« 再び、「香港人、逃げろ!」 | トップページ | 流行語大賞を取り損ねた残念語 ー「キックバック」 »

2023年12月 9日

エクストリーム(極端)同士だと、対話にならない

Brooklyn Tokyo による YouTube 動画に「ヴィーガン論破後、目前でビッグマックを食べた結果...」というのがある。白ペンキを牛乳に見立ててロンドンの街を白く染めてしまった過激派ヴィーガンの女性を「論破」して(したと言えるのかなあ?)、その目の前でビッグマックを食べるというものである。

Brooklyn Tokyo というのは、エコとか LGBT とかは嫌いなようで、この動画にも、登場のヴィーガン女性は自分本位で身勝手で、インタビュアーの肉食男性の方がずっとまともというようなコメントがどっさりついているのだが、私の印象では男性のほうがずっとヒステリックに見えるがなあ。

私は肉を食わないが、魚介系は食うし牛乳は飲むので過激な「ヴィーガン」ではなく穏健な「ペスカテリアン」と自認している。肉食の害を訴えるために街を白ペンキで塗りたくるみたいな馬鹿なことはしたくないと思っているので、この動画に登場する女性とは考え方がかなり違う。

ただ彼女らの活動を度外視して動画での対話のみに公平に注目する限り、エクストリーム(極端)なのは、インタビュアーの男性の方である。女性は終始穏やかに話したいという態度を示しているのだが、男性は声を荒げてたたみかけるように迫るのみだ。

さらにこの男性はアボカドを育てるために多くの蜂が犠牲になっているとして女性を責めた後に、自分は牛を殺して作ったビッグマックをこれ見よがしに頬張る。これじゃ「論破」とは言えないよね。動画としてもそれを意識してか、最後に過激派ヴィーガンたちの狼藉ぶりをしつこく見せている。

つまりこの動画は、話し方は穏やかだがエクストリームな活動に走りがちな女性と、普段はまともなのだろうがヴィーガン相手だとエクストリームにいきり立ってしまう男性の、マンガじみた対決である。とてもまともな議論とは言えない。

多くの問題が真摯な対話で解決されるというが、この動画を見る限りそれはかなり難しいことだとわかる。志向性の正反対なエクストリーム同士だと、まともな対話にならないということが如実に示されていると思う。

 

|

« 再び、「香港人、逃げろ!」 | トップページ | 流行語大賞を取り損ねた残念語 ー「キックバック」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私には男性が極端には見えません。彼は彼女の主張に対抗しているというより街を汚した行為に怒っているように思います。まあ嫌がらせ的にハンバーガーを食べるのは下品な行為だと思うし、論争に勝ってるとは思いませんが、街を汚した彼女に怒るのは当然だと思います。自分が動物を食べないのは自由ですが、それを正義だとして押し付けるのは、私は極端な人だと思います。

投稿: basara10 | 2023年12月10日 05:34

basara10 さん:

>私には男性が極端には見えません。彼は彼女の主張に対抗しているというより街を汚した行為に怒っているように思います。

「怒っているように思えます」と受け足られた時点で、(フツーは)キャスターとして失格です。彼は初めから女性の話をまともに聞く気がありません。

そうした意味で、明らかに「極端」です。

さらに、最後にことさらなパフォーマンスをするために前もってハンバーガーを用意しておいた(としか思われません)というのも、まともな討論にする気がなかったことを物語ります。

まあ、いずれにしても「エコ嫌い」「LGBT 嫌い」の人たちに支持されている番組のようですから、やりたい放題ですね。

>自分が動物を食べないのは自由ですが、それを正義だとして押し付けるのは、私は極端な人だと思います。

彼女は「動物を食べないことが正義」としているわけはなく、「動物を食べないことにはちゃんとした理由がある」としているわけで、この番組でその理由を説明できると思っていたようですね。

これについては、先進国では「決してエキセントリックな話ではない」と認められており、私も 2020年 7月 9日に書いています。

肉を食うのは環境によくない
https://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2020/07/post-ff410e.html

さらに、こちらもどうぞ。
https://youtu.be/vB_2-XO33_Y

ただ、いずれにしても話の通じるはずのないところにノコノコ出てきたという時点で、彼女はアタマがおかしいわけで、やはり街を汚すような極端すぎる馬鹿なことをするだけのことはあります。

というわけで、やはりどっちもどっちです。

投稿: tak | 2023年12月10日 11:44

takさんは彼女を話を聞くに値する人と考えているようですけど、彼(私もそう思うけど)は彼女をテロリストと考えていると思います。テロリストとは交渉せず。ですね。

投稿: basara10 | 2023年12月11日 06:47

basara10 さん:

>takさんは彼女を話を聞くに値する人と考えているようですけど、

聞かなくても大体言いたいことはわかりきっていて、その内容に大きな価値があるとは思っていません、ただ、一応聞いてみるというのは「礼儀」というものです。

>彼(私もそう思うけど)は彼女をテロリストと考えていると思います。テロリストとは交渉せず。ですね。

彼が彼女の話は聞くに値しないもので、「テロリストとは交渉せず」と考えているのだとしたら(そう考えているのは明白ですが)、なぜ彼女を自分の番組に招いたのか、合理的な、あるいは「紳士的な」説明がつきません。

彼としては議論なんてどうでもよく、とにかく彼女の目の前でビッグマックを食ってみせるという悪趣味なパフォーマンスありきだったとしか考えられません。

その意味で、(念のためしつこく強調しておきますが、「彼女がテロリストであるとか、どちらが正しいかという議論は別として、この対話のみに注目する限り」という意味で)、議論を成立させようと努力していたのは明らかに彼女の方で、彼はぶち壊してビッグマックを食って見せる方向にもっていくことしか考えていません。

くどいようですが、この記事は、どちらが正しいかというような議論のために書いたのではありません。こんな馬鹿なビデオをみて、どちらが正しいかなんて議論する方がナンセンスというものです。

なぜならば、「両方ヒドい」としか言いようがないからです。

念のためさらにクドいほど書いておきますが、ヒドいのは、彼女のエクストリームな活動と、彼のこのビデオでのエクストリームなパフォーマンスです。ですから「この『議論のみ』に公平に注目」する限り、彼の悪趣味の方が目立ちます。

そうしたことが通じなかったとすれば、私の筆力の問題として、今後の努力課題とさせていただきます。

投稿: tak | 2023年12月11日 09:16

Brooklyn Tokyoさん「論破」がお好きなようですが、誰かさんと同じで普通とは違う意味でおっしゃっているようなので、漢字じゃなくて カタカナで「ロンパー」と書いてもらいたいものですね。
あ、 「romper」( https://www.ei-navi.jp/dictionary/content/romper/ )でも OKね。

投稿: Sam.Y | 2023年12月11日 16:51

Sam.Y さん:

>Brooklyn Tokyoさん「論破」がお好きなようですが、誰かさんと同じで普通とは違う意味でおっしゃっているようなので、

まったくそのようですね (^o^)

>漢字じゃなくて カタカナで「ロンパー」と書いてもらいたいものですね。
あ、 「romper」( https://www.ei-navi.jp/dictionary/content/romper/ )でも OKね。

まさに。

投稿: tak | 2023年12月11日 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び、「香港人、逃げろ!」 | トップページ | 流行語大賞を取り損ねた残念語 ー「キックバック」 »