« 日本、COP 26 で「化石賞」受賞だそうで・・・ | トップページ | "Cut House"(切られ家)と "Cut In"(割込床屋) »

2021年11月 5日

100人に 7人が「略称」で「民主党」と書くノー天気

毎日新聞に ”衆院選「民主党」案分票は 400万票?「有権者の思い反映されず」” という記事がある。例の、「略称 民主党」による混乱という問題だ。

211105

今回の衆院選、私は 10月27日のうちに期日前投票を済ませたのだが、比例区の投票用紙に記入するブースに入って目を疑った。目の前の党名を表示する貼り紙に、立憲民主党と国民民主党の略称が、どちらも「民主党」と記されていたからだ。

「何これ? バグじゃん!」思わず小声で呟いてしまったよ。そう、あの選挙、ひどい「バグ」があったのである。

この際だから書いてしまうが、私は比例区は立憲民主党に投票した。ただ、略称で書いてしまったら国民民主党と区別が付かないから、きちんと 5文字の正式名称で書いた。

投票所で「これ、おかしいから何とかしろ!」と騒いでもしょうがないから、あの場で自分の意思をきちんと通そうと思うなら、2文字余計に書く手間を惜しまずにそう書くしかなかった。そう判断するのが当然というものだが、世の中にはその当然を理解できない人も少なくなかったらしいのである。

単に「民主党」と記された票が多かったという事実に触れ、毎日新聞は、静岡県の実例を元に「得票の割合に応じて票を振り分ける『案分票』が大量に生じた可能性がある」として、次のように報じている。

有効投票数に占める案分票の割合をみると、最も低かった静岡市葵区でも7.39%。一方、割合が高い富士市(静岡4区)は8.79%、三島市で8.78%だった。

もちろん、県内だけの問題でなく、札幌市は 7万2666票の案分票があり、開票終了が想定よりも約 4時間遅れた。全国で 7%の案分票が出たとすれば、合計は 400万票を超え、共産党の総得票数とほぼ並ぶ。

ざっと見て有権者の 7%以上、札幌市でいえば 72,666人の有権者が、比例区の投票用紙にノー天気に「民主党」と書いて投票したというのだ。いやはや、驚きである。

この要因としては、次の 3パターンが考えられる。

  1. 「民主党」というのが「略称」であると認識しておらず、目の前の貼り紙表示を見もしなかった。

  2. 貼り紙表示を見ても、別に「何だ、こりゃ?」と思わなかった。

  3. 一応「なんだ、こりゃ?」とは思ったものの、そこから先は、漠然と「何だかよくわからないけど、『民主党』と書きさえすればこちらの真意は通じるのだろう」と、略称で書いてしまった。(実際には、わかってもらえるはずなんてないが)

これ以外の要因は思いつかない。そして、この 3パターンともに「うっかり」もいいところである。要するに、今回投票した日本人の約 7%は、せっかく投票所に足を運びながら、こうした「うっかり」を当たり前にやってしまう人たちであるということが、立証されてしまったというわけだ。

先月 27日付で「日本語を読めない日本人って、ザラにいるから」という記事を書いたが、「おいおい、大丈夫かいな?」と言いたくなる日本人は、そこら中にいるってことだのだね。よくよく気をつけないといけない。

まあ、もちろん最もうっかりだったのは、深い考えもなく「略称 民主党」として届け出た 2つの政党ではあるのだが。

 

|

« 日本、COP 26 で「化石賞」受賞だそうで・・・ | トップページ | "Cut House"(切られ家)と "Cut In"(割込床屋) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ついでに言えば、自由民主党もありますね。ここには按分票行かないのかな。

投稿: きっしー | 2021年11月 5日 09:57

きっしー さん:

さすがに、自由民主党は略称「自民党」となってましたからね。それで「俺にも案分よこせ」とは、厚かましすぎるというか ^^;)

投稿: tak | 2021年11月 5日 15:36

よく考えてみたら、社民党も民主か(^^)
そんなにみんなが民主という言葉を入れなければならないと感じる何かがあるのでしょうか。そういえば、〇〇民主主義共和国という国もお近くにありますね(^^)

投稿: きっしー | 2021年11月 5日 22:13

きっしー さん:

ことさらに「民主」という言葉を使いたがる政党が多いというのは、要するにまだしっくり馴染んでないからなんでしょうかね。

「俺の方が、より『民主』だ!」と言いたい雰囲気というか ^^;)

投稿: tak | 2021年11月 5日 22:20

へえ、TAKさんは立憲民主党に入れたんですか。私は立憲にだけは入れたくなかったですね。今回立憲が勝ってしまうと共産党に逆らえない議員がたくさん誕生し、公明党に逆らえない自民党と共産党に逆らえない立憲民主党という日本の民主主義がどうなってしまうんだろうという構図になってしまうと思ったからです。私は有権者は賢かったと思っています。市民の会とか市民と名がつく団体はほぼ共産党の別働隊だと思っています。本当に市民という単語を貶めることはやめてほしいですね。

投稿: basara10 | 2021年11月 6日 04:52

4.の可能性として、「そういう空気らしいから一応自民以外としたいけれど、どこか特定の党を支持したいわけではない・自分の中で曖昧にしておきたい」という、いわば白票の代替で「民主党」と書いた層はそれなりにいそうだな、と思いました。
発足当初の印象だけ見たら、立民も国民もどっちでも同じにしか見えないでしょうしね。

投稿: 柘榴 | 2021年11月 6日 05:35

basara10 さん:

>へえ、TAKさんは立憲民主党に入れたんですか。

要するに、自民党を減らすためには立憲民主党を受け皿にするのが現実的だろうと考えたわけですが、維新の会を受け皿ろ考える人が多かったというのは驚きでした。

>市民の会とか市民と名がつく団体はほぼ共産党の別働隊だと思っています。本当に市民という単語を貶めることはやめてほしいですね。

共産党はマメですね ^^;) とりあえず「市民」は「実態不明瞭な多義語」で片付けておきます。

投稿: tak | 2021年11月 6日 06:29

柘榴 さん:

なるほど、「どっちでもいいわ」ってことですね ^^;)

投稿: tak | 2021年11月 6日 06:31

これうっかりではないんですよ。立憲に入れるつもりで民主と書いてしまった票を取りたいからです。政権交代と原発事故の記憶が新しく「枝野さんの党は民主党」としてしまう人が多いんでしょうね。

以下河北新報の記事より。

2017年の衆院選前に結党した立憲民主党は当初「民主党」としました。民進党の流れを組み、2018年に結党した国民民主党は「国民党」を使っていました。
 ところが、国民民主党は2019年の参院選前に「民主党」に変更。立憲民主党から「案分票狙いだ」と反発する声が上がりました。立憲民主党は有権者の混乱を避けることを優先し「りっけん」として参院選に臨みました。
 その後、合流や分党を経ていずれも「民主党」と届け出た両党。今回の選挙戦では、双方が正式名称で投票するよう会員制交流サイト(SNS)などで呼び掛けました。

投稿: らむね | 2021年11月 6日 12:15

らむね さん:

詳しい経緯のご説明、ありがとうございます。

私も、国民民主党は「案分狙い」しているなという気はしていました。

そして、立憲民主党としては、略称の「民主」を譲ると、立憲民主党に投票したつもりの票が国民民主党に加算されてしまうことを防ごうとしたのでしょう。

こうなると、「立民党」という略称を定着させるという手もありますが、どうも字面がよくないですね ^^;)

投稿: tak | 2021年11月 6日 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本、COP 26 で「化石賞」受賞だそうで・・・ | トップページ | "Cut House"(切られ家)と "Cut In"(割込床屋) »