« 一昨日の記事に書いた「謎」が解けた | トップページ | 虎と共に睡りたい新年 »

2021年12月31日

カーシャ/むきそば/年越蕎麦

「はてなアンテナ」からのリンクで、ジェーニャさんという方の「蕎麦」についての tweet (参照)にアクセスしてみた。彼女は日本でプロの声優をしているロシア人なのだそうだ。

211231

この tweet には「ソ連育ちエピソード」として次のようにある。

一番手に入って安かった食糧は、蕎麦の実。
そればかり食べて、私にとって、貧乏の味。好きな人もいるけど、私は仕方なくそれを食べていたので、好きじゃないし懐かしくも思わない。
だから、ここだけの話、日本の蕎麦も少し苦手(美味しいとは思うけど!)うどんの方が好き❤️

大の蕎麦好きの私としては、「日本の蕎麦も少し苦手(美味しいとは思うけど)」という部分で、ちょっと複雑な気分になった。「不味い」と言ってないだけ救われるが、食べ物の嗜好というのは、気分の問題に大きく左右されるのだね。

ところで、この tweet に添えられた写真は、ロシアの蕎麦料理で「カーシャ」というものなのだそうだ。ググってみると、石田ゆうすけさんという方の「蕎麦の実でつくるロシアのお粥カーシャとは?」というページに遭遇した。こんな風に書かれている。

モチモチした食感にソバの香り。これはこれで悪くないが、麺の蕎麦を食べ慣れている僕にはほんの少し違和感があった。

ところが、カーシャが大好きだという日本在住のロシア人翻訳家に「日本の麺の蕎麦はどう思う?」とたずねると、こんな返事だったという。

「なぜわざわざ粉にして麺なんかにするんだ?バカじゃないのか?ソバに全然合わないあんなつゆにつけて。ほんとサイアク。俺は日本蕎麦なんて絶対食べない。まずすぎる。ソバは粥だ」

食べ物の嗜好に関する「気分の問題」というのは、極端に走るとこんな風に「カーシャ・ナショナリズム」なんて言いたくなるほどになる。日本にも「米のメシ・ナショナリスト」みたいなのがいて、外国で 3日過ごすと禁断症状が出てきたりしてるしね。

そういえば、我が郷土、山形県の酒田にも、蕎麦を粉に挽かないで食べる文化がある。「むきそば」という蕎麦のおかゆみたいなものだが、冷たい汁で食うので、ロシアのカーシャ(見た目は暖かそう)とはかなり違う風合いだと思う。

2112312

これ、私も酒田の生まれなので何度か食ったことがある。ただなんとなく料亭の「お通し」みたいな上品すぎるイメージで、「確かに美味しいけど、蕎麦はやっぱり麺でツルツルッとすすりたい」と思ってしまうのだよね。ジェーニャさんの日本の蕎麦に関する印象の、裏返しみたいなのがおもしろい。

とはいいながら、「むきそば」を思い出したら久しぶりで食ってみたい気がしてきたし、「カーシャ」というロシア流そば粥も、機会があれば試してみたい。私は「麺の蕎麦ナショナリスト」ってわけでは決してないので、いろいろなバリエーションがあるのはいいことだと思う。

というわけで、今日は大晦日。夜になったら「年越蕎麦」をいただくことにしよう。

============================

今年一年、ご愛読ありがとうございました。この年を気持ちよく締めくくって、さらによいお年をお迎えください。

 

|

« 一昨日の記事に書いた「謎」が解けた | トップページ | 虎と共に睡りたい新年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

今年一年有難うございました。

投稿: ハマッコー | 2021年12月31日 19:05

ハマッコー さん:

こちらこそ、本当にありがとうございました。

投稿: tak | 2021年12月31日 19:11

今年も1年間楽しませて頂きました。
ありがとうございました。

来年も楽しみにしております。

それでは、良いお年を☆

投稿: Senna | 2021年12月31日 20:34

Senna さん:

ありがとうございます。このブログは、素晴らしい読者に恵まれて育ってきたなという気がしています。

来年もよろしくお願いいたします。

投稿: tak | 2021年12月31日 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一昨日の記事に書いた「謎」が解けた | トップページ | 虎と共に睡りたい新年 »