« 「定型文の緊急電報廃止」というニュースについて | トップページ | 電力需給が逼迫しているんだそうだ »

2022年3月21日

解釈がチョー難しい、ラーメンのキャッチフレーズ

近所のラーメン屋の店頭に、とても気になるキャッチフレーズの書かれた幟みたいなものが、開店当初から飾られている。「一度じゃまだまだ二度目で納得 三度食べたらやめられない」というものだ。

220321

このフレーズ、解釈がチョー難しい。個人的には「一度じゃまだまだ」という部分に引っかかりを感じて、「食ってすぐには納得できないというなら、そんなもの食べなくていいや」と思ってしまうのだ。印象的なキャッチフレーズが逆効果になって、この店には一度も入ったことがない。

ただ、見方を変えることも可能だ。「この店のラーメンの本当のおいしさを理解するには、二度は食べてみなければならない」と解釈することもできるだろう。

とはいえ、もしかしてそれほどまでに奥深く玄妙な味だったとしても「三度食べたらやめられない」というのが、またわからない。「そんな面倒なことになってしまうんだったら、三度までは決して食べたくない」と思ってしまってもおかしくなかろう。

私としてはさらに、数年前に肉食を止めてしまったので、チャーシューが付きもののラーメンからはずっと遠離っている。ということは、この店に入ってラーメンを食う機会は一生ないということだ。ましてや「三度食べたらやめられない」という経験をする可能性もゼロである。

というわけで、この不思議なキャッチフレーズで表現されるラーメンがどんなものかは、全然わからないのである。いずれにしてもこのフレーズ、「わからな過ぎ」だ。

 

|

« 「定型文の緊急電報廃止」というニュースについて | トップページ | 電力需給が逼迫しているんだそうだ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

とりあえず雰囲気で「何度も食べたくなるほどおいしいよ」ってことですかね。あまり言葉を厳密に捉えちゃいけないんですよ、きっと。まさに「考えるな、感じろ」ってやつです(笑)

投稿: らむね | 2022年3月21日 21:33

らむね さん:

>きっと。まさに「考えるな、感じろ」ってやつです(笑)

まさに「雰囲気のもの」なんでしょうね。それだけに、私としては「ちょっと遠慮しとくわ」になっちゃってました。ラーメン屋はほかにもどっさりあるし (^o^)

投稿: tak | 2022年3月21日 22:29

一発勝負でお客の舌と胃袋つかまないとねぇ。

遠回しに「3回はこい」と言う、なかなか「ベタ」な煽り文句なんでしょうが…。
あ、3杯頼めば良いのか?

投稿: 乙痴庵 | 2022年3月22日 20:16

乙痴庵 さん:

>あ、3杯頼めば良いのか?

ウケました (^o^)

投稿: tak | 2022年3月22日 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「定型文の緊急電報廃止」というニュースについて | トップページ | 電力需給が逼迫しているんだそうだ »