« 2本のブログで連続 20年毎日更新の記録達成 | トップページ | 「トップバッターは〇〇」とか「タッグを組む」とか »

2023年12月26日

「明確な」という名の謎のジャパニーズ・ウィスキー

Twitter 界隈で、米国で販売されている「明確な」(MEIKAKUNA)という名の謎のジャパニーズ・ウィスキーが話題だ(参照)。ムラマツ・トシオさんという方は「30ドル出せば結構良いスコッチを買えるのでかなりの挑戦」と紹介されている(参照)。

2312261

添えられた写真のラベルには ”100% JAPANESE BLENDED WHISKEY” とあり、「Mount Kasagata (笠形山?)の麓で Noma River(野間川?)の流れる兵庫県」で製造されたと書かれている。笠形山なんてあまり知られてないし、野間川という名の川は日本中にあるから、ますますアヤシい。

というわけでムラマツさんは「兵庫県産なのでおそらく江井ヶ嶋酒造の OEM なのではないかと推測」と tweet されているのだが、ここからさらに話はややこしくなる。名指しされた江井ヶ嶋酒造が自ら ”弊社は製造していません。「明確な」否認を表明します” と tweet したのだ(参照)。

2312262

この関連の tweet では "「明確な」というのは形容詞だから商品名としておかしい" なんていうコメントが目立つが、江井ヶ嶋酒造は「形容動詞」と正しくかつ「明確な」指摘をしているし、「確」の字の「最後の横棒が無い」ことにもしっかり注目している。それだけに信頼していいだろう。

ネット上では「明確な」というのは ”Clear" の日本語訳だから、実はニッカの "Black Clear" の米国向けなんじゃないかなんてコメントも見られるが、そんなお馬鹿なことをしたらニッカの価値が暴落してしまうんだからあり得ないよね。そんなわけで、謎は謎を呼ぶ。

2312264

いずれにしても「明確な」という日本語の商品名はヒドいという指摘が多い。しかし翻って日本での英語の(と思い込まれている)商品名や店名、看板などに目を移すと、ヒドいのがどっさりだ(こちらでほんの一部が紹介されてる)。こんなことで米国を笑ったら、米国に 100倍以上笑い返される。

よく知られてるトンチンカン英語商品は「カルピス」で、スペルは ”Calpis” だが、発音的にはごく自然に ”cattle pis”(牛の小便)に聞こえてしまうし、"Pocari Sweat" なんて「ポカリの汗」でしかない。どちらも気にしだしたら、気持ち悪くて飲めなくなってしまいそうだ。

さらに ”Arms” という名の美容院は日本中にやたら多いが、単純に日本語に訳せば「武器」とか「軍備」ってことになる(参照)。

2312267
Arms 系美容院の元祖とされる、青山の「カキモト武器店」

2312265

ヘミングウェイの代表作 "A Farewell to Arms" は「両腕よさようなら」じゃないので、くれぐれも

Yoroshiku4

【12月 27日 朝 追記】

試しに ”meikakuna whiskey” のキーワードでググってみたところ、米国でのこのウィスキーに関するデータ・ページが見つかった(参照)。

2312268

米国での展開は Trader Joe's という会社が行っているものらしく、ブレンドは Shiki Shuzo Corp、ボトリングは Alexander Murray & Co による。ボトリングが米国の会社というので、「明確な」というロゴマークの下手さといい加減さについては納得がいった。

問題は Shiki Shuzo Corp という会社だが、ググってみると四季酒造株式会社というのが見つかり、会社所在地も兵庫県である。これで決まりだろう。

ちなみにこの件に関しては私よりずっと先に注目されていて、ぴろりんさんという方が "Franklin@Filbert" というブログの ”全く明確ではない「明確な」” という記事で、別の角度から詳しく論じておいでだ。ご一読をオススメする。

 

|

« 2本のブログで連続 20年毎日更新の記録達成 | トップページ | 「トップバッターは〇〇」とか「タッグを組む」とか »

言葉」カテゴリの記事

コメント

https://www.isi-ryugaku.com/ryugakublog/34357
そういえば昔こんなのもありましたね。Engrishなんていいますけど、非ネイティブ言語が明後日の方にブロークンになるのは別に日本人に限らずどこの人でもチャメシ・インシデントなのでしょう。

投稿: 柘榴 | 2023年12月28日 06:14

柘榴 さん:

「極度乾燥」については、どこかで読んだことがありますが、日本に入ってこなかったのはアサヒビールが差し止めたからと初めて知りました。(ちょっと無粋 ^^;)

これもまたチャメシ・インシデントではありますが、"Cut in 〇〇” という名の理髪店については、私はどうしても「割り込み床屋」というイメージなんですがね。
https://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2021/11/post-9eba16.html

投稿: tak | 2023年12月28日 09:21

「明確な」が四季酒造株式会社によるものだという明確な情報ありがとうございます。しかし、こちらの会社の方々は、こんなラベルで太平洋を越えて売られていると知っているのでしょうかねぇ。ちょっと気になります。

投稿: ぴろりん | 2023年12月30日 16:14

ぴろりん さん:

「どうせ OEM なんだから、しょうがないや」ってことなんでしょうかねぇ ^^;)

投稿: tak | 2023年12月30日 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2本のブログで連続 20年毎日更新の記録達成 | トップページ | 「トップバッターは〇〇」とか「タッグを組む」とか »