« メンズ・ブランド「ダーバン」が 50周年なんだそうだ | トップページ | カモガヤ花粉症でエラいことになっている »

2020/05/01

WBF ホテルの破綻ということについて

王冠マークで WBF なんていう名前のホテルをあちこちの大都市で目にするようになったと思っていたら、今回のコロナウイルスの影響であっさりと倒産してしまったという(参照)。

200501

このホテル、関西が拠点で、アジア諸国からの観光客の増加とともに日本中の大都市でチェーンを拡大していたようだ。一泊料金は大体 6,000〜7,000円といったクラスらしい。

私は 1ヶ月に 2〜3回、日本全国に出張するという生活を続けてきているので、このくらいのランクのホテルなら泊まる機会が多いのだが、なぜか WBF には泊まったことがない。ホテル・チェーンとしては新興勢力なので、私の選択肢に加わる前に消えてしまったわけだ。

個人的には WBF なんていう名前からして、ボクシングの WBF(World Boxing Foudation = 世界ボクシング基金)と紛らわしく、何となくアヤシい気がしていた。WBF ホテル関係のウェブサイトをみても、その名称のいわれについてはさっぱり触れられていないし。

親会社である WBF Resort のサイトの「会社沿革」のページを見てようやくわかったのは、「2009年12月 ジオ北海道株式会社を株式会社ホワイト・ベアーファミリーのグループ会社として設立」ということだ(参照)。WBF とは「ホワイト・ベアーファミリー」の略称であるらしい。

で、2014年 10月に社名を「WBFリゾート株式会社」に変更、そして 2018年 12月にさらに「WBFホテル&リゾーツ株式会社」に社名変更し、本社を大阪に移転したということになっている。ふぅん、なるほどね。

要するに、インバウンド観光客の増大に歩調を合わせて急発展してきた会社のようなのである。それだけに、その需要が激減した途端にダメになってしまったというわけだ。

新型コロナウイルス拡大の影響は、それほど短期間には収まらないだろうから、こうしたパターンはこれからも続くだろう。なかなか厄介なことである。

 

|

« メンズ・ブランド「ダーバン」が 50周年なんだそうだ | トップページ | カモガヤ花粉症でエラいことになっている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そもそも、WBFホテルと言う名称がダメですね。それで破綻したのではないでしょうが、マーケティングからしても怪しげで負のイメージが付きまといますね。

覚えやすさ、聞き取りしやすさ、発話しやすさの点からしても問題ありですね。

投稿: ハマッコー | 2020/05/02 23:21

ハマッコー さん:

「WBF ホテル」なんて、フツーの感性なら避けますよね ^^;)

投稿: tak | 2020/05/05 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メンズ・ブランド「ダーバン」が 50周年なんだそうだ | トップページ | カモガヤ花粉症でエラいことになっている »