« 『猫じゃ猫じゃ』を巡る冒険 | トップページ | 暗証番号に凝るより、カードそのものの管理が大切 »

2024年5月17日

8,540円分のキセルで 134万円支払った茨城県職員

本日はローカル・ニュース、しかも茨城県ネタで、茨城県職員のキセル乗車が発覚したというお話だ(参照)。それにしても、8,540円分のキセルで JR に 134万円支払わなければならなかったということについては、「へぇ〜!」と言いたくなってしまうよね。

240517

このキセルの手口というのは、こんなことだったようだ。

昨年11月28日、自宅最寄りのJR水戸駅から乗車し、県北部の高萩市へ出張するため高萩駅で降車。通勤定期券の区間外となる運賃420円を支払う必要があったが、事前に準備していた別の区間の切符(190円)を使用し、改札で記録が残らない無人駅から乗車したように装っていた。

これ、FNN ニュースの画面で見るとわかりやすいので、下に貼り付けておく。

2405172

みればセコすぎると言いたくなるほどのもので、片道 230円を浮かせるために、本来の下車駅の 1つ先にある無人駅、南中郷駅まで行って最低料金 190円の切符を買い、そこから折り返してその切符で下車していたというのである。

190円の切符を買うためにさらに 190円払って南中郷駅まで行ったら 40円しか浮かないじゃないかと思ってしまうが、そこはそれ、南中郷駅では無人改札を素通りしてたんだろうね。

そもそもこの職員が高萩まで行ったのは「出張」ということのようだから、交通費は県に請求すれば全額支払ってもらえるもののはずだ。にも関わらす 1本早めの便に乗って折り返してまで、しっかりと 230円チョロまかしていたというわけだ。

さらに往復で 460円浮かせてたとしたら、帰路でも南中郷駅まで行って折り返さなければならない。あの辺り、そんなに本数の多い区間じゃないんだから、私に言わせたら完全に「時間の無駄」でしかないのだが、出張の度に同じことを繰り返していたようで、気の遠くなるほどマメな話である。

このチョーマメな職員は同じ手口を 10回繰り返した上に、グリーン料金を払わずにグリーン車に乗るなんてことまでしていたので、セコさの割に「かなり悪質」と見られ、JR東日本の規定通りの厳しい罰則料金を請求されたのだろう。そしてこの料金は、既に JR に支払い済みのようだ。

この職員がゴネもせずに 134万円支払ったというのは、さらに深い事情があるとしか思えない。ここまでマメな手口を使ってまでキセルを繰り返すというのはおそらく常習犯で、もっと言えば愉快犯的ですらある。発覚した 10回にとどまらず、もっとずっと前からやってたんだろう。

これまで 30年ぐらい繰り返してきたとすれば、大小さまざまのキセル金額を合計してこれに近いぐらいに達していてもおかしくない。というわけで「大きな利息付き後払い」になってしまったと思えば、諦めがつくのかもしれないね。

ただ、そのために失った馬鹿馬鹿しいほど無駄な時間までは戻らず、気の毒な限りだが。

 

|

« 『猫じゃ猫じゃ』を巡る冒険 | トップページ | 暗証番号に凝るより、カードそのものの管理が大切 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

前に何かで見ましたが、「奥さんが旦那さんの休日に定期券を借りて1日だけ電車乗った」みたいな場合でも、発覚すれば全期間分で計算されるみたいですね。かくいう私も30年前の小田原駅の改札システムの穴を突いて数回キセルしたことがありますが、伏してご容赦を。

投稿: らむね | 2024年5月17日 16:29

通勤時間帯の大宮横浜間は混雑の為グリーン車の検札はまず来ません。見てると途中駅でグリーン車に乗ってくる人は普通料金のみでグリーン車に乗ってくる人が多いですね。
JRもその辺りの不正は認知してると思いますが、人手不足のためどうにもできないようです。仮に車内で検札があっても車内でグリーン料金払うつもりだったと言えばそれで済んでしまいます。
ところで、グリーン車の料金は101㎞以上1000円がいきなり1550円に値上がりしたのでびっくりです。

不正が多いのは外国人ですね。着駅で切符がないふりして「ニホンゴワカラナーイ」と言われて田舎の駅員は簡単に騙されてますね。彼らの間では不正乗車の手口が伝授されてるようです。

投稿: ハマッコー | 2024年5月17日 23:44

らむね さん:

定期券を使ったキセルって、何だか「全てか無か」みたいなところがあるんですね。

まあ、キセルに関しては、大昔の自動改札でなかった頃はしてない者がいないぐらいでしたからね。時効ということで許してもらいましょう (^o^)

投稿: tak | 2024年5月18日 07:07

ハマッコー さん:

へえ、グリーン車って案外不正乗車し放題なんですね。

私はグリーン車に乗ったことがたった 1度だけありますが、帰省先から東京に戻る際に特急の普通車が満席だったので、清水の舞台から飛び降りるつもりでグリーン車の指定席を取ったのでした。

その時の印象は、何だか気取ったオッサンとかオバサンばっかりで、いい感じがしなかったのを覚えています。グリーン車はそれっきり避けています (^o^)

投稿: tak | 2024年5月18日 07:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『猫じゃ猫じゃ』を巡る冒険 | トップページ | 暗証番号に凝るより、カードそのものの管理が大切 »