« 「たんぽぽ」は「ダンディなライオン」じゃなかった | トップページ | ワクチン、オリンピック、ガールズバーの三題噺 »

2021年4月19日

「ズーム疲れ」という新種のストレスがあるらしい

NATIONAL GEOGRAPHIC の「ビデオ会議は女性の方が疲れやすい、1万人調査」という記事を読んで、世の中には「ズーム疲れ」という新語が生まれていると知った。ZOOM を使った会議では、従来の対面の会議にはないストレスがあり、女性の方がそれを感じやすいというのである。

210419

この問題の研究チームによれば、「ズーム疲れ」の要因は 4つあるという。次のようなことだ。

  1. 非言語的な手がかりがわかりにくい。(画面では肩から上しか見えないので、ボディ・ランゲージが伝わりにくい)
  2. ビデオ会議中はウェブカメラの枠内に常に収まっていなければならないと感じ、自由に動けないことにストレスを覚える。
  3. 多くのビデオ会議アプリは、初期設定で自分の顔が表示される状態(セルフビュー)になっている。だが、そのまま自分の顔を見続けていると、「鏡不安(mirror anxiety)」に陥ることがある。
  4. 他の人々が自分のことをじっと見つめているのではないかという思いにとらわれてしまう「ハイパーゲイズ」現象がおきる。

なるほど。ただしかし、日本人は西欧人ほどボディ・ランゲージを多用しないので、1番目の問題はあまり大きくないかもしれない。ただ、2番目の「自由に動けない」というのは、確かにストレスだ。メモを取るための俯き姿勢や、ちょっと気分を変えるための「もぞもぞ動き」も、なんとなく憚られてしまう。

「それって、大きいよね!」と言いたくなったのは、ZOOM の自分の顔が常に一番目立つ左上に表示されるという設定だ。これって結構なストレスで、つい「自意識過剰」に追い込まれそうな気がする。私の場合はありがたいことに、「ハイパーゲイズ」ということにはならずに済んでいるが。

3、4番の問題に関しては、確かに女性の方が強くストレスを感じてしまうのだろう。もしかしたら、化粧の具合まで気になってしまうかもしれない。私もつい最近、「しまった、今日の髪の毛、ヒドい寝グセじゃん!」と気付いて、会議中にずっと居心地悪く感じたことがある。

ちなみに私の場合、ZOOM を使うことの不満は、多人数の会議ではなく 1 対 1 の「対話形式」の時に最も強く感じられる。リアルの対面なら相手の周囲の状況なども含めて得られる非言語的情報量が多いが、オンラインだと、ポートレイトのようなフレーム内のことしか伝わってこない。

「こいつ、表面だけ取り繕ってるな」と感じても、なかなかそれ以上ツッコみづらく、膨らみのある会話にもっていくのが難しい。オンラインというのは、不慣れという要素も大きいのかもしれないが、なかなか「ボケ/ツッコミ」の妙が成立しづらいのだ。

というわけで、事務的な「会議」なら ZOOM で十分だが、パーソナリティに至るまでの理解が必要な「対話」となると、ストレスを感じてしまうことが多い。やっぱり「リアル対面」の情報量にはかなわないよね。

 

|

« 「たんぽぽ」は「ダンディなライオン」じゃなかった | トップページ | ワクチン、オリンピック、ガールズバーの三題噺 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「たんぽぽ」は「ダンディなライオン」じゃなかった | トップページ | ワクチン、オリンピック、ガールズバーの三題噺 »