« 赤城高原サービスエリアって、欠陥 SA なんじゃないの? | トップページ | 関東で地震が連続 »

2019/12/04

”Snoopy" って、「うろうろ詮索しまくる」犬ってことなのだね

先月 27日の記事で "完全版 ピーナッツ全集 15 スヌーピー1979-1980" (¥3,080)を Amazon に発注したと書いたが、翌日ちょうど留守にしていた時に届いたようで、すったもんだの挙げ句、29日の日暮れ時にようやく届いた。3cm 以上の厚みのある本で、かなり読み応えがあり、しばらく楽しめそうである。

191204

ところで、12月 2日に "snoop" という英単語について次のような tweet をした。(参照

単純な英単語でも、知らずに生きてきたということが案外多い。恥ずかしながら最近、今さらのように知ったのは ”snoop” という単語の意味が「こそこそうろつく、嗅ぎ回る」だってこと。
そうか、「スヌーピー」って、そういうことだったのか。

”Snoopy" という固有名詞は知っていても、その元になった "snoop" という英単語の意味については、全然気にしたことがなかった。それだけ ”Snoopy というキャラが独立した魅力を発揮していて、敢えて名前の意味まで「詮索」してみる気になれなかったのである。

ところが、改めて調べてみると、こういうことだった(参照)。

1912952

なるほどね。この単語、私があえて詮索する気になるのを待ちわびていたのかもしれない。

 

 

 

|

« 赤城高原サービスエリアって、欠陥 SA なんじゃないの? | トップページ | 関東で地震が連続 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤城高原サービスエリアって、欠陥 SA なんじゃないの? | トップページ | 関東で地震が連続 »