« 「3文字略語」を巡る冒険 - AED と NHK | トップページ | 喫茶店などでオバサンたちに付けてもらいたいマスク »

2024年6月12日

『ドレミの歌』の「シ」と "tea" の謎が解けた

実は長い間の疑問があった。それはほぼ 60年にわたって抱き続けてきたの疑問なのだが、『ドレミの歌』のオリジナル版(英語版)の歌詞についてである。

2406121

『ドレミの歌』の出だし、「ドはドーナツのド」はペギー葉山の訳詞によるもので、オリジナル版では "Doe, a deer, female deer" (ドゥは鹿よ、牝の鹿)と歌われる。「鹿」は英語で "deer" だが、「牝鹿」は "doe" になるのだ。以下、こんな具合である。

2406123

一見して気付くように、日本語版では「は幸せよ」と歌われる部分が、英語のオリジナル版では「ティはジャム付きパンに付いてる飲み物よ」である。

英語では「」が「ティ」のようで、実際にそう歌われてるんだからそう信じるしかない。ただ、どうしてそうなるのかまで納得したわけではなく、ずっと心の底に引っかかっていた。

"Do, Re, Mi..." は、実はイタリア語である。英語ではフツーは音階を "C, D, E..." で表す(ドイツ語もほぼ同様だが、「注記」を参照のこと)のだが、米国人でも "Do, Re, Mi..." にはある程度馴染みがあり、『ドレミの歌』はちょっとオシャレにイタリア式なのだが、なぜか「」が「ティ」なのだ。

ずっと不思議でしょうがなかったのだが、このまま死ぬまで不思議がっていてもしょうがないと思い立ち、おもむろにインターネットで調べたところ、長年の謎があっという間に解けてしまったのである。Yahoo 知恵袋にある nan**** さんの解答が分かりやすいので以下に引用させていただく。

音感を鍛えるのには、メロディーを「ドレミ・・・」で歌うのが有効ですが、♭や ♯ のあるメロディーは困ります。

英語圏では、♯ は母音を i、♭ は母音を e に変えて発音するようにして、メロディーを音階で歌えるように工夫したそうです。ド♯ は di レ♯ は ri という要領です。

そうすると ソ♯ が si になってしまうので、英語圏では シ を ti に変えました。

なるほど、「シ」をまんま "Si" と言ってしまうと、"ソ♯" と同じ発音になって区別がつかないので、敢えて "ti" にしてしまったというわけか。積年の疑問の解け方が呆気なさ過ぎて不満なほどだ。

とはいえ、昔はこんなに容易には調べがつかなかった。インターネットのある世の中って本当にありがたい。

【注記】

英語では「シ」の音は "B" だが、ドイツ語だと "H"(ハー)で、♭ が付いた場合に限り "B"(べー)になる。つまりドイツ語式で「べー」と言ったら、それはとりもなおさず英語式での "B♭" (ビー・フラット)のこと。詳しくは こちら を参照。

 

|

« 「3文字略語」を巡る冒険 - AED と NHK | トップページ | 喫茶店などでオバサンたちに付けてもらいたいマスク »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ドレミの歌の英語歌詞、初めて知りました。知りましたなんですが・・・

え?これ、「ラ~はソの次よ~」って言ってますか!?

投稿: らむね | 2024年6月12日 16:43

らむね さん:

言ってますね。

La とか lar とかいう英単語ってないので、しょうがないんでしょうね。ロサンジェルスよと言うわけにもいかないし ^^;)

投稿: tak | 2024年6月12日 19:24

わー「Sound of Music」の歌詞の内容がわかりました!
「シ」の音だけなんで「ティー」ってい歌ってるのか謎がとけました。ありがとうございます☆

大好きなんですよ、あの映画♪

投稿: Senna | 2024年6月13日 20:19

Senna さん:

「ティ」って、やっぱり多くの人にとっての謎だったんですね。

お役に立てて何よりです (^o^)

投稿: tak | 2024年6月13日 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「3文字略語」を巡る冒険 - AED と NHK | トップページ | 喫茶店などでオバサンたちに付けてもらいたいマスク »