« ハロウィーンの経済効果なんて言っても・・・ | トップページ | 写真で「水平を取る」ということ »

2022年11月 3日

酒で死ぬことって、結構多いらしい

CNN.co.jp が「20~49歳の死亡、5人に 1人は飲みすぎが原因 米調査」というニュースを伝えている(元記事はこちら)。これは米国の医学誌 JAMA Network Open に発表されたもので、20~64歳の年齢層の飲酒に関係する死亡は 8人に 1人だったというから、若年層ほど「酒は危険」というわけだ。

221103

「飲酒に関係する死亡」というのは、飲み過ぎによるアルコール中毒死だけでなく、飲酒運転による事故死、肝臓病なども含まれるが、さらに次のようにも報じられている。

飲酒が関係している可能性がありながら、死亡と飲酒との関係が確認できないなどの理由で統計から除外したケースもあった。また、病死した人が、過去に過剰な飲酒をしていて断酒した経緯があるのかどうか判断できないケースもあった。

この事実は、「アルコールが関係する死者は、実際にはもっと多いはず」という指摘につながっている。つまり、「酒で死ぬ人」は想像以上に多いということだ。

私自身は、酒を飲まなくなって久しい。まったく禁酒しているというわけではないが、たまに飲んでも「ほんの一口」程度だ。最近では 1ヶ月でコップ 1杯の量も飲んでいないと思う。このブログを始めた頃は、毎晩酒を飲みながら更新していたのだから、我ながらエラい違いだ。

酒をほとんど飲まない生活になってからここ 10年近く、風邪を引くこともないし、健康そのものである。やはり、酒はよくないのだと実感してしまう。さらに酒は体の健康だけでなく、頭にもよくないと思う。深酒をする人は、年取ってからの「ボケ」も早いという印象が確実にある。

そういえば、先日のハロウィーンで、10月 31日は渋谷では種類の販売や路上での飲酒も禁止されていたらしいのだが、路上には酒の空き缶や空き瓶がどっさり放置されていた。

酒の上での混乱も多かったようで、テレ朝ニュースにどっさり記録されている(参照)。酒を「30杯以上」飲んで暴れた男がパトカーに乗せられてしまう場面なんて、醜態そのものだ。

飲んだくれて路上で寝てしまうというケースも多かったようだ。寒い時期に路上で凍死なんかしたら「酒が原因での死亡」という中では最もお恥ずかしいケースになってしまうから、しっかり気をつけなければならない。

やはり、酒は「飲んでもほどほどに」というのがいいようだ。

 

|

« ハロウィーンの経済効果なんて言っても・・・ | トップページ | 写真で「水平を取る」ということ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

takさんも以前は結構召し上がってらっしゃったことは覚えてます(当ブログ上にて)し、「検査がどうの、医者から止められたからどうの。」と言う方々にも言及されてました。

それに同調していただけに、自然と遠ざかられたのは、仕方ないけど残念ではございますが健康的なことでなによりです。

ただ、アタクシ、数日後に検診あるんですけど、先週膝をシコタマぶつけて療養促進のために酒抜いてるんですよねぇ。
なんだか「もうすぐ検査だから」のオッサンに成り下がった気がして悔しい。

投稿: 乙痴庵 | 2022年11月 7日 12:21

乙痴庵 さん:

>なんだか「もうすぐ検査だから」のオッサンに成り下がった気がして悔しい。

日和ったわけじゃないんで、さらに複雑な思いでしょうね (^o^)

いずれにしてもお大事に。

投稿: tak | 2022年11月 7日 17:24

恐れ入ります。
ありがとうございます。
このまま酒抜きしてみようかしら。
検査後まで。(そこは膝完治だろ!)

投稿: 乙痴庵 | 2022年11月 7日 20:29

乙痴庵 さん:

わはは (^o^)

いずれにしても酒を減らしてみると、ある時ふと、体調がよくなっているのに気付きますよ。

投稿: tak | 2022年11月 7日 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハロウィーンの経済効果なんて言っても・・・ | トップページ | 写真で「水平を取る」ということ »