« 茨城県内の道路がスカスカ! | トップページ | 眠くてたまらない! »

2020/02/25

「クラウン愛用」で「新型コロナ」を遠ざける?

”Japaaan” に "江戸時代、インフルエンザの流行に対して「久松留守」と貼り紙をする予防法があった!?" という、なかなかおもしろい記事がある。

200225

「一体、何のこっちゃ?」 と思われるかも知れないが、これは幕末に初演された歌舞伎、浄瑠璃の『お染久松色読販』(おそめひさまつうきなのよみうり)から来ている。豪商のお嬢様である「お染」と丁稚の「久松」の悲恋を描いた芝居で、今でも人気演目の一つとなっている。

ちなみに、昔はその時期に流行った風邪に、その時々の「流行りもの」の名前を付けて呼んでいたらしい。両方とも「流行り」ということから来ているのかもしれない。

それで、1889(明治22)~ 1891(明治24)年に流行ったインフルエンザが「お染風邪」と呼ばれるようになったのだそうだ。そこから、流行する「お染風邪」がやってきても、「我が家にはあなたのお目当ての久松はいませんよ。どうぞほかに行ってください」とのココロで、「久松留守」と書くようになった。

なかなかの洒落である。これで「お染風邪」の足が遠のくようならエラい効果だ。

それだったら、昨今の「新型コロナウィルスによる感染症」を遠ざけるには「クラウン愛用」なんて貼り紙をしておくといいだろう。「ウチはトヨタの自動車でも格上の『クラウン』に乗ってるから、『コロナ』はお呼びじゃないよ」ということで。

ただ実際には、トヨタは既に「コロナ」の製造販売を終了しているらしいから、クラウンもへったくれもない。むしろ最近の我が家のように、「軽自動車愛用」の方がもっともらしいかもしれない。

 

|

« 茨城県内の道路がスカスカ! | トップページ | 眠くてたまらない! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「新型コロナ拡散」に、トヨペットも大喜び!

って訳には行きませんねぇ。

って、車の話じゃない!
(いっそのことレクサス愛用って貼っときますか!)

投稿: 乙痴庵 | 2020/02/26 01:53

乙痴庵 さん:

いずれにしても、トヨタにとって「コロナ復活」という戦略は絶対になくなりましたね ^^;)

投稿: tak | 2020/02/26 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茨城県内の道路がスカスカ! | トップページ | 眠くてたまらない! »