« 新型コロナって、そんなに遠い話でもなくなってきた | トップページ | マスク不足とトイレットペーパー不足の考察 »

2020/03/23

オリンピックの夢から、さっさと醒めよう

JOC 理事でソウルオリンピック女子柔道銅メダリストの山口香さんが東京オリンピックについて、「アスリートが十分に練習できていない状況での開催は、アスリートファーストではない。延期すべき」と発言したと伝えられている(参照)。私なんか、当然のお話だと思ってしまう。

200323

それに対して山下泰裕 JOC 会長は「JOC の中の人がそういう発言をするのは極めて残念」と述べたという(参照)。はっきり言って、何が残念なんだかさっぱりわからない。

山下さん、昭和天皇ご存命中に園遊会で「骨が折れますか?」と訊ねられ、「はい、2年前に骨折したんですけど・・・」なんて珍回答をしたほどで、かなり「天然なんとか」が入っている。余計なことは言わずにニコニコしていればいい役どころの人なんだろう。

予定通りのオリンピック開催では山口理事のおっしゃるように、選手のコンディション調整がメチャクチャになる。そんな中で無理をしたら余計な怪我の発生だって増えるだろうし、それどころか各国から選手がまともに派遣されない可能性だって高い。

さらに言えば、世界中で国境封鎖なんて言い出している現在から半年も経たないうちでは、外国からの観客だって来ないだろう。というか、むしろ来てもらわない方がいい。

私なんか、個人的には東京オリンピックにはほとんど無関心で、「中止」でもいいとさえ思っているのだが、さすがにそれはないだろう。しかし「延期」は当然の選択肢で、予定通りに開催するという方がよほど無茶な話だというのは、ごく普通に考えるだけでわかる。

まあ、それを率直に言い出すと、バックヤードでは放映権やらなんやらのからみで、生臭い話になるのだろうが、もう頬被りしている段階ではない。ニコニコしているのが仕事の人はずっとニコニコしながら、成り行きに従ってくれればいい。

そんなこんなで、自分のブログを「東京オリンピック」というワードで検索してみると、"2020年は「壮大な終わり」の確認の年になりそうだ" なんていう暗示的なタイトルの記事が見つかった。

とはいえすべて終わり尽くさないように、前もって多くを諦める必要がある。オリンピックの夢からは醒めた方がいい。

 

|

« 新型コロナって、そんなに遠い話でもなくなってきた | トップページ | マスク不足とトイレットペーパー不足の考察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まぁ、大人の事情(利権とか利権とか利権)的には「各方面と調整をかさね、ギリギリまで努力しましたが延期となりました」となれば、関係者が糾弾される危険は少ないのでしょうね。 私のような貧乏人にはさっぱりわかりませんが。

投稿: 辺境の黒兎男爵 | 2020/03/23 23:50

辺境の黒兎男爵 さん:

>利権とか利権とか利権

なんでしょうね ^^;)

世の中には本当に命よりお金の方が好きな人が多いようです。

投稿: tak | 2020/03/24 00:42

>世の中には本当に命よりお金の方が好きな人が多いようです。
お金がないと生きていけませんからね。
今度の株価暴落で老後資金がン万円目減りしました。
ウィルス対策と同時に経済にも目を配って欲しいですね。

投稿: McC | 2020/03/24 15:09

McC さん:

経済はなるようにしかなりませんね。無理矢理なことをすれば必ず反動がくるし。

投稿: tak | 2020/03/25 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナって、そんなに遠い話でもなくなってきた | トップページ | マスク不足とトイレットペーパー不足の考察 »