« 自然破壊進行で、動物から人間への感染症増加 | トップページ | 「Go To トラベル事業」というもの »

2020/07/11

通勤電車は相変わらず満員らしいのだ

「ステイホーム」の期間が長引くうちに「満員電車には乗れない体になってしまった」と書いたのは、つい 2ヶ月足らず前の 5月 16日である。 私の体はずっとそのままだが、東洋経済には早くも「「出勤を再開する人」を増やす日本株式会社の闇」という記事が載ってしまっている。

200711

定年過ぎの再雇用で、週 3日定時出勤の日常に戻った年下の知人は、「朝の通勤はしっかり『満員電車』ですよ。まあ、以前より少しはマシかなという気もしないではないですが」なんて言っている。それを聞いて私は「ああ!」と嘆息した。いや、ここはちょっとヘビーに「嗚呼!」と表記すべきかもしれない。

今回の「コロナ騒動」が、少しは日本型ビジネス社会の弊害の是正に貢献することもあるかと期待したのだが、この間の経過は、日本人の「従順さ」というものを思い知らせるようなことになっている。

冒頭に紹介した東洋経済の記事は、弁護士で名古屋商科大学経営大学院(MBA)教授でもある植田統氏の署名記事。彼はこの現象を、「メンバーシップ型雇用が生み出す弊害」と断じている。「メンバーシップ型」と「ジョブ型」の雇用形態の違いは、彼によると次のようになる。

ジョブ型雇用は、明確に定義された職に対し、そのスキルを持った人間を雇用する。いわば「その人間のスキルに対して金を払う」という欧米型の合理的な制度である。これに対し、メンバーシップ型雇用には、スキルに対して報酬を支払うという発想はなく、組織に対するロイヤルティに対して報酬を支払う。

日本の企業では高いスキルを持った個性的な社員よりも、人脈内での調整能力だけは優れているみたいな社員の方が得てして出世が早い。社外の人間に「おたくの〇〇さんは、デキるね」なんて評価される社員より、社内で「あの人に従っていれば何となく安心」程度に思われている人間が、結局社長になる。

これは、「突出」より「協調」が求められるのだから当然だ。そんなわけで、できれば常に会社で顔を揃えて、いろいろ空気を読みながら仕事をしなければならない。

こうした「日本株式会社」的な土壌が変わらない限り、テレワークなんて一般的にはならないし、満員電車もいつまでも残るのだろう。ただ、そんななかでもつい最近、富士通が「原則テレワーク」のコンセプトでオフィス規模を半減するという方針を打ち出した(参照)。この動きに注目してみたい。

 

|

« 自然破壊進行で、動物から人間への感染症増加 | トップページ | 「Go To トラベル事業」というもの »

マーケティング・仕事」カテゴリの記事

コメント

杉並から都心に向けて通勤していますが、朝は分散するようになったのかパンデミック以前の5割~7割くらいに感じます(ただし時間を遅らせても思ったほど人が減らない)。しかし帰りはかなり元に戻ってしまった感じですね…。

季節柄、雨が多くて自転車通勤をしにくいのが辛いです…。

投稿: 山辺響 | 2020/07/11 18:25

山辺響 さん:

ほほう、東京山の手からの通勤電車はそんな感じですか。

常磐線は本数が少ないから、どうしても集中するのかなあ。

自転車通勤ができたらいいんですがね。

ちなみに Twetter で 太陽系調査員 NOUSAGI-1さんが、グローバルリサーチ【都市計画・地方創生】さんの tweet を紹介してくれています。

パリのど真ん中で、自転車通勤が増えているという、アフターコロナの動画です。

https://twitter.com/GlobalResearc16/status/1280837033473253376

投稿: tak | 2020/07/11 20:47

なるほど「メンバーシップ型雇用」ですか。「コロナの危険にもめげず出社する感心なやつ。社員の鏡ぢゃ、ほめてつかわす。ちこうよれ」って感じでしょうかね( ̄ー ̄)。私、コロナ前は会社(業務委託で、常勤ではない)から、「自転車はリスクがあるから、なるべく電車で行ってほしい」って言われてました。それが3カ月も経たないでコレですもんね。フランス・イギリス・イタリアなどでは市民がこぞって自転車通勤にシフトしたため 自転車が売れて売れて品物がない、といった状況らしいですが、ニッポンでは死者数が欧米ほどではないためか、「滅私奉公型」をよしとする価値観が依然として根強いのか、まだそこまでではないようですね。そうした旧態依然な価値観のJJIが幅をきかしている間は満員電車も解消しないんでしょうか。
ちぇっ、JJIたち、はやくくたばんないかな(おいおい)

投稿: 辺境の黒兎男爵 | 2020/07/11 23:12

富士通がオフィスを50%削減すると表明したのは衝撃的だった。これに追随する企業は多いだろう。特にIT系はその条件が元々整っているのでコロナウィルス禍以前から必ず毎日出社、定時出社してる訳ではなかった。

徐々に毎日定時出社という習慣は廃れていくと思います。今はその過渡期なのでまだ満員電車はなくならないと思います。

しかし、最終的には満員電車はなくなりません。鉄道事業者も当然ながら企業努力と言うものをします。
https://toyokeizai.net/articles/-/157332

投稿: ハマッコー | 2020/07/12 00:17

辺境の黒兎男爵 さん:

まさに日本では「人脈内でうまくやれるやつ」が出世して、「やたら仕事ができるやつ」は疎まれますからね (^o^)

自転車通勤なんてのを推奨していたら、「人脈」もへったくれもなくなりますから、疎まれること確実です。

投稿: tak | 2020/07/12 06:23

ハマッコー さん:

なるほど。鉄道会社も本数減らして乗車率を確保するわけですか ^^;)

投稿: tak | 2020/07/12 06:24

なるほど、ハマッコーさんのコメントはそういうことでしたか。ガラガラの列車を走らせても利益が出ませんもんね。怖い怖い(冷汗)

投稿: 辺境の黒兎男爵くん | 2020/07/12 08:11

辺境の黒兎男爵くん さん:

やはり、極端に長距離でさえなければ電車より自転車通勤の方が素晴らしい選択肢になりますね。

投稿: tak | 2020/07/12 18:39

朝の清々しい空気の中を釈迦釈迦と走っていくのもいいウオーミングアップになりまつが、仕事が長引いて日付が変わったころに帰るときもまた、いいんでつよ( ̄ー ̄)月に照らされて静かな街をいい感じで走ってると、まるで宇宙空間をクルージングしてるような気分になりまつ(*'▽')さあみんな!明日からじてつうだ!!!(≧▽≦)

投稿: 太陽系調査員くん | 2020/07/12 21:15

太陽系調査員くん さん:

>月に照らされて静かな街をいい感じで走ってると、まるで宇宙空間をクルージングしてるような気分

おお、いい感じですね!

投稿: tak | 2020/07/12 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然破壊進行で、動物から人間への感染症増加 | トップページ | 「Go To トラベル事業」というもの »