« 「花より団子」という勘違いの、60年後の名誉挽回 | トップページ | 最北の甘み ー「知床みかん」プロジェクトが進行中 »

2024年3月31日

ジイさんはガラケーだが、バアさんは LINE ユーザー

ちょっと前までは、世の中の年配女性は IT 音痴の代表格と思われていたのだが、最近はかなり様変わりしている。バアさん同士のお楽しみ会やら何やらの連絡を、盛んに LINE で取り合っているようなのだ。

240331

一方、ジイさんには今でもガラケー・ユーザーが多く、インターネットの世の中ですっかり取り残されている。どうやら新聞とガラケーさえあれば十分と思っているようで、ショート・メッセージ(SMS)の扱いさえ覚束ない。

ちなみに最近はどこのオフィスを訪問してもすべてのデスクに PC が設置され、ほぼ完全に「1人 1台体制」となっている。つまり、デスクワークは PC でインターネットにつながりながらするものというのが常識になっているのだ。

日本の産業界がこうした状況になったのは、西暦 2000年前後からだと記憶している。それ以前、とくに ”Windows 95” が普及し始める 1995年までは、今となっては信じられないほどだが、紙に鉛筆で書いたものをコピーすればオフィシャル文書作成完了という時代だったのである。

そして現在 78〜80歳ぐらいとなっているジイさんたちの多くは、手書き文字を FAX でやり取りしていた段階で「世の中、便利になったものだ」と十分に満足し、PC なんかには指を触れたこともない人たちなのである。彼らは「パソコンなんか押しつけられる前に停年になって助かった」なんて思っている。

さらに下手に管理職なんかにまで出世したジイさんたちの多くは、現在 74〜75歳ぐらい(てことは「団塊の世代」)でも PC に触ったことがない。そうした仕事は部下に任せっぱなしだったのだ。霞ヶ関の官公庁なんかでエラソーな顔してたジイさんにしても、決して例外じゃない。

彼らは退職してからも IT 関連はできるだけ避けて通ろうとする傾向がある。現役時代に触らずに済んだのだから、退職してから触れるなんてとんでもないことと思っているので、当然「スマホ」なんてのも遠ざけておきたいわけだ。

だから彼らがサークルなどの役員になると、連絡を取り合うだけでも結構な「お荷物」になってしまう。私も 4月から居住地の自治会関連役員を 1年間勤めることになっているのだが、10人の役員のうち 75歳以上のジイさん 3〜4人はガラケー・ユーザーで、SMS も思うにまかせない。

そのため連絡はまるで大昔のように「紙の回覧板」を回すことになり、スマホを使うのが当然の若手(と言ってもほとんど 60歳以上なのだが)は、まるでタイムマシンで昔に戻ったような気がしている。

一方でバアさん連中は、ガラケーで音声通話しかできない夫を尻目にお茶やお花のサークルに所属し、LINE で話に花を咲かせている。サークルに入っていなくても、可愛い孫とのコミュニケーションに LINE は必須だから、ジイさんはここでも蚊帳の外だ。

彼女たちはスマホの初期設定みたいな面倒な作業は息子や娘にやってもらい、あとはルンルンでコミュニケーションを楽しんでいる。妙に小難しく考えて手を触れようとさえしないジイさんたちとはエラい違いだ。

というわけで今の世の中の最も決定的なデジタル・デバイドは、75歳以上のジイさんたちとそれ以外の層との間にあるとみてほぼ間違いない。

【4月 15日 追記】

4月 15日付で「バアさんがルンルンで LINE を楽しむ舞台裏」という記事をアップしたので、合わせてどうぞ。

|

« 「花より団子」という勘違いの、60年後の名誉挽回 | トップページ | 最北の甘み ー「知床みかん」プロジェクトが進行中 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

90歳近い知人はマンションの組合の役員として重宝されてるようです。パソコンでの文書造りはお手のもので大活躍してるようです。Windows の出はじめのころからの使い手で他の役員からすっかり頼りにされてしまってます。
その方の子息はⅯS社の幹部として勤務しており、強力な援軍になっているようです。ごく限られた例外でしょうね。
親戚の80歳の人は ‟おれはスマホ使えねんだよな”といって完全に諦めてます。これが普通ですね。

投稿: ハマッコー | 2024年4月 1日 00:12

ハマッコー さん:

90歳 近い方が Winsows 出始めの頃から使われていたとなると、ほとんど還暦の頃からのチャレンジですね。大したものです。

>親戚の80歳の人は ‟おれはスマホ使えねんだよな”といって完全に諦めてます。これが普通ですね。

私の知り合いに限れば、80歳以上でも大抵の女性はスマホで LINE 使ってますが、男性はほぼ全員ガラケーですね。女性の対応力はスゴいものです。

投稿: tak | 2024年4月 1日 06:54

91歳の父と89歳の母がいます。5年ほど前にそろってらくらくスマホを買い与えました。父はトリセツにマーカーでラインを引きながら熟読、しかし結局電話以外に使うことがなく故障をきっかけにガラケーに戻りました。母は僕に使い方を訊きながら使い方を覚えいろいろ検索したりして重宝しているようです。
若い人に訊ける「ずうずうしさ」が男女の違いかもしれません。

投稿: マッシュ | 2024年4月 1日 07:06

マッシュ さん:

>若い人に訊ける「ずうずうしさ」が男女の違いかもしれません。

なるほど、その点に関しては私も「彼女たちはスマホの初期設定みたいな面倒な作業は息子や娘にやってもらい、あとはルンルンで・・・」と書いていますが、あえて「ずうずうしさ」と表現すると、意外なほどにしっくりきますね。

投稿: tak | 2024年4月 1日 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「花より団子」という勘違いの、60年後の名誉挽回 | トップページ | 最北の甘み ー「知床みかん」プロジェクトが進行中 »