« 凍った池のワニは、人間より始末がいい | トップページ | コーヒーショップなどで大声で話す客は困りもの »

2024年1月26日

ETC が「イーテック」だなんて、マジで初めて聞いた

Sebastian さんという方の ”ETC” に関する tweet がバズっているらしい(参照)。ETC 開発に関わっていた人が、その本当の呼び方は「イーテック」なのに皆が「イーティーシー」と呼んでいるので「苦労した」と話していたというのだが、そんな話、私はマジで初めて聞いたよ。

240126

調べてみると、高速道路での ETC 導入時に国土交通省が「ETC 愛称コンテスト」なるものを実施(公式文書は こちら)し、その結果「イーテック」に決まったのだそうだ。公式文書が平成 13年 7月 17日付だから  23年近く前の話で、「イーテック」は正式名称ではなくあくまでも愛称なのだとわかる。

事前の告知では、国交省自らが「愛称候補」として「E-テック」というのを挙げているのだが、決定されたのはオール・カタカナの「イーテック」である。この間には何かどうでもいいこじつけがあるのだろうが、今となっては知るよしもない。

もしかしたら JR 東日本の「E電」がまったく定着しなかったという極めてお恥ずかしい前例があるので、似たような感じを避けるために敢えてアルファベットの ”E” を避けたのかもしれない。そうだとしても結局は「無駄な抵抗」に終わったわけで、認知度はむしろ「E電」よりヒドいのだが。

なおこのコンテストの結果を告知する文書は、どういうわけか当事者たる国交省のサイトでは見つからず、山形県自動車整備振興会などのサイトに残されているのみである。国交省としては後になってこっ恥ずかしくなり、トボケるために人知れず削除してしまったんじゃないかと疑われて当然だ。

このあたりで基本的な話に戻ると、そもそも ”ETC" というのは ”Electronic Tall Collection Sysytem” の略で、直訳すれば「電子料金収受システム」だ。ただ、これって日本固有の名称のようで、「ETC の略称は国際的にはどうなってる?」なんて質問は無意味である。

そもそも海外では高速道路は基本無料という国が多いし、有料だとしても、例えばイタリアでは同じようなシステムを ”TELEPASS” と称しているようだ(参照)。これって、少なくとも ”ETC" よりは直観的にわかりやすいよね。

最後に触れておくが、”ETC" という文字を見たら「エトセトラ(et xetra)」の略語を思い浮かべがちだが、これ、フツーは ”etc." と、小文字で最後にピリオドを付けるのがお約束ってことをお忘れなく。

【同年 2月 5日 追記】

"ETC が「イーテック」だなんて、マジで初めて聞いた" なんてタイトルにしてしまったが、実は「初めて聞いた」ってわけじゃないと判明した。というのは、ほかならぬ自分の書いた 2005年 2月 15日付「愛称のすべり具合」という記事に、次のような記述があることに気付いたのである。

それから最近では、 道路公団が ETC のことを「Eテック」なんて呼ばせたかったようだが、これも見事にすべった。記憶にすら止まらない可能性が高い。

まあ、正確には「イーテック」と表記すべきだったのだが、本当に記憶にすら止まらなかったわけで、予言としては見事に当たっていたわけである。

 

|

« 凍った池のワニは、人間より始末がいい | トップページ | コーヒーショップなどで大声で話す客は困りもの »

言葉」カテゴリの記事

コメント

名前(商品名)を付けるというのは実に難しく且つ重要な作業です。イーテックやE電も何とか委員会ががんばって付けたんでしょうが、民衆に受け入れらなかったということですね。

E電なんてのは最初に聞いた時には ‶なんじゃこれは″と思いました。石原慎太郎氏も ‶こんな無神経な名称があるか″と怒ってましたね。JR東日本の現場サイドも E電なんて呼称を定着させようという気が全くなく駅で見かけたことが一回だったと記憶してます。

歌手の芸名も同様で、「一条英一」、「三谷謙」では鳴かず飛ばずでヒットしたのは「五木ひろし」になってからですね。(芸名以外の要因もあったと思います)
画数が少なく覚えやすいのがよかったのでしょう。

ところで、テレビ番組では A対Bの意味で VS と表記してそのままブイエスと読んでいるのに少しイラっとします。
vs.(小文字にピリオド) と表記してヴァーサスと読んで欲しいです。

VSについては次のような見解もあります。
https://www.nhk.or.jp/bunken/research/kotoba/20170601_3.html
VSはもう日本語なんだそうです。

投稿: ハマッコー | 2024年1月26日 21:34

ハマッコー さん:

「E電」に関しては、現場サイドとしても「そんなの、恥ずかしくて使えるか」という感覚だったんでしょうね。「イーテック」もそんな感じだと思います。

五木ひろしって、いろいろ芸名を変えたというのは聞いたことがありますが、「一条永一」はヒドいですね。当初はまともに売ろうとしてなかったんでしょう。

「ブイエス」には、私もイラッときますね。もう日本語になってるとしても、かなり趣味の悪い日本語です ^^;)

投稿: tak | 2024年1月26日 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凍った池のワニは、人間より始末がいい | トップページ | コーヒーショップなどで大声で話す客は困りもの »