« 「チャーハン症候群」というのがあるらしい | トップページ | ”珈琲屋 OB” という店は、なかなかいいよ! »

2023年11月19日

コンビニ店内に「バー文化」なんか持ち込まなくても・・・

現コンビニ店員からするとまじでやめてほしい」という tweet があるので何のことかとアクセスしてみると、ローソンとファミマの店内に「バー」を設置するケースが増えているらしい。この tweet は「ただでさえ絡まれてしんどいのに、自ら酔っ払いを作りにいこうとすんな」と訴えている。

231119

元情報は "なぜ、店内に「バー」が? ファミマも手応え 狙いを運営会社に聞いた" というIT ビジネス ONLINE の記事のようだ。

2311192

この記事に取り上げられているのは、NBG(京都市)という会社の運営する「お酒の美術館」という名前のバーだ。「あらゆる生活シーンにバー文化を」(なんていう理念を掲げ、テーブルチャージ無料で 1杯 500円から酒類を提供しているらしい。

11月初旬時点で、ファミリーマート 8店舗、ローソン 4店舗にそれぞれ出店しているという。ただ、私としては「あらゆる生活シーンにバー文化」なんて必要ないと思うがなあ。そんな無茶な理念が実現したら、世の中大変なことになっちゃうと思いつかないんだろうか。

バーを出店するなら当然ながらそれなりのシーンを選ぶべきだし、とくにコンビニみたいな店舗にバーというのは全然ふさわしくない。もしこんなことが拡大してしまったら、私はファミマとローソンでの買い物は避けると宣言しておく。

ちなみにこの事業を展開する NBG というのは何なのかと調べたら、その前身は「日本ビルガードシステム」というビル管理の会社だったようだ(参照)。なるほど、その省略形で ”NBG” ね。

それなら今後は、”No Bar Gabage” (バーの生ゴミなしよ)の省略形ということにすればいいかも。ビル清掃も楽になるし。

 

|

« 「チャーハン症候群」というのがあるらしい | トップページ | ”珈琲屋 OB” という店は、なかなかいいよ! »

世間話」カテゴリの記事

コメント

今はもう行きませんが、酒を飲むところには結構行きました。俳優や売れっ子芸人が来るような店から予算が六千円の店まで色々です。料金によって客層は当然乍ら全く違います。
六千円の店なんて最悪の客層ですよ。

コンビニの中にバーを作って席料なしで一杯500円からなんてどんな客層が集まるか想像すると恐ろしいですね。
「あらゆる生活シーンにバー文化を」なんて意味不明ですよ。
コンビニとバーなんて相性悪すぎます。そもそもそんなのバーではないですね。多分失敗に終わる。
そんなコンビニがあったら気持ち悪くて行けない。

投稿: ハマッコー | 2023年11月20日 23:08

ハマッコー さん:

>「あらゆる生活シーンにバー文化を」なんて意味不明ですよ。

まったくですね。「気は確かか?」と言いたくなります。

>そんなコンビニがあったら気持ち悪くて行けない。

同感!

投稿: tak | 2023年11月21日 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「チャーハン症候群」というのがあるらしい | トップページ | ”珈琲屋 OB” という店は、なかなかいいよ! »