« 自転車のヘルメット着用と右側通行の問題について | トップページ | 「日本人は外国人嫌い」ということについて »

2024年5月 7日

鯉のぼりの「布製」と「ナイロン製」という表記って?

2日遅れの話題となってしまったが、HUFFPOST がウェザーニュースの "「鯉のぼり」の泳ぐ風速ってどれくらい? 5月5日はこどもの日" という記事を紹介している。「ゴールデンウィーク終盤の 5月 5日はこどもの日。鯉のぼりが元気に泳ぐ風速について解説します」というサブタイトル付きだ。

2405071

ウエザーニュースならではのおもしろい視点の記事だが、中身を読んでちょっと残念な気持ちになった。というのは、下の図のように鯉のぼりの分類の仕方が「布製」「ナイロン製」「子供用」という 3種類なのである。

240507

これ、分類としてはメチャクチャだ。というのは、「布製でない鯉のぼり」なんて「紙で作ったおもちゃ」ぐらいのものだからだ。

この場合、「布製」は「大分類」、「ナイロン製」は「中分類」だから、「含む・含まれる」の関係である。綿だろうがウールだろうが、ポリエステルだろうがナイロンだろうが、糸を織れば「布」 で、「ナイロン」はその素材だから、同列に並べることはできない。

さらに「子供用」と言ってしまうと、それは素材についてはまったく問わず、単に「小さなヤツ」ってなことなのだろう。これではまったく分類になっておらず、単に「雰囲気のモノ」でしかない。

想像するに、この生地の「布製」というのは多分伝統的な「綿織物」を指しているつもりなのだと思われる。一方、「ナイロン製」は「合成繊維織物」(おそらくポリエステルもごっちゃになってる)を使ったものというココロなのだろう。

そうでなければ、「ナイロン製」というのはナイロンの樹脂を糸にせず、そのまま延ばしてビニール袋みたいな筒状に整形したものということになってしまう。そんな鯉のぼりは存在しないが、あったとしたら破れやすいだろうなあ。

雛人形、五月人形、鯉のぼりなどを扱う prefer というサイトの「鯉のぼりが表しているものは? どんな素材でできているの?」というページの説明によれば、最近の鯉のぼりの素材は「ポリエステル生地とナイロン生地が主流」とある。綿生地は一般的ではなくなっているようだ。

綿はナイロンやポリエステルより比重が重いから、綿製の鯉のぼりを泳がせるには結構な風が吹かなければならない。最近の鯉のぼりがちょっとした風でも元気に泳いでいるのは、軽いからなのだね。

ちなみに、屋外が舞台となる鯉のぼりというのは直射日光による退色が進みやすく、案外寿命が短いようだ。徳永鯉のぼりというメーカーのサイトでは、ポリエステル製はナイロン製よりやや退色しにくいものの「5~8年程度で色褪せがはじまる場合があります」とされている(参照)。

2405072

なるほど、5月の連休になると一時は小貝川を横断してズラリと吊されていた鯉のぼりが最近はかなり淋しくなってきたのは、どんどん寿命が来ちゃってるからなのだろうね。雛人形だと江戸時代に作られた値打物の骨董品が博物館などに展示されたりしているが、それとはエラい違いだ。

こうした視点からも、男の子とは哀しいものである。

 

|

« 自転車のヘルメット着用と右側通行の問題について | トップページ | 「日本人は外国人嫌い」ということについて »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

これってナイロン生地であれば鯉のサイズは3mでも100mでも風速3~5mで泳ぎ始めるってことなんですかね?

だとしたらちょっと意外な感じ。

投稿: 重箱の隅 | 2024年5月 8日 04:04

重箱の隅 さん:

わはは (^o^)

ごくフツーのサイズの鯉のぼりを想定してるんでしょうね。

大きくなったら、重量は増えるけど、風を受ける面積も広がりますね。ただ、鯉のぼりの内側を通り抜けるうちに風は弱まってしまい、尻尾の方までは泳がせられないでしょうし・・・

複雑な計算をしなければなりませんね。実際に作って実験するほどの物好きもいないでしょうから。

投稿: tak | 2024年5月 8日 06:53

加須市の100m鯉のぼり(ポリエステル製330kg)は、風速10mで速すぎて危険とのことなので、意外と通常サイズの鯉のぼりと同じ風で泳ぐみたいですね。
実際それほど強い風では無さそうですが見事なものです。
https://youtu.be/jcTxmDm4TRY?si=42VHqd7VTjUrznPk&t=108

投稿: らむね | 2024年5月 8日 12:17

らむね さん:

へぇ〜〜!! 全長 100m の鯉のぼりって、実在するんですね。知りませんでした。

世の中は広いものです!

投稿: tak | 2024年5月 8日 13:01

昔の綿製品の鯉のぼりは、カラッと晴れた空を泳いでいても、ズッシリ重かった記憶です。

ポリでもなんでも化繊の鯉のぼりは、そりゃぁもう!青空を楽しんでいるくらい泳いでおりました。
カビるかカビにくいか、突然の雨にも、化繊の方が楽だなぁと、思い出しました。

投稿: 乙痴庵 | 2024年5月18日 15:32

乙痴庵 さん:

確かに重かったですよね。なかなか爽やかに泳いではくれませんでした。

そして私が子どもの頃にあった鯉のぼりは中古品だったらしく、いつの間にか色褪せてしまったようで、ひっそりと処分されていたようです(^o^)

投稿: tak | 2024年5月18日 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車のヘルメット着用と右側通行の問題について | トップページ | 「日本人は外国人嫌い」ということについて »