« 「万歳三唱の作法」について、またしても考えてみる | トップページ | "Tit for tat" を巡る冒険 »

2020年1月30日

新型コロナウィルス問題で、少しは書いてみる

夕刊フジが 【習政権「新型肺炎」感染者10万人超 “隠蔽” か!?】と伝えている。「18ヶ月以内に世界で 6500万人死亡も」いうおまけ見出し付きだ。「何でもありの毎日更新ブログ」としては、この問題について少しは書かないわけにいかないだろう。

200130

「世界で 6500万人死亡も」というのは、夕刊紙特有のセンセーショナル見出しで、東京スポーツのプロレス記事の「地響き立てて轟沈!」みたいなものかもしれない。とはいえ、中国政府の発表はそれとは対照的に「慎ましすぎるんじゃないの?」と言いたくなるのも道理である。

Huff Post によると、1月 29日に武漢市から政府のチャーター機で帰国した日本人 206人のうち、2人が肺炎と診断されたという(参照)。これが新型コロナウィルスによる肺炎であるとは断定されていないが、もしそうだとすると、206人の 0.97%、つまりほぼ 1%が感染していたということになる。

日本人の多くはおそらく、現地の中国人社会とはある程度の距離をおいた生活をしているだろうが、それでいてこの数字である。何しろ、武漢市からの観光客を乗せた日本のバス運転手とツアーガイドがしっかり感染していたというのだから、その感染力はかなり強い。

仮に「約 1%」という数字を人口 1,108万人という武漢市に当てはめると、10万人ぐらいの感染者がいてもおかしくないということになる。もしかしたら夕刊フジの記事の見出しは、こんなところから手っ取り早くもってこられたのかもしれない。

この数字があるいは「大袈裟すぎ」だとしても、1月 29日現在で中国政府の発表している「新型肺炎感染者数は 5,974人」というのは、印象論に毛の生えた程度の感覚ではあるが、やはりかなりの操作を加えた内輪すぎる数字とみられても仕方がないだろう。

2002〜2003年に問題になった SARS というのもコロナウィルスの一種が引き起こしたものだが、これには 8,096人が感染したと報告されている。今回の新型コロナウィルスによるものは、2年で 8,000人台の SARS より確実に大きな問題となるだろう。

不確実な情報に踊らされるのはご免だが、ここまでくると楽観視するわけにもいかない。この問題で中国社会が停滞したら、輸入される中国製品の量も減ってしまうだろうから、日本市場での需給バランスが崩れて経済問題にまで発展してしまう。

中国当局がこの問題で姑息な隠蔽に走るようだと、世界的な信用を失ってしまうよね。まあ、これまでにしてもあまり信用していたわけじゃないけど。

【1月 31日 追記】

第 1番で帰国した日本人のうち、3人の感染が確認された。これでは 1%どころではない。WHO も緊急事態宣言したし。

|

« 「万歳三唱の作法」について、またしても考えてみる | トップページ | "Tit for tat" を巡る冒険 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はるか1800年前の三国志の時代。
中華北方を支配する曹操が長江流域に南征したとき、多くの兵士が風土病で衰弱したことが、かの有名な「赤壁の戦い」の敗北の一因になりました。
科学的には全然違うのでしょうが、どうしてもそれを思い出してしまいますね。

投稿: らむね | 2020年1月31日 10:46

らむね さん:

済みません。三国志は詳しくなくて、「ははあ、そうですか」としか言えません。

いずれにしても、中国は広くていろいろな新しい病気が発生する土壌にはなっているようですね。

今日、ホームセンターで買い物をしていたら、マスクをたくさん買おうとした人が、店員に「すみません、店内表示にあります通り、お一人様 3セットまでとさせていただいております」なんて言われてました。

日本でもかなり本気度が高まってますね。

投稿: tak | 2020年1月31日 13:17

中国の病院のようすをネットで見ましたが、通路に人が寿司詰め状態で、あそこで感染するリスクもあるでしょうに、あちらの方は人がたくさんいるところが好きなのですね( ̄ー ̄)
それはともかく、日本でも「マスクを着用していないお客様はご乗車になれません」などと鉄道会社が言い出す可能性も否定できませんね。まぁ私はめったに電車には乗らないのであまり関係ありませんが( ̄ー ̄)

投稿: 黒兎男爵 | 2020年1月31日 13:45

黒兎男爵 さん:

>あちらの方は人がたくさんいるところが好きなのですね( ̄ー ̄)

それは私もよく感じます ^^;)

>それはともかく、日本でも「マスクを着用していないお客様はご乗車になれません」などと鉄道会社が言い出す可能性も否定できませんね。

例の「鼻出しマスク」でもいいのかなあ (^o^)

https://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2020/01/post-fdbb76.html

投稿: tak | 2020年1月31日 14:05

「地響き立てて轟沈!」

とても心に残ったフレーズでした。
ごめんなさい。

投稿: 乙痴庵 | 2020年2月11日 12:08

乙痴庵 さん:

巨漢レスラーがブレインバスターで叩きつけられてスリーカウントを奪われるなんて時の、お約束フレーズです (^o^)

投稿: tak | 2020年2月11日 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「万歳三唱の作法」について、またしても考えてみる | トップページ | "Tit for tat" を巡る冒険 »