« 通勤電車は相変わらず満員らしいのだ | トップページ | 「シャンプーバー」というものがあるらしい »

2020/07/12

「Go To トラベル事業」というもの

旅に出ないとカラダがもたない”(6月 2日付)とか、”2020年も半年が過ぎ、ようやく「旅」に戻れる”(7月 1日付)とか書いた私が言うのもなんだが、観光庁がよりによってこの時期に「Go to トラベル事業」なんていうプロモーションを行うのは、疑問符つきまくりだ。

2007121

事業の内容は、上の画像をクリックして縦スクロールすれば確認することができる。申請書を提出すれば、旅行に要した費用の幾ばくかを補助してもらえるというシステムのようだ。

ネット上では「コロナ騒ぎが収まっていないこの時期に、人の移動を促進してどうする」とか「そんな金があったら、今回の豪雨被害復興支援に使え」とかの批判が数多く見られ、私としても「その通りだよね」と思ってしまう。お上のやることといえば、たいていこんなものだが。

まあ、そこはコロナ問題の広がる前から内々に予定されていた利権事業のスケジュールみたいなものがあったんだろう。「夏休みが終わったら実施のタイミングがないから、見切り発車だ」ってなことになったのだとは容易に想像がつく。

ここまで来てしまったら勝手にやらせておくほかない。コロナ騒動で実入りが減った層にとっては、お盆の里帰りでみみっちく申請するという手があるし、無駄遣いということに関しては既に「アベノマスク」が大いに目立ってしまったから、「大問題」というほどにはならないだろう。

ただ、そもそもの話で言えば、キャンペーンの名称自体がダサすぎる。"Go to school" なら「学校に行け」だが、「Go to トラベル」だと「トラベル(というところ)に行け」って意味合いになる。

何だか訳がわからないが、とりあえず行ってらっしゃい。

 

|

« 通勤電車は相変わらず満員らしいのだ | トップページ | 「シャンプーバー」というものがあるらしい »

世間話」カテゴリの記事

コメント

観光庁には優秀な役人がいるのに「Go to トラベル」はおかしいという役人はいないのか。長官、総理、国家議員、誰も疑問に思わないのかつくづく不思議ですね。

「そうだ、旅に出よう」とか「そうだ、故郷に帰ろう」の方が余程いいと思います(殆どパクリですけど)

予算1兆 6,794 億円の内、1兆円は豪雨被災地に振り向けた方がいいでしょう。

コロナウィルス禍で瀕死の観光業界を助けるのに異論はないですが、GO TO トラベルキャンペーンは気前が良すぎますよ。
https://www.mlit.go.jp/common/001339606.pdf


投稿: ハマッコー | 2020/07/13 06:53

ハマッコー さん:

あの世界では、「ちょっと変かも」と気付いても、それをいちいち言うとうざったがられて、自分の立場まで面倒なことになるので、あんまり言いたがらないみたいです (^o^)

それが小さな問題ならまだいいんですが、大きなお金の使い方との合わせ技である今回のキャンペーンでも同様なので、こんなことになるんでしょうね。

投稿: tak | 2020/07/13 07:18

旅行支援キャンペーンの話はコロナ禍最初期のあたりにすでに出ていたと記憶していますが、先行して報道された「和牛券」のほうがバッシングのほぼ全てを引き受ける形になったので旅行券の方が残ったんでしょうね。
というか、「故郷へ帰ろう」は流石に勘弁してほしいですね……正直なところ、期間中は関東を封鎖してもらいたいくらい。

投稿: 柘榴 | 2020/07/14 05:34

柘榴 さん:

「和牛券」のことは、全然知らずにおりました。愚策にもほどがありますね。

>正直なところ、期間中は関東を封鎖してもらいたいくらい。

確かにお盆の里帰りは、関東から地方にウイルスを運ぶための国民的な動きになってしまいますね。

帰郷は控えましょう。

投稿: tak | 2020/07/14 13:54

こんなん出ました(笑)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0572aabdbd16734bf920a427674e9841b96bb74f
>「Goもtoもtravelも、大半の日本人が知っている英単語。伝わりやすさを重視した結果です」

もう「英語」とかどうでもよくて、「横文字ならミーハーな下々の者はありがたがるでしょ」ってことですかね。ふざけた話です。

そして今日も、「ココが変だよニッポンの英語」的なものにネタを提供するわけですね。世間に広まった和製英語と矛盾する正しい英語を子供に教えるのに、こっちがどれだけ苦労してると思ってんだ!!!と言いたい(笑)。

投稿: らむね | 2020/07/24 18:31

らむね さん:

おやまあ。

政府ときたら、まさに「横文字ならなんでもいいじゃないか」と言わんばかりですね。

こうなったら逆手にとって、"Go on a trip" という言い方と、政府のテキトーさを知るための機会と考えたらいいかもしれません ^^;)

投稿: tak | 2020/07/24 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通勤電車は相変わらず満員らしいのだ | トップページ | 「シャンプーバー」というものがあるらしい »