/11/30

明日から「ながら運転」が厳罰化

明日、12月 1日からケータイやスマホなどを操作しながら車を運転する「ながら運転」が厳罰化される。このことについて、JBpress に詳しい解説記事がある(参照)。

1911303

改正道交法の「ながら運転」に関する主な変更は、以下のようになっている。

【携帯電話やスマホを運転中に使用した違反(保持)】

  • 改正前は「5万円以下の罰金」だったが、改正後は「6か月以下の懲役、または10万円以下の罰金」と、保持しただけで懲役刑もあり得る。
  • 違反点数は、「1点」から「3点」にアップ。
  • 反則金は普通車の場合、従来の 6,000円から 18,000円にアップ(各車種ごとに約3倍に引き上げられる)。

【携帯電話やスマホの「ながら運転」が、交通事故などの危険に結びついた場合】

  • 改正前は「3か月以下の懲役又は 5万円以下の罰金」だったが、改正後は「1年以下の懲役、または 30万円以下の罰金」に厳罰化。
  • 違反点数は「2点」から「6点」にアップ。つまり一発で 30日間の免停になる。

これまではケータイで通話しながらの運転なんてよく目にしたし、甚だしくは何かゲームしながらとしか思えないケースも見かけることがあった。しかし今後は発見されたらエラいことになる。

私は運転しながらケータイでの通話なんて絶対にしないし、どうしても急を要するときには停車してから電話に出る。ましてやゲームしながらの運転なんて考えられない。

しかし、スマホの地図アプリをカーナビ代わりに使うことはよくある。私のクルマには純正のカーナビが付いているが、いかんせん、データが古いので、所によっては地図アプリの方が最新の情報に沿って使い勝手がよくなっている場合が多いのだ。

ただ、スマホを手に持って運転するということはなく、下の写真のようにダッシュボードに取り付けたスマホ固定スタンドにセットして運転する。12月からはこれでも違反になってしまうのだろうかと、戦々恐々だった。

1911302

上述の記事では、これも 2秒以上スマホの画面を注視してしまうと、立派な違反になってしまうとされている。手に持って操作しなくても「ながら運転」には違いないということのようなのだ。

そしてスマホの地図アプリに限らず、元々クルマに装備されているカーナビでも、2秒以上注視してはいけないことには変わりないらしい。こんなことは、今回調べてみて初めて知ったよ。しかし「2秒以上注視」なんて、どうやって事実を証明するのだろう。

従来のカーナビでも、運転中に目的地セットなどの操作をしてはならないとされてきたので、スマホの地図アプリにしても同様なのはいうまでもない。しかし、赤信号などの停車中における操作については「ケースバイケースという曖昧なもので、個々の警察官の判断に委ねられる」(参照)ということのようなので、判断がかなり厄介だ。

目的地をイチから設定するなどの手間のかかる操作は、路肩に止まってする方がいいだろう。なにしろパトカーというのはいつ何時、どこから姿を現すか知れたものではない。それに時期的に警察官が「点数稼ぎ」したいという状況では、些細なことでも罰則が適用されてしまったりこともある(これは経験則から言っている)。

改正法の施行直後は、ことさらに厳格な運用がなされたりすることがあるだろうから、明日からは「ながら運転」は絶対にしないということで臨む方がいい。

 

|

« インド料理はハードルが高い | トップページ | 関越道の逆走死亡事故直前の動画 »

世間話」カテゴリの記事

コメント

「厳罰化」は必然のことだと認識しております。

充電コードを刺す動作中に男の子に衝突致死と言う痛ましい事故、片手にスマホ片手に飲み物の状態で自転車運転して女性に衝突って言う事故。
世間舐めてるってレベルじゃなくて、人の存在を軽視した自己中心的行動です。

しかしながら…。
当県の警察本部の見解を確認しようとサイトを訪れてみても、なーんも書いてない!

直面した警察官の胸先三寸で処罰に至るとなると、グレーゾーンの行動は先方の思う壺になっちゃうんでしょうかねぇ。

シートベルト着用で嫌疑をかけられた経験者としては、ツマンネーことで呼び止められると思うと、「線引き」をキチッとしてもらいたいところです。

投稿: 乙痴庵 | 2019/12/04 19:28

乙痴庵 さん:

厳罰化初日の、12月 1日のニュースをみても、あまり具体的な事例は見つからなかったですね。

逆に「ケーサツ、やる気あんのか?」と言いたくなったほどです ^^;)

それでも、徐々に現場の胸先三寸で取り締まられるような気配になってくるのかもしれず、油断がなりません。

投稿: tak | 2019/12/04 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド料理はハードルが高い | トップページ | 関越道の逆走死亡事故直前の動画 »