カテゴリー「スポーツ」の118件の記事

2020年1月12日

自らの身勝手なラグビー・ファンぶりを反省

昨日迂闊なことに、ラグビーの大学選手権の中継を見るのをすっかり忘れていた。本当に久しぶりに母校が決勝に進出し、しかも往年の宿敵、明治大学を下して優勝しているというのに、私といえばその頃、しんねりむっつり PC に向かって仕事なんてしていたのだ。

2001122 

思えば母校が文句なしのラグビー強豪校だった頃、正月の大学選手権決勝の日は、時にはラグビー好きの友人も交えてテレビに向かい、大声援を送っていたのである。それはほぼ毎年の恒例行事で、家族の間でもこの日ばかりは「お父さんの邪魔しちゃダメよ」ということになっていたほどなのだ。

しかし最近のワセダ・ラグビーは、長期の低迷状態にあった。大学選手権決勝に出られないどころか、3回戦ぐらいで敗退することすら珍しくなくなっていたのである。そんなわけで、正月の日曜日、テレビに向かって大声援を送るなんてことから遠ざかっていたのだった。

ところが昨日、なんとまあ、母校は 11年ぶりの優勝を遂げてしまった。そのニュースを夕方に知った私は、どう対応していいかわからなかったのである。あまりにも優勝から遠ざかっていたので、喜び方を忘れてしまっていたことを、Twitter にも上の写真のように率直に書いている。

というわけで、本当に反省している。私は常々、世の巨人ファンという種族について「単に勝馬に乗りたいだけじゃん!」なんて安易な批判をしてきたわけだが、それが我が身に返ってきてしまうじゃないか。

「母校が強い間だけさんざん調子に乗って、低迷するとテレビを見ることすら忘れてるなんて、薄情にもほどがある」と言われても仕方がない。まったく身勝手な話なのである。

というわけで私は反省の意を込めて、「今年の秋以降、きちんと大学ラグビーに注目します」と宣言させていただく。「ワセダが復活した途端に、それを言い出すか」と言われそうで心苦しいが、そこは「ラグビーへの忠義立て」の方を優先しているので、ご理解頂きたい。

| | コメント (0)

2020年1月 4日

「つくば霞ヶ浦りんりんロード」がナショナルルートに

霞ヶ浦を周回する自転車道「つくば霞ヶ浦りんりんロード」(約 180km)が昨年 11月、国土交通省によって「ナショナルサイクルルート」の第一弾の 1つに選定された(参照)。選ばれたのは 3ルートで、ほかの 2つは 「しまなみ海道サイクリングロード」(広島、愛媛両県、約 70キロ)、「ビワイチ」(滋賀県、約 190キロ)。

200104

この「りんりんロード」はなにしろ全長が約 180km もあるので、まだコース全部を走りきったことはない。4年前の今日、自転車で土浦駅まで行き、りんりんロードを 30km ほど辿って霞ヶ浦湖岸を走り、そこから裏筑波に行って帰ってきた(参照)。この時は何しろヒルクライムまでしてしまったので、かなり疲れた記憶がある。

季節がよくなったら、裏筑波に行くのはカットして霞ヶ浦湖岸を廻ってみたいと思っている。道は平坦だが 180km もあるので、クルマに自転車を積んで朝早く出発し、暗くなってから帰ってこなければならないだろう。時間的に余裕のある時でないと、全コースを辿るのは大変だ。

さらにしまなみ海道とビワイチも、いつか行ってみたい。70歳を過ぎてからでは辛いだろうから、具体的に考えてみようと思う。

 

| | コメント (0)

2019年9月28日

「いきいき茨城ゆめ国体」とやらの開会式だったらしい

今朝、水戸方面に用があって常磐高速に乗っかると、いつになく交通量が多い。一体何事かと思ったら、今日が茨城国体の開会式だったのだそうだ。NHK が "令和初の国体 「茨城国体」が開幕" と伝えている。

190928

そういえば「いきいき茨城ゆめ国体」なんて書かれたポスターを見かけたことがあるような気がするが、それが今日からだったとはちっとも知らなかった。それから「このアヤシいヤツ、何者 !?」と思っていた着ぐるみみたいなのが「いばラッキー」という名で、この国体のマスコットキャラクターだったとも、今日初めて知った。

ググって見ると、2年前の正月に「いばらきロボッツ いばラッキー みとちゃんダンス」なんて動画が YouTube に登録されている(右側にいるのが、いばラッキー)。アップしたのは「いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会水戸市実行委員会」という組織のようだ。

ところが悲しいことに、この動画は 2年半以上経った今日まで 400回しか試聴されておらず、このダンスが披露された体育館の観客席も淋しい限りの入りである。動画には前年の国体開催県、熊本の「くまもん」も登場するが、「いばラッキー」とではネームバリューに悲しいほどの差がある。

「いばラッキー」は誰がデザインしたのか知らないが、見れば見るほどお世辞にも「できのいいキャラ」とは言えない。申し訳ないが、この国体が終わったらすぐに忘れ去られてしまうだろう。

近年は「国民体育大会」というもののニュースバリューが低下の一途を辿っており、私としては「開催県でしか注目されないんじゃないの?」なんて思っていた。しかしこうした現実を見ると、開催県でも注目されていないのが実情のようだ。

 

| | コメント (2)

2019年9月21日

ラグビーと音痴の関連について

ラグビーのワールドカップが開幕した。私としては、「ラグビーって見てると興奮しすぎて疲れるから、できれば卒業したい」なんて思っていたのだが、始まってみるとついテレビの前でアツくなってしまった。初戦はロシアに勝って万々歳である。

190921

写真は前半 11分に松島が決めた日本の最初のトライ。テレビの液晶画面って、写真に撮るとこんな感じになってしまうのだということを初めて知った。

実は私は決してラグビーの「にわかファン」というわけじゃなく、黄金時代のワセダに長く在籍していたから(何しろ大学院まで行っちゃったもので)、時には秩父宮ラグビー場まで行って観戦するほどだった。実況放送でアナウンサーが説明してくれなくても、少なくとも「今、どういう状況なのか」ぐらいは理解できる。

で、今日はワールドカップ関連ではあるが、ラグビーそのものの話じゃない。試合前の「国歌」に関する話題である。昨日は平原綾香が『君が代』独唱を行った。彼女の低音は独特の迫力があって、とくに最初の「きみがー」の部分はゾクゾクするほどだった。NHK で聞き慣れているバージョンの 4度も下に移調して歌っていたからね。

そして次にロシア国歌の番になり、独唱歌手(ごめん、名前わからない)に合わせて選手やロシア人の観客たちも一緒に歌っていたのだが、これがどういうわけか、音痴揃いなのである。とにかくそれぞれが勝手に音程外れまくりでわめいたりつぶやいたりするだけで、悪いけど聞いていて啞然とするほどだった。

そして申し訳ないけど、「やっぱりロシア人って、歌の下手なのが多いんだ」と再認識してしまったのである。

ここで「再認識」と言うには、それなりのわけがある。20代の頃だから 40年も前の話だが、私の田舎でよく「フォーク・コンサート」なんてものがやられていて、私も帰郷の際には出演して歌ったりしていた。そんな時、地元の酒田港に入港していたロシア船の船員たちも聞きに来ることがあった。

とにかく自由なコンサートだったから、出演者も観客も酒瓶抱えてほろ酔い加減で、「飛び入り」も歓迎である。すると観客の中からロシア人が、「俺にも歌わせろ」と飛び入りすることになる。ロシア語はさっぱりわからないが酒のせいもあり、その場の「ノリ」で、「おぉ、どんどんやってくれ!『カチューシャ』聞かせろ!」とばかりに、ギターを貸してステージに上げる。

そしてロシア人はおもむろにロシアの歌(らしい)を始めるのだが、これが呆れるほど下手というか、もっと言えば「音痴」なのである。ギターもただかき鳴らすだけで、まともには弾けていない。ロシア人仲間の歌もひたすらバラバラで、本来どんなメロディの曲なのかすら想像がつかない。

というわけで、私は自然に「フツーのロシア人って、歌がムチャクチャ下手なのに、なぜか音楽は好きみたいだよね。ロシアのクラシック歌手が見事に朗々と歌うのは、あくまでも特殊ケースなんだろうね」と思うようになった。昨夜は図らずもそれを思い出してしまったのである。

昨日のゲームで日本チームがとくに前半、ボールが手に付かなくてノッコン(正式の日本語では「ノックオン」というみたいだが)しまくりだったのは、あの超絶調子っぱずれの歌をすぐ近くで聴かされて体の中の軸がズレてしまったからに違いないと、勝手に思っている。

そう言えば昔、ワセダの試合を見るために秩父宮に行くと、その前の試合の「東大 vs 立教」の後半なんかに居合わせてしまうことがあった。仕方がないから、お付き合いで観戦してしまう。

こう言っちゃなんだが、この 2校のゲームと言うのは、(当時は)互いに意図もなくハイ・パントを上げては落下地点にわーっと群がり、まともに捕れなくて落としまくるわ、あげくはタッチに蹴り出そうとしても届かないわという「目の腐るような試合」だった。お目当てのワセダの試合を前に、「いざ決戦」の士気が萎えてしまうほどだったのを覚えている。

昨日のロシア国歌を聞いた時の感覚は、どこかあの「萎え感」に似ていると思ってしまった。

| | コメント (4)

2018年9月 8日

私が e スポーツのオリンピック種目化に反対する理由

「e スポーツ」がオリンピック種目として採用されることに関して、賛成・反対の論議が盛んになっている(参照)。昨日だったか一昨日だったか、ちらっと見たテレビ番組でもタレントやスポーツ選手がそれぞれの意見を述べていた。

180908

驚いたのは、何とかいう元プロ野球選手が「反対」を表明していたことである。彼が反対なのは、「そもそもその言葉、今日初めて知ったし、そんなのスポーツじゃない」からだという。今日初めて知ったことについて、テレビで賛成だの反対だの、よく言えるものだと啞然とした。

こうした、いわば「好きか/嫌いか」だけで物事を判断するタイプというのは、飲み会では楽しいだろうが、議論の場にはいて欲しくない。真摯な態度としては、「知ったばかりのことなので、現時点では賛成か反対かを表明できない」と言うべきだったろう。自分の好き嫌いは、脇に置いといて。

で、私の意見を述べるとすれば、「反対」である。その理由は「e スポーツがオリンピック種目としてふさわしくない」というようなことではなく、オリンピックはこれ以上際限なく種目を増やし続けるべきではないということだ。それには「貴金属の確保」という問題も含まれる。

これ以上「いいわ、いいわ」で種目を増やし続けたら際限がない。幸いなことに e スポーツは、これまでのコンベンショナル・スポーツとは明確に一線が引けるから、オリンピックとは別の次元のものとして、勝手に発展すればいいと思う。自動車レース(F1、ラリーなど)はずっとその路線で独自のステイタスを作り上げているし、e スポーツもその方向性でいけるはずだ。

貴金属の確保という問題に関しては、2020年の東京オリンピックでも、銀の確保の見通しがまだ立っていないと報じられている(参照)。銀は金メダルの地金(金メダルは、銀にメッキしたもの)としても使われるので、桁違いの量が必要になるのだ。この上まだ種目が増え続けたら、資源の確保にも関わる問題になりかねない。

いずれにしても、昨今のオリンピックの過度の商業主義化は、規模の拡大によって必然的にもたらされたものだ。規模をさらに拡大し続け、さらに e スポーツなんかが加わったりしたら、どんなにケバいものになるか想像もつかない。

あるいは、オリンピックがとてつもなく大規模でケバケバしいものになりすぎて、制御不能に陥り、自滅してしまうのを待つという手もあるかもしれないけど、そこに至るまでのプロセスが鬱陶しすぎる。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2018年6月15日

体を動かす方が、疲労回復のためにいい

一昨日、昨日と大阪に出張して、交通機関は新幹線を使った。片道約 2時間 30分の旅である。私が初めて東海道新幹線に乗ったのは 1970年のことで、この時は東京、新大阪間が 3時間 10分かかったという記憶がある。そして前世紀末頃には 2時間 30分ぐらいになった。この差は結構大きい。

180615

いつも不思議に思っていたのだが、新幹線車内では 2時間半の間、ただ座っているだけで、せいぜいスマホを眺める程度のことしかしないのに、なぜか結構疲れるのである。東京駅で下車し、つくばの自宅に着く頃にはぐったり疲れたりしている。

昨日、東京駅で下車して「上野東京ライン」の快速電車に乗り換えたときは、それほど混んではおらず、空席もかなりあったのだが、疲れているのになぜか座席に腰を下ろす気になれず、取手駅で下車するまでの 50分以上、ずっと立っていた。立ったままで、車両の揺れに任せて微妙に体を動かしている方が楽なのである。

そしてタイミングのいいことに、帰宅してから読んだメルマガに、どうして立っている方が楽なのかという解答があった。「休日に動かない人ほど疲れが取れないワケ 逆に体を動かした方が回復を図れる」という東洋経済の記事である。人間の体は本来動くようにできているので、最新の研究では動かない方が不自然で、疲れることが分かっているのだそうだ。。

記事によると、疲れを取るには「ゆっくり走る」「泳ぐ」といった軽い有酸素運動を 20分ほど行うのがベストで、"「疲れないためにじっとしている」よりも、体を軽く動かしたほうが、「血流が促進されて脳と体にたくさん酸素を運ぶことができ、疲労物質の対流(ママ: 多分「滞留」の変換ミスだろう)を防ぐ」 ことになるとある。ということは、新幹線から乗り換えて座席に座らなかったのは、体が無意識のうちに正しい選択をしていたわけだ。

現代のスポーツ医学では、「ある程度体を動かしたほうが回復が早くなる」という「動的回復」が主流で、従来の「休む=じっとする」ままであれば、体のダメージを余計に増大させてしまうことになりかねないというのである。

とはいえ、アスリートならぬごくフツーの人間としては、ぐったり疲れてしまうと体を動かすことも億劫になる。疲れた時にきちんと体を動かそうという気分になれるためにも、普段からエクササイズしておくことが必要だろう。要するに「動く方が気持ちがいい」と、よく知ってる体に保っておきたいということだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年5月15日

車いすバスケットボールのポスターでちょっと

先日、電車内でみかけたパラリンピック関連の吊り広告で、なんだか納得いかないのがあったので、ここに掲げておく。もしかして単に私の知識足らずに過ぎないのかも知れないので、詳しい人のコメントを期待したい。

1805152

何が納得いかないのかというと、車椅子バスケットボールに関する解説で、「ジャンプの代わりに片輪を浮かせる」 ということに関してだ。上に画像を掲げておく。これに関する説明として、次のように書いてある。

一般のバスケットボールと同様に、高さが有利に働く車いすバスケットボール。車いすではジャンプができない代わりに、片方の車輪をあげて高さを確保する「ティルティング」というテクニックがあります。絶妙なバランスで繰り出す凄技は必見です。

しかし、実際のイラストを見ると、2人の選手が競り合ってボールを奪い合っているが、2人ともボールに伸ばした腕の、反対側の車輪を上げているのである。これではボールに対する「高さ」が、ちっとも確保されていない。

一方、「ティルティング バスケットボール」のキーワードで画像検索すると、下のような写真が表示された。これなら、シュートしようとしてボールを持った方の手の「高さ」をしっかりと確保できていて、なるほど「高い打点を維持」という字幕も納得できる。

1805153

ポスターのイラストから考察すると、競技用の車いすは車輪が前後から見て 「ハ」 の字型に付いているので、この場合は 2人の選手がお互いに伸ばした腕の側の車輪を垂直にして、ボールの真下に入ろうとした結果なのかもしれない。ただ、これは必然性はあるが、「高さを確保するため」ではなく「位置を確保するため」なので、解説文とそぐわない。

あるいは、2人の選手がボール下に勢いよく入り込んだ際に、勢い余って反対側の車輪が持ち上がってしまっているとも想像できる。いずれにしてもこのポスターは、イラストにするための写真の選択を、ちょっと誤ってしまったのではないかと思うのである。

ちなみに 「ティルティング」とは "tilt"(傾ける) という英単語から来ている。クルマの世界ではハンドルの角度を変えられるのを、誰が言い始めたのか、ダサダサに訛って 「チルト・ステアリング」 なんて言っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月28日

「女子相撲」 というのがあるとは知らなかった

相撲の土俵に女性を上げないのはいかがなものかと、あれこれ話題になっている中で、「私立高で相撲を指導していた夫婦、セクハラを繰り返す 『気持ち悪い』と退部した女子部員も」なんて報じられた。このニュースのおかげで、女子部員の在籍する高校相撲部があるということを、初めて知った。

180428

検索してみると、「日本女子相撲連盟」という組織があって、平成 9年に「第1回全日本新相撲選手権大会」というのが開催されていたという。「世界女子相撲選手権大会」まで開催されているなんてことまで書いてあって、私はそんなこと、ちっとも知らなかったよ。ちなみに競技は体重別で行われ、レオタードの上にまわしを付けるというスタイルで行われるという。

この日本女子相撲連盟という組織は、大相撲の「土俵に女性を上げない」という問題では「我関せず」と沈黙を守っていて、少なくともこれに関する公式発言は探しても見当たらなかった。女子相撲は「あくまでもスポーツ」というスタンスであるらしく、大相撲のような神事的要素は極力排しているようなのである。

一方の大相撲協会の方も、Wikipedia によると相撲のオリンピック競技化を目指し、「新相撲」として女子相撲連盟の設立に協力したという経緯があるというのだが、この件に関する公式発言はまったくない。そりゃそうだ。表沙汰にしてまさに「同じ土俵」に立ってしまったら、たちまち自己矛盾に陥る。ここは、お互いに「似て非なるもの」という建前で触れないことにしているようなのである。

まあ、ちょっと考えてみれば、女子レスリングや女子柔道があるのだから、女子相撲があっても何の不思議もない。ただ、レスリングや柔道は同じスポーツの中に男子部門と女子部門があるということなのだが、相撲の場合はしっかりと「別物」というご都合主義を採用しないと、いわゆる「大相撲」の存在基盤が崩壊する。

そして、このような「スポーツとしての相撲」が定着すると、「大相撲」の「異界的要素」がいやが上にもクローズアップされる。少なくとも、「大相撲はスポーツじゃない」というのが共通認識となってしまうだろうから、「スポーツのような、見世物のような、神事のような」という、摩訶不思議な曖昧さの上に成り立ってきた大相撲にとっては、かなり複雑なところだろう。

元々しっかりあったけど、まさにそれこそが大相撲の存在意義であった「世間とのズレ」が、ここに来てちょっと別の意味を持ち始めているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日

日本プロ野球の 「黒船」 とは

野球にはそれほど強い興味がないのだが、敢えて言えば昔から「アンチ巨人」の立場を貫いてきた。というか、私の場合は「アンチ巨人」というよりは「アンチ巨人ファン」という方がいいかもしれない。

171130

巨人ファンというのは、まあ決して全員がそうというわけじゃないが、単純に「勝馬に乗っていれば幸せ」的な人が多いという印象である。ただそれは何も巨人ファンに限った話ではなく、時々ヤクルトが優勝したりすると、急 「自分は前々からヤクルト・ファン」などと言い始める人がいるのと本質的には変わらない。

と公言する機会が多くなっているだけで、要するにしょっちゅう勝馬に乗っているわけだ。それが昂じると巨人が勝っているうちはいいが、負ければ堂々と機嫌が悪くなったりする。これははっきり言って大人げないわがままで、私としては「負けて当たり前、勝てば嬉しい」という阪神ファンの方にずっと親近感を覚える。

というわけで私はジャイアンツに特段の恨みはないが、巨人ファン的体質が嫌いなので、当然ながら、巨人が調子よく連戦連勝を続けるよりは、コロコロ負けてくれる方が世の中のためになると思いながら生きてきた。

ところが最近はプロ野球自体が一時の勢いがなくなってきて、私としてもその勝ち負けを意識することもあまりなくなってきたのである。そしてふと気付けば、ジャイアンツは 3年続けてリーグ優勝を逃していて、さらに 4年前はリーグ優勝したのに「クライマックス・シリーズ」とやらで負けて、日本シリーズに進めなかった。

というわけで「アンチ巨人」であり続けるのが馬鹿馬鹿しくなるほど、最近の巨人は強くないみたいなのである。福岡のソフトバンクとか北海道の日本ハムとか、東北の楽天とかが力を付けていて、従来の中日、阪神、広島といったセリーグの球団だけに限らず、全体的にフランチャイズ制の意味が実感できる状態に近付いてきた。これはなかなかいい傾向だと思う。あとはいっそ、企業名ではなく地名をチーム名にすればいい。

ちょっと過去に遡って調べてみたところ、2003年から 2006年にかけて、巨人が 4年連続リーグ優勝を逃した時期があって、この時は 3位、3位、5位、4位と、今回より始末が悪かった。2004〜05年に監督を務めた堀内恒夫は、こう言っちゃナンだが「監督としては無能」の烙印を押されて、3年契約完了を待たず辞任している。

2003年に優勝を逃したのは、第一次原監督時代の最終シーズンで、松井秀喜がメジャー・リーグのヤンキーズに FA 移籍していなくなった年だった。結局この穴を埋めることができず、翌年の堀内監督時代にはチーム内のモチベーションまで下がっていたようだ。

こうしてみると松井秀喜の国外移籍は、かなり象徴的な出来事だったわけだ。それまでの読売巨人軍は日本プロ野球界の頂点に君臨していたのだが、これ以後、優秀な選手は狭い日本の頂点の巨人なんかよりも、メジャー・リーグに行きたいと思うようになったのだ。

ちょっと前まで日本の野球界ではドラフト制度があるとはいえ、結局は FA 制度とやらのおかげで、良い成績を残した選手は何年かすれば大抵巨人に移籍できた。そのせいで、それまでは他チームで四番打者だった選手が巨人では代打要員になったりして、野球界全体の人的資源活用という見地からすると、いかがなものかという状態にまでなっていた。

ところが最近は、優秀な選手は FA でどんどん国外に出て行くようになった。ということは、巨人はいい選手を独占できなくなったのである。

ドラフト制度で実現できなかった日本プロ野球界の戦力平準化は、こうしてメジャー・リーグへの移籍拡大という現象で、ようやく実現されつつあるわけだ。やはり日本という国は、「黒船」がなければ根本的な変化は遂げにくいようなのである。

【付け足し】

私としては「メジャー・リーグ」なんて表記するのはちょっと痛恨で、「物差しリーグ」じゃあるまいし、"Major League" の本来の発音に近い 「メイジャー・リーグ」と書きたいところなのだが、最近は不本意ながら大勢に従っている。「メイジャー・リーグ」と書くと、気取ってると思われたり、果ては「メジャー・リーグの間違いでしょ」なんて言われちゃったりすることまであるし。

日本では、音楽の "C major"(日本語では 「ハ長調」 のことね はあくまでも「シー・メイジャー」であって、「シー・メジャー」なんて言わないのに、その他の分野ではなぜか 「メジャー」 と言うのがマジョリティになってしまったようなのだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月 9日

巨人が 13連敗してるんだね

先日電車に乗っていたら、隣に座った若いサラリーマン風の 2人がやたら熱心に 「巨人はどうしたら連敗脱出できるか」 を語り合っていた。やれ、誰それと誰それを 3番、4番に据えて、守備陣をどうだかしてテコ入れするとか、ずいぶん専門的な用語を使って、それはそれは、日本の将来でも語るような情熱だった。

170609

その時は、「一体、何をそんなに力んでるんだろう」と思っていたが、昨日ふと思い立って新聞をみると、巨人は 12連敗してるんだった。へぇ、ちっとも知らなかった。そして昨日の夜にまたしても負けて 13連敗なんだそうだ。

元々、いわゆる巨人ファンという人種にはあまり好感を抱いていない。彼らは「勝って当たり前、負ければ機嫌が悪くなる」というところがある。「負けて当たり前、勝てば上機嫌」という阪神ファンとは対照的で、要するにゴーマンなところのある種族だと思っている。

そのゴーマンな巨人ファンが、あれだけ悲壮になっちゃってるんだから、やはりこれは一大事なのだろう。その昔、長島さん(巨人は嫌いだが、長島さんは好きなのだ)が監督を務めた年に最下位になったことがあると思うが、それ以来のニュースである。

しかし、そろそろ日本の野球界も変わっていいんじゃなかろうか。日本全国に巨人ファンが溢れているというのは異常としか思われない。それぞれの地域でご当地チームを応援するのが、望ましいというか、当たり前の姿なんじゃなかろうか。

最近は夜のテレビでもナイター中継が減ったようだ。ちょっと前まではどのチャンネルも巨人戦ナイターを中継していたが、あれこそ馬鹿馬鹿しい姿である。まだラジオはそんなようなところがあるが、そのうち変わってくるだろう。

巨人は今シーズンばかりでなく、4〜5年間ぐらいはボロボロに負け続けて、妙な幻想を壊してしまうぐらいでちょうどいい。「巨人にしがみついていれば商売になる」という状況を木っ端微塵にしてしまえば、プロ野球界だけでなく、日本人のおかしな精神風土も少しは変わるかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧