« 「明確な」という名の謎のジャパニーズ・ウィスキー | トップページ | 知恩院の除夜の鐘の突き方がなかなかいい »

2023年12月27日

「トップバッターは〇〇」とか「タッグを組む」とか

今どき、紅白歌合戦のニュース・バリューはかなり下がっていると思っていたのだが、大晦日の曲順が発表されたというのがあちこちでトップ・ニュースになっていて驚いた。そしてさらに驚いたのが、「トップバッターはリーダーズ」という見出しのオンパレードである。

231227

Yahoo で紹介されている音楽ナタリーというサイトのニュースは ”紅白歌合戦」曲順発表、トップバッターはリーダーズ&JO1” という言葉で始まるのだが、申し訳ないことに「トップバッターはリーダーズ&JO1」というのがさっぱり理解できなかった。まるで別の世界の言葉みたいだ。

一方、クランクインというサイトのニュースのタイトルは ”【曲順発表】『第74回NHK紅白歌合戦』、トップバッターは新しい学校のリーダーズ 大トリはMISIA” というもので、どうやら「リーダーズ」というのは「新しい学校のリーダーズ」というグループの略称らしいということまではわかった。

そして「J01」というのは白組の方の最初に出てくるグループの名前らしい。両方とも正真正銘、初めて知った。それにしても音楽ナタリーの方の「リーダーズ&JO1」という表現は、まるで一つのグループみたいに見えてしまうよね。

さらに奇異に感じてしまうのは、多くのサイトで「トップバッターはリーダーズ」というように、幕開けで登場するパフォーマーを「トップバッター」と表現していることである。野球でもないのに、最初の登場者をこのように称するのはもはや当たり前になってしまったんだろうか。

これに関連して思い出すのは、「タッグを組む」という言い方である。ペアを組んで共同作業することを、日本語ではフツーにこう言うのだ。これってプロレスの「タッグマッチ」から来ている(参照)。

こんなような表現が当たり前になっているというのは、なかなかスゴいことだ。野球とプロレスって、日本ではかなり普遍性をもった世界になってしまっているみたいなのである。

【12月 31日(大晦日)追記】

”どうやら「リーダーズ」というのは「新しい学校のリーダーズ」というグループの略称らしいということまではわかった” と書いたあたりで、「ありゃ、何だか聞き覚えがあるなあ」と思ったのだが、この記事を書いた時点ではなんとか思い出してみようとまではしなかった。

ところが大晦日の夜も更けたころになって、突然アタマの中に電気が灯った。「なんだか、流行語大賞で、そんなようなのがあった気がする!」

というわけで、今月 2日付の " 「新語・流行語大賞」を巡る冒険と寄り道" という記事を自分で読み返してみると、こんな風に書いてあるじゃないか。

私はこのうち「新しい学校のリーダーズ/首振りダンス」「蛙化現象」の 2つが初耳だったが、この際だから覚えとこう。

「この際だから覚えとこう」なんて書きながら、実際には忘れてしまっていたわけだ。いやはや、お恥ずかしい。

ただちょっとだけ言い訳させてもらえば、29日経ってからふと思い出す程度には、記憶のどこかに引っかかっていたわけだ。まったく忘れ去っていたわけじゃないので、なんとかお許しいただきたい。

 

|

« 「明確な」という名の謎のジャパニーズ・ウィスキー | トップページ | 知恩院の除夜の鐘の突き方がなかなかいい »

言葉」カテゴリの記事

コメント

これは話が逆で、むしろ元ネタが忘れられたことでプレーンな慣用表現として使いやすくなったところがあるんじゃないかな、と思います。「けりをつける」とか、別に古典が読まれるようになった影響で使われてるわけじゃないでしょう。「ケリをつける」なんて表記をしてる人もちょいちょい見かけますしw
かく言う自分も「タッグ」がプロレス用語だというのは初めて知りました。「バッター」が、野球でなんか汚い棒を持ってタコ踊りしてる人だというのはかろうじて知ってますけど、これももう十年もしたら知らない人のほうが多くなるんじゃないでしょうか。

投稿: 柘榴 | 2023年12月28日 06:03

柘榴 さん:

なるほど。元ネタが「忘れ去られてしまひにけり」で、けりがついちゃったと。

ただ、「トップバッター」だけは、私の脳内では今でもバット持って登場する姿が思い浮かんでしまうんですけどね ^^;)

今年の紅白で、学校のリーダーズとやらがバット持って登場してくれたら面白いと思います。司会に「なんでバット持ってるの?」と聞かれたら、「あれ、野球の試合じゃなかったんですか?」とボケるお約束で。

(でも、通じないかな ^^;)

投稿: tak | 2023年12月28日 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「明確な」という名の謎のジャパニーズ・ウィスキー | トップページ | 知恩院の除夜の鐘の突き方がなかなかいい »