« 2020年も半年が過ぎ、ようやく「旅」に戻れる | トップページ | 死に体を乗り越えろ、香港! »

2020/07/02

「ていたらく」を漢字で書くと「体たらく/為体」

6月 30日の記事への らむね さんの「ていたらくを入力したら為体になった!こう書くのか!!」というコメントで、私もそのことを初めて知った。一般的には「体たらく」だろうが、「為体」という表記にはさすがにはびっくりである。

2007021

コトバンク」で「ていたらく」を引いても上の画像のように、「体たらく・為体」という表記が出てくる(参照)が、このページでたまたま同時に表示された laku-bi.site という会社の広告は、上のような恐ろしい画像である。さらに何度か「再読込」をクリックすると、こんな画像まで出てくる。

20070221

ある意味、「為体」という言葉のページに表示されるに相応しい画像である。ここまで来たら、階段を上るにも息が切れるだろう。

手持ちの漢和辞書で「為体」を引くと、やはり読みは「ていたらく」で、「爲體、すがた。あまり好ましくないありさま、状態」とある。「ていたらく」以外の読みはないようなので、和製熟語なのかもしれない。ちなみに「爲體」と書くと思いっきり仰々しく、上の画像にますますぴったりである

私は 5月 18日の記事で書いたように、このところダイエットとエクササイズに取り組んでいて、冬の間の不摂生で 3ヶ月前には確実に 80kg 以上あったと思われる体重が、今は 74〜75kg を行ったり来たりしている。脂肪が減った分、筋肉も戻ってきているので、数字的にはなかなか減らない。

数字は減らないものの体力は確実に復活していて、結構なスピードで自転車をこいでも息が切れなくなった。もう二度と体重は増やしたくないと思う。

とにもかくにも、上の画像のような「爲體」にならないよう、コンスタントな節制を続けようと思っている。

 

|

« 2020年も半年が過ぎ、ようやく「旅」に戻れる | トップページ | 死に体を乗り越えろ、香港! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年も半年が過ぎ、ようやく「旅」に戻れる | トップページ | 死に体を乗り越えろ、香港! »