« 英語を正しく発音することが恥ずかしいと思う日本人 | トップページ | 新型コロナウィルス問題で、少しは書いてみる »

2020/01/29

「万歳三唱の作法」について、またしても考えてみる

ビミョーに古い記事で恐縮だが、「デイリー」という新聞のサイトに、"安倍首相の万歳「正しい」の?…即位礼で注目「手のひらを内側に」ウソなのに広まるワケ 研究者に聞く" という記事がある。昨年 10月の「即位礼正殿の儀」における安倍首相の万歳姿に関するものだ。

200129

この記事には、安倍首相の「正しい万歳?」の写真が添えられている。上の画像の左側がそれだ。確かに両手のひらがしっかりと内側に向けられていて、これが巷間「正しい万歳のしかた」と伝えられている。

一方、右側の 2017年 3月の自民党大会での記事に添えられた写真を見ると、手のひらがそれほどはっきりとは内側に向いておらず、なんとも「テキトーな角度」になっている。安倍首相、この時は「正しい万歳」の作法を知らなかったか、あるいは知っていても気が緩んでいたかのどちらかだ。

もっとも「デイリー」の記事にあるとおり、「万歳をする際には手のひらを内側に向ける」という説の根拠とされている「万歳三唱令」なる文書は、平成の始めに遊びで作られた「偽書」ということが明らかになっていて、実際には「正しい万歳」なんて正式に決められているわけではない。

このことに関しては、私も 2017年 2月 6日に「万歳三唱の作法」 を巡る冒険」というタイトルでアップしている。これは小池都知事の万歳をする写真の載った記事について触れたもので、次のように書いている。

この写真を見て、「小池さんって、そつのない人だなあ」と思った。というのは、万歳の手の平が内側を向いているからである。些細なことだが、これが 「正しい万歳の仕方」と言われている作法で、一方、手の平を正面に向けるのは「ごめんなさい、降参です」と言っているようなものだから正しくないと、ことさらにこだわりのある人は主張する。

念のために触れておくが、この記事でも私は「万歳三唱令」なるものが偽書であることが明らかになっていると、しっかり書いている。ところが世の中の「ことさらにこだわりのある人」のたちにとっては、偽書であるなんてのはどうでもいいことらしいので、注意する方がいい。

ちなみに「万歳三唱令」が偽書であることは明らかになっているものの、その内容が完全にデタラメと決めつけるのも、やや憚られるところがある。

というのは、若い頃(平成に変わる直前頃まで)に習っていた合気道の師匠が「万歳の時は、手のひらを内側に向けるものだよ。前に向けたら『降参』だからね」といかにもさりげなく言うのを、一度だけ聞いたことがあるからだ。どうやら武道の世界ではそのような口伝があって、常識になっているようなのだ。

ただ断っておくが、「万歳三唱令」にあるような「右足ヲ半歩踏ミ出シ・・・」なんて話は一言も聞いたことがない。それで私としても、万歳の時は(右足の動きの方は無視しつつ)、一応手のひらを内に向けている。

これは武道をやったものとしての「矜持」ということもあるが、それよりも、ことさらにこだわる人にからまれないための予防線という意識の方が強い。だから他人に強制しようとまでは決して思わない。

何しろ、故・木村太郎衆院議員ジャーナリストの木村太郎氏とは別人なのでよろしく)が、当時の鳩山由紀夫首相の万歳について質問主意書を出したというくらいだからね。以下に Wikipedia から引用しておく(参照

1990年代に出回った偽書「万歳三唱令」を本物の法令と勘違いし、2010年2月3日、当時の内閣総理大臣であった鳩山由紀夫の万歳について「正式な万歳とは違うように見受けられた。日本国の首相として、万歳の作法をしっかりと身につけておくべきだ。首相は作法を知っているか」という趣旨の質問主意書を提出し、国会質疑も行った。

下らない面倒を避けるためには、世の中、いろいろ気をつけておくに越したことはない。

 

|

« 英語を正しく発音することが恥ずかしいと思う日本人 | トップページ | 新型コロナウィルス問題で、少しは書いてみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

成る程、爪に火を灯すやうな生活をして居る「貧乏フリイランス(←只の怠け者だらう)」の私にも、もしかしたら万歳三唱をする機会が有るやも知れないので、正しい作法を知つておいたほうが良ひでせうな。
もしも近ひ将来にそんな機会が有るとしたら、おそらく、あの「漢字も満足に読めなひ、口から出任せの出鱈目なことばかり云つて居る嘘つき大臣」が 辞めさせられたときでせうな。ああ云うのが居ると、子供たちにも悪ひ影響を与えますからな。早いとこ辞めさせ無いと、本当に日本の将来が危ないでせう( ̄ー ̄)

投稿: 黒兎男爵 | 2020/01/30 00:01

黒兎男爵さん
あのでんでん大臣、今度は「(桜を見る会への参加者を)広く募ったことはあるが、募集はしていない」という、およそ日本のすべての国語辞書に喧嘩を売るようなことを言っていますねw
おそらく近いうちに「募ると募集するとは、別の意味である」と閣議決定されることでしょう(*_*)

万歳三唱令、改めて調べてみましたが、流言研究(?)の見地からも面白いものだそうですね。創作者はもう「不幸の手紙の様に」広まってしまったことを反省しているとか。
そしてこんなものをまるっと信じてあたかも錦の御旗の様に云うのは、やはりあちら側の方々のようで。「人間は、自分の信じたい情報だけを信じる」とどこかで聞いたことがありますが、自分自身も耳心地の良い左側の情報だけを鵜呑みにすることが無いようにしたいですね。

投稿: らむね | 2020/01/30 02:41

黒兎男爵 さん:

>漢字も満足に読めなひ、口から出任せの出鱈目なことばかり云つて居る

いやはや、日本の総理に教養(というより、フツーの常識)は不必要みたいですね ^^;)

情けなさが募ります。

投稿: tak | 2020/01/30 16:20

らむね さん:

万歳三唱の作法については、武道を志すものは昔から、「一応、『降参』とは差別化しておこう」という意識から手のひらを内に向けるもののようで、それであればこそ、私もその口伝に従っています。

一般的な「万歳」に妙な言いがかりをつけるのは、むしろ「恥」と認識すべきでしょうね。

どうしても、「手のひら内側の万歳」が正式とこだわりたいのなら、「最低限、黒帯ぐらい取ってからそれを言え」と言いたいところです。

投稿: tak | 2020/01/30 16:28

まぁやはり、選挙で当選して、「万歳三唱」している姿を見るほど腹立たしいことはありませんね。子どもっぽく、「自分はバカですよ」と喧伝しているようで、見ていて情けなくなります。
それはそうとw「広く募ったことはあるが募集はしていない」早くも今年の「アホ流行語大賞」間違いなしですな。本人的には「声がけ的なことはしたが公式に募集したことはない」てなニュアンスなのかも知れませんが、一国の総理が言うことじゃありませんな。みっともないから早く辞めて吟遊詩人にでもなれやク〇が(←そこまで言いますかww)

投稿: 黒兎男爵 | 2020/01/30 22:37

黒兎男爵 さん:

>「広く募ったことはあるが募集はしていない」

こんなこと口走ったら、フツーは自分で気持ち悪くなっちゃいますね ^^;)

ならないってことは、オツムの中身が相当・・・ (これ以上言わなくても、皆わかってる)

>みっともないから早く辞めて吟遊詩人にでもなれやク〇が

そんなこと言ったら、ちゃんとした吟遊詩人が怒りますよ (^o^)

投稿: tak | 2020/01/30 23:20

言葉をうまく使えない吟遊詩人・・・
www

投稿: らむね | 2020/01/31 10:46

らむね さん:

あの方は、言葉センスはないですね。しゃべるのを聞いてるだけで、「あ〜あ!」と思うばかりです ^^;)

投稿: tak | 2020/01/31 13:20

これは私としたことが失言でした。本職の吟遊詩人のかたに陳謝いたします。
では政界を引退して、副さんとあと、取り巻きの中から一人選んで、水戸黄門のように諸国漫遊するというのを勧めましょうかね。あっ、でもいく先々で嘘を言って土地の人に迷惑をかけるから、これも駄目ですね。引退しておとなしくゴルフでもやってろと、いうのがいちばん迷惑のかからない進路でしょうかね。

投稿: 黒兎男爵 | 2020/01/31 13:55

黒兎男爵 さん:

>引退しておとなしくゴルフでもやってろと、いうのがいちばん迷惑のかからない進路でしょうかね。

そうですね。

でも、今のところはかなり生臭い場として利用してるみたいですから、引退したらする気にならないかも (^o^)

投稿: tak | 2020/01/31 14:11

なんか嫌な記事を見つけました。
https://www.msn.com/ja-jp/news/politics/%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%81%8C%E4%B9%B1%E7%99%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E9%96%A3%E8%AD%B0%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%80%81%E7%84%A1%E7%9F%A5%E3%81%AE%E7%AA%81%E7%A0%B4%E5%8A%9B%E3%81%8C%E3%82%82%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%99%E7%95%B0%E5%B8%B8%E4%BA%8B%E6%85%8B/ar-BBZxFv3
でんでん氏の閣議決定乱発については既に話題に上っているようですね。
ポツダム宣言のくだりについてはもはや噴飯物です。おつむの弱さを必死に糊塗しているかのようです。

嫌な予感がしてきました。
「万歳三唱では、両手を内側に向け、右足を一歩前に踏み出して行うものとする」
なんて閣議決定、されないですよねえ・・・

投稿: らむね | 2020/02/01 22:16

らむね さん:

>憲法学者の水島朝穂・早稲田大学法学学術院教授は、「安倍晋三という『無知の突破力』をもつ首相が長期在職していることによって引き起こされた異常事態」と厳しく批判する。

これ、コワいくらい言えてますね。

投稿: tak | 2020/02/01 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英語を正しく発音することが恥ずかしいと思う日本人 | トップページ | 新型コロナウィルス問題で、少しは書いてみる »