« コロナと花粉症 | トップページ | 悪徳業者による「屋根修理詐欺」にご注意 »

2022年2月 8日

「ピザハット」は「ピザの帽子」じゃないので

先日、郵便受けにピザハットのチラシが入っていた。私は数年前から肉食を絶っているのでピザはお呼びじゃないと思っていたが、近頃ではミート・フリーの「具だくさん緑黄色ベジピザ」というのがあるらしい。これなら、注文してみてもいい。

220208

ただ、今日は「ピザそのもの」の話ではない。私のことだから、相も変わらず「言葉ネタ」である。

郵便受けから取り出したチラシを見て、何気なく「ピザハットって、『ピザの帽子』と思ってる人が案外多いんだよね」(参照)と呟くと、妻が驚いて「えっ、そうじゃなかったの?」と言うのである。他ならぬ自分の妻までそう勘違いしてる一人だったと知って、こっちの方が驚いた。

「帽子じゃないよ。発音が違うし、ロゴを見れば間違えるはずないじゃん。ほら、"Hat" じゃなくて ”Hut" でしょ」

2202072

「本当だ。でも、普通はそこまで注目しないわよ。日本人の 80%以上は多分、帽子だと思ってるよ。そもそも "hut" なんて単語、知らないし」

「”Hut" は『小屋』だよ(参照)。ドイツ語だと『ヒュッテ』(hütte)になると言えばわかるでしょ。誰でも知ってるレベルの単語なんじゃないかなあ」

「いや、そんなの普通の日本人は知らないわよ。なんなら調べてご覧なさいよ」

というわけでググってみると、 Weblio に「レベル: 4、英検: 2級以上の単語、学校レベル: 高校3年以上の水準、TOEIC L&Rスコア: 470点以上の単語、大学入試: 難関大対策レベル」(参照)なんてある。いやはや、こんな単純な単語が「難関大対策レベル」だなんて、ちっとも知らなかった。

ただ、妻だって私と同じ年にワセダの第一文学部に合格してるんだから、知ってても不思議じゃないんだがなあ。

しかし妻は委細構わず勢い込む。「そうでしょう! それにこのロゴマークを見たら、帽子以外の何ものにも見えないじゃない」

2202073

「うぅむ、確かにこれじゃあ帽子と思ってもしかたないかもしれんなあ。しかし、本当は何の形を表してるんだろう? ピザ皿をひっくり返したところかなあ。いや、ピザ皿ってこんな形してないし、これじゃあお猪口をひっくり返した形だよね」

埒があかないのでこれもググってみると、何と「1号店である店舗の赤い屋根をイメージしたロゴ」(参照)なんだそうだ。いやはや、そんなの、改めて説明してもらわないとわからないよね。

それにしても、このロゴマークを作ったデザイナーは、やがて日本市場に進出して「帽子」と思い込まれるなんて、思いもよらなかったんだろう。この世の中に "cup/cap" "cut/cat" はちゃんと区別できるのに、"hut/hat" は区別できない人たちでできた国があるなんて、想像すらしていなかっただろうからね。

 

|

« コロナと花粉症 | トップページ | 悪徳業者による「屋根修理詐欺」にご注意 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

もしやと思い〝リンガーハット″という長崎ちゃんぽんの店の名前を調べたら〝Ringer Hut″でしたね。

以下のような解説がありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「リンガーハット」とは英語で「Ringer Hut」と記述して、前半の「Ringer(リンガー)」とは、長崎で貿易商をやっていた、フレデリック・リンガー(Frederick Ringer)さんと言う人物に由来しているとの事。イングランド出身で、グラバー園で有名なグラバー商会に勤務しており、幕末に日本に来日したのだとか。その後自ら事業を立ち上げ、貿易や産業の発展に貢献した人物になるのだそうです。現在でも長崎グラバー園に、急リンガー邸、として、リンガーさんの邸宅が保存されているとの事。
後半の「ハット」とは、小屋、山小屋、といった簡単な建物を意味する「Hut」の語句になるのだそうです。合わせて直訳すると、リンガーさんの小屋、との意味になる模様です。

帽子のハット(hat)ではなくて、小屋、小さな家、との意味の「Hut(ハット)」との語句だったのですね。(原文ママ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

店舗の屋根の上に鐘撞小屋のようなものが帽子のようにちょこんと載っているからだとなんとなく思い込んでいました。
知らんかった。

投稿: ハマッコー | 2022年2月 8日 22:04

こんな話も有りました。
https://www.buzzfeed.com/jp/reonahisamatsu/hat-hut

投稿: automo | 2022年2月 9日 08:13

ハマッコー さん:

リンガーハットのロゴマークの文字は、小さくてわかりにくいですね ^^;)

リンガフォン(Ringerphone)とは無関係なんだろうとは思っていましたが、さすがに長崎にちなむトリビア・ネタから来てたんですね。初めて知りました。

投稿: tak | 2022年2月 9日 11:07

automo さん:

本文中からもリンクしたように、イエローハットとのお笑いネタがあったとは知っていましたが、さらに進んで「勘違いロゴ」まで作っていたことまでは知りませんでした。

いやはや ^^;)

投稿: tak | 2022年2月 9日 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナと花粉症 | トップページ | 悪徳業者による「屋根修理詐欺」にご注意 »