« 『ドレミの歌』の「シ」と "tea" の謎が解けた | トップページ | 飲食店で傍若無人の大声で話すオバサンという存在 »

2024年6月13日

喫茶店などでオバサンたちに付けてもらいたいマスク

PC Watch に「70cm離れれば声を聞かれない消音マスク」という記事がある。Web 会議用に自分の声を消音して周りから聞き取りにくくするためのものだそうだ。なるほど、これなら個室でなくても Web 会議に参加できるだろう。

2406131

ただ、この記事を読んで私は「web 会議以外にもふさわしい用途がある!」と思ってしまった。それはコーヒーショップなどに集まってやたらかしましい嬌声で世間話に花を咲かせるオバサンたちにこそ付けてもらいたいということである。

仕事などで外出してちょっと隙間時間ができてしまった時など、コーヒーショップに入り ノート PC を広げて仕事をすることがよくある。ところがそんな時に限って、賑やかなオバサン・グループがドヤドヤっと入って来て、隣のテーブルでピャーピャー頭に響く嬌声をあげ始め、仕事の邪魔をするのだ。

あのオバサンたち、目の前 70cm の距離にいるお友達に声が届きさえすれば十分なはずなのに、店全体に響き渡る大声で話し、それが 1秒として途切れることなく延々と続くのである。周囲への配慮なんて、生まれてこの方一度も考えたことがないのだろうね。

はっきり言ってうるさくてたまらないし、そのように感じているのは決して私だけじゃない。試しに「喫茶店 おばさん うるさい」の 3語でググると、こんなにたくさんの悲痛なまでの訴えが検索される。

さらにあのオバサンたち、大声で話すのは何も喫茶店やレストランでだけというわけじゃない。これは前にも書いたことがあるのだが、講演会や授業参観の真っ最中でもお構いなしに世間話に花を咲かせるのだ(参照)。単純な話、話をしたかったら外に出ればいいのだが、そんな気配はまったく見せない。

そればかりでなく美術館でもオバサン・グループの嬌声はかなり迷惑だし(参照)、さらにコロナの予防接種の場で、オバアサンたち(オバサンじゃない)がやたらうるさかったという話もあったんだった(参照)。

マグロやサメは泳ぎ続けていないと死ぬと言われるが、オバサンといいオバアサンといい、しゃべり続けていないと死んでしまうんだろうと本気で思ってしまう。

というわけで、世の中のオバサンたちにはぜひこの消音マスクを身に付けてもらいたいと思った次第なのである。ただ、あの人たちって、自分が周囲に迷惑がられてるなんてつゆほども気付いていないみたいだから、無理だろうなあ。

最後に念のため付け加えておくが、世の中のオバサンたちがすべてうるさいってわけでは決してない。当然ながら静かに会話してる人の方が多いのだが、まあ、とにかくうるさい人たちの 90%以上はオバサン・グループなのだよね。

 

|

« 『ドレミの歌』の「シ」と "tea" の謎が解けた | トップページ | 飲食店で傍若無人の大声で話すオバサンという存在 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ドレミの歌』の「シ」と "tea" の謎が解けた | トップページ | 飲食店で傍若無人の大声で話すオバサンという存在 »