« 北朝鮮と日本の中学・高校の共通点 | トップページ | 『ラジオ体操のうた』のモヤモヤ感 »

2021年5月23日

ティッシュペーパーのブランドとメーカー

東洋経済に "自宅の「箱ティッシュ」メーカーを答えられますか" という記事がある。「スマホメーカーを答えられない人は少ないのに」というサブタイトル付きだ。

210523

この記事の筆者は、次のように指摘している。

  • 箱ティッシュのブランド名を自信をもって答えられる人は実は 1割くらいしかいません
  • ブランド名を答えられてもメーカー名を答えられる人はほとんどいません。
  • スマートフォンについては多くの人が「iPhone8です」とか「Galaxy S8です」とか、ブランド名だけでなく、型式まで詳しく答えられます。
  • そして、メーカー名を聞いて「アップル」が出てこない人もいません。

というわけで、この記事の筆者は、スマホには「代替不可能性」があるが、箱ティッシュはどれでも同じと説明している。しかし私としては、「これって、質問対象者がずいぶん偏っているんじゃないかなあ」と思ってしまったよ。

というのは、私の知り合いの多くは、少なくとも自分の使っている箱ティッシュのブランドぐらいはちゃんと知っているからだ。そしてそれとは逆に、先月 4日の記事で書いたように、自分のスマホに関しては機種名どころか iPhone と Android の区別にさえ無頓着で、単に「スマホです」という人が多い。

これは私の印象に過ぎないかもしれないが、箱ティッシュのブランドをスラスラ答えられる人は、たいてい「クリネックス」か「無印良品」のユーザーである。そして私は「ジョイフル本田」というホームセンターのショップ・ブランド、「プレジャブル」というヤツを使っている。

この「プレジャブル」は圧倒的なコストパフォーマンスで、200組 7個入りで 税込み 349円という安さだ。「箱入り」じゃなく、無印良品同様にビニール袋入りなのだが、1個あたり 50円しないのである。私は専用のケースを使って、こんな風にデスクサイドにぶら下げている。

2105232

試しにネットで調べてみると、一般的には値段の勝負でにシェア・トップになったと言われている「エリエール」は、アスクルで買うと 180組 5箱で税込み 419円(参照)だが、「クリネックス」はイトーヨーカドーで、同じ数量スペックで税込み 327円と頑張っている(参照)。

かと思うと値段がこなれていると思われがちな「無印良品」は、180組 5個で税込み 490円。安くない上に、ことさら「高級品」という訴求もしていないのに、ユーザーのブランド・ロイヤルティが高いのである。「箱ティッシュはどれでも同じで『代替不可能性』がない」なんてことはない。

無印良品ユーザーはいつも無印良品の、あの漂白されていないのに洗練感の高いペーパーを使うし、私は 1年のうち 5ヶ月以上は花粉症に悩まされるので、何よりコストパフォーマンス重視で、多分ここ 20年ぐらいは「プレジャディス」専門である。かかりつけ歯科医の診療台にもこれが置いてある。

さらにスマホのことを言えば、私はかなりの Apple 信者で、PC は iMac と MacBook Air の 2台持ちで、iPad、iPhone のほか Apple Watch まで使っているが、自分の iPhone の型式なんて「設定画面」を開いてみないと答えられない。長く使いすぎて、そんなのごっちゃになってしまっている。

この記事の筆者はもしかして「スマホオタク」なのかもしれないが、ティッシュペーパーに関してはあまり詳しくないようなのだ。ネピアの「鼻セレブ」を特別扱いしている割には、それについて詳しく書いているわけでもないし、クリネックスにも同様コンセプトの「肌うるる」というのがあることを無視している。

ちなみに私自身は「鼻セレブ」ってのはイヤなネーミングだと感じていて、花粉症なのに全然使う気になれない。ネピアには悪いけど。

 

|

« 北朝鮮と日本の中学・高校の共通点 | トップページ | 『ラジオ体操のうた』のモヤモヤ感 »

マーケティング・仕事」カテゴリの記事

コメント

私は記事の方が近いですか。
箱ティッシュもトイレットペーパーもわかりません。自分で買ってるのに。
スマホはわかります。サムスンのgalaxy s5、形式名sc-04f、androidバージョン6.0です。

・・・なんだかなあ(笑)

投稿: らむね | 2021年5月23日 10:46

色々な記事なんてものはそんなもんです。
何か目新しいことを書かなきゃという強迫観念にかられて自分の思い込みをパッとかいてしまうんでしょうね。
きちんと調査をして書いた記事とは思えませんね。

IT 専門誌に寄稿している〝専門家″の記事でも一夜漬けの思い込みで書いてるのが明らかというのが時々あります。

あらゆる記事は話半分とまでは言いませんが、話八割くらいに受け止めていた方がよさそうです。

投稿: ハマッコー | 2021年5月23日 12:42

らむね さん:

>箱ティッシュもトイレットペーパーもわかりません。自分で買ってるのに。

別に興味のない分野って、だれでもそんなもんです。

>サムスンのgalaxy s5、形式名sc-04f、androidバージョン6.0です。

そこまでわかる人というのは、なかなかいるもんじゃありませんよ。大したモンです。

それにしても、すごい落差 (^o^)

投稿: tak | 2021年5月23日 19:50

ハマッコー さん:

>きちんと調査をして書いた記事とは思えませんね。

まさにその通りです。

一見もっともらしい話をしているようですが、日頃の印象の中から、言いたいことに都合のいい話だけをつまんでるだけですね。

投稿: tak | 2021年5月23日 19:53

えーっと、別に興味がある分野でも何でもありませんが、
箱ティッシュやトイレットペーパーは、メジャーブランドでなく、
シンプルなパッケージのホームセンターオリジナルのものを買っています。
派手な色の黄色やピンク、グリーン等のパッケージが
目に付くところにあるのは嫌なので、
どこかのお店のキャンペーンで、箱ティッシュをもらった時も
わざわざシンプルな箱に入れ替えるほどです。(^_^)


投稿: さくら | 2021年5月23日 21:24

さくら さん:

その感覚、とてもよくわかります。我が家もそんな感じですから (^o^)

投稿: tak | 2021年5月24日 02:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北朝鮮と日本の中学・高校の共通点 | トップページ | 『ラジオ体操のうた』のモヤモヤ感 »