« 日本の「マスク文化」というもの | トップページ | オープン早々のホテルは、避けた方がいいいみたい »

2020年2月17日

「葬頭河の婆」と「正塚婆」で盛り上がる

先日、友人たちとメシを食っている時に、昔のフォークソングの話題になり、「そうえいば『雨が空から降れば』なんて歌もあったなあ」なんて話につながった。

200217

そこから、あの歌を歌ってたのは「六文銭」ってグループだったけど、「六文銭」って、そもそもどういうお金なんだ? ということになる。そして、そういう話になるとモロに私の出番である。

「六文銭って、三途の川の渡し賃だよ。その持ち合わせがないと、奪衣婆に着物を剥ぎ取られてしまうんだ。諸説あるけど」
「奪衣婆って、一体何だよ?」
「三途の川の岸にいて、亡者の着物を剥ぎ取って、木の枝に掛けるんだよ。亡者の業の重さによって、木の枝のしなだれ具合が違ってくるんだ」
「いやはや、tak ってそういう話に妙に詳しいなあ!」

フォークロアの宝庫、庄内の地で、祖父母のいる家で育ったこともあり、私は自分で言うのもナンだが、そういう話にはかなり詳しい。一昨年の春に "「葬頭河の婆」というのは?" という記事(上の画像)を書いほどである。

「葬頭河」というのは「しょうずか」あるいは「しょうずが」と読んで、いわゆる「三途の川」のこと。で、「葬頭河の婆」は、「奪衣婆」のまたの名である。

「ウチの田舎の庄内では、『葬頭河の婆』のことを年寄りたちが『しょずがのンバ』なんて言ってた」

そう言うと、大分県出身の友人が「あ、それ、聞いたことあるわ!」と言い出した。「ウチの田舎では『しょうづかばあ』って言ってた」

それを聞いて私は嬉しくなってしまった。

「おお、『しょうづかばあ』という地域も、結構あるんだよね。『正しい塚』で『正塚婆』と書くんだ。こういうことって、漢字表記はモロにテキトーだからさ。それにしても、『正塚婆』って言い方をナマで知ってる人間に、初めて出会ったわ!」

というわけで、「葬頭河の婆」と「正塚婆」で大いに盛り上がってしまったのだった。

 

|

« 日本の「マスク文化」というもの | トップページ | オープン早々のホテルは、避けた方がいいいみたい »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

「六文銭」と言えば、真田家か小室等か。

リンク先の記事にて「番茶も出花…」なんてコメントいたしましたが、三途の川など渡らなくとも「しょずがのンバ」と戯れていたいなぁと思う、ビミョーなお年頃のオッサンです。

だって、25歳でしょう?

投稿: 乙痴庵 | 2020年2月17日 23:54

乙痴庵 さん:

>だって、25歳でしょう?

「女の盛り」だそうです (^o^)

投稿: tak | 2020年2月18日 06:49

takあにいの解説つき「庄内フォークロア散歩」ツアーがあったら参加したいな!(≧▽≦)

投稿: 太陽系ちょうさいんくん | 2020年2月19日 00:27

太陽系ちょうさいんくん さん:

三日間ぐらいのツァーで、最終日に羽黒山に登ってからそのまま葬頭河の岸辺まで行き、「女の盛り」の奪衣婆に会って戻ってこれるんだったりしたら、最高ですね (^o^)

投稿: tak | 2020年2月19日 05:37

お忙しい最中のtakさんと、亡者のご対応でこれまたお忙しい「女の盛りのンバ」と、酒盛りできたらなぁ。

お忙しいから、「独りでどうぞ!」って言われても仕方がないかぁ。

投稿: 乙痴庵 | 2020年2月20日 01:31

乙痴庵 さん:

酒盛りとなると、はたして閻魔様が許してくれるかなあ (^o^)

投稿: tak | 2020年2月20日 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の「マスク文化」というもの | トップページ | オープン早々のホテルは、避けた方がいいいみたい »