« 「オンライン疲れ」というお話 | トップページ | スパム・メールがまたまた増えている »

2020年4月26日

地震の発生頻度が高くなっているらしい

今日は朝から覚悟を決め、ガソリン・エンジン式の草刈機(こんなヤツ)を使って、8時から 10時過ぎまで 2時間以上、裏の川土手に盛大に生い茂った雑草を刈り払った。途中でガソリンを 2度補給するほどの休みなしの大仕事のおかげで、かなり風通しがよくなってすっきりした。

200426

一仕事終えたところで、妻のスマホに私の妹から「地震、大丈夫だった?」と LINE が入っていた。地震情報によると、発生時刻は 9時 49分。マグニチュードは 4.8で、茨城県南部の最大震度は 4 という。

震度 4 といえば、フツーにしていればびっくりするほどの揺れではある。妻も「かなり揺れたよね」なんて言うのだが、私は 9時 49分といえば草刈りの真っ最中で、ギンギンにエンジンを回転させていたので、幸か不幸か地震なんてまったく気付かなかった。

この件でウェザアーニュースは、次のように tweet している(参照)。

最近長野県で地震が頻発していますが、この1週間で、国内で観測された地震回数は前週に比べると大幅に増加。震度3以上の地震は10回発生しました。

この tweet には「南海トラフの前兆?」なんていうような返信がどっさり付いていて、「おいおい、穏やかじゃないなあ」なんて思ってしまう。コロナウイルス騒ぎで大変な時に巨大地震まで発生してしまっては、人の心がもたないだろう。

ウイルスと地震とでは同じ自然界の現象でも管轄が違うから、地震としては「向こうが一段落するまで待ってあげよう」なんてことは思うはずがない。人間としてはただただ天の配剤として、この 2つが重ならないことを祈るばかりである。

 

|

« 「オンライン疲れ」というお話 | トップページ | スパム・メールがまたまた増えている »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「オンライン疲れ」というお話 | トップページ | スパム・メールがまたまた増えている »