カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の1000件の記事

2021年5月16日

「図を使って考える」というより・・・

東洋経済 ONLINE に 「頭のいい人が図を使って考える 3つの訳」という動画記事がある。YouTube の動画によるプレゼンみたいな形の記事だ。

「3つの訳」(動画のタイトルは「3つの理由」となっているが)というのは、図を使って考えると次のような効果があるというのである。

  1. 枝葉末節がそぎ落とされて本質がクリアになる
  2. ビッグピクチャーを得られる
  3. 思考の「見える化」ができる

かなりもっともらしく聞こえるが、私は「ちょっと待てよ」と言いたくなった。というのは、ここに挙げられた 1番と 2番は矛盾するのである。

1番では「情報が多すぎると、情報を整理するだけで手一杯になって思考の低下を引き起こす」と言い、2番では「正しく深く考えるためには、今考えていることに対して影響を及ぼすすべての要素を、視野を広げて大きく捉えることが必要」と言っている。

1番で「航空写真は情報量が多すぎて役に立たない」と言いながら、2番では「視点を上げることによる『鳥の目』が必要」と言う。頭の中にきちんと「図」を描きながら聞いたら(この場合は並列的な図となるが)、その図の中の 1番と 2番はケンカしてしまう。

私の場合でいえば、思考する時には順序としてまず「ビッグピクチャー」を描き、そこからだんだん絞り込んでいく。つまり 1番と 2番は同時には不可能なので、必然的に「時間軸」の要素が必要となり、そうすると順序を逆にして言う方が自然なのだ。

さらに経験則から言うと、「枝葉末節をそぎ落とす」ことが文字通り有効となるのは、「自分で考える時」というより「考えたことを提案する時」だと思う。

私としてもプレゼンをする時にはよく図を使うが、それはある意味、相手に「余計なことを考えさせない」ためである。ストレートに納得してもらうために、敢えてとりあえず視野を狭めて集中してもらう。いわば pursuasion(説得)の手段だ。

その上で、プレゼンが終わってから視野を広げて考え直してもらう分には一向に構わない。それで「待てよ、それって変じゃない?」なんて思われるようでは、プレゼンター側の最初の「ビッグピクチャー」の描き方がお下手なのだ。

このビデオ序盤のストーリーは「頭のいい人たちを見ていて、その共通点は『よく図を使う』ことだと気付いた」ということになっているのだが、それは彼らがプレゼンや会議の際に、上手に図を使うのを見てのことだろう。そもそも実際に思考に没頭している姿なんて、あまり人前にさらさないものだし。

ということは、これは「図を使って考える」というより、「図を使って提案する/納得させる」あるいは、「会議の内容をその場で図にまとめて整理し、結論に導く」(これは実際に、かなり有効)と言った方がいい。

少なくとも私は、紙やホワイトボードに図を描きながらものを考えるなんてことは、ほとんどしない。いちいち図を描きながらでないと考えられないなんて、そもそも頭が悪んじゃないかと思うほどだ。

そのかわりもっぱらしているのは、プレゼン資料を作る際に、頭の中で構築したアイデアを PC 画面上に「図として清書」するというテクニカルな作業である。経験から言うと、プレゼンに説得力をもたせるのは、矢印多用の「もっともらしい図」よりごく単純な「わかりやすい図」だ。

それにそもそもこのビデオって、画面に登場するのは「図らしきものの漠然としたイメージ」ばかりで、話の内容はちっとも具体的な「図」に落とし込まれてないよね。まあ、図にしなきゃ伝わりにくいほどの内容でもないけど。

 

| | コメント (0)

2021年5月 4日

改めて「東京オリンピックは他人事」と確認しておく

安倍前首相の ”東京五輪「オールジャパンで対応すれば開催できる」” 発言に、ふゆひー 9 さんが "私はその「オールジャパン」には入っていないけど、問題ないよね" と Tweet しておられるので、さっそく「私も参加した覚えはまったくありません」とレスさせていただいた。

210504

なにしろ昨日 "東京オリンピック開催、「どうぞご勝手に」" と書いたばかりの私としては、この「オールジャパン発言」は迷惑な話でしかない。さらに言えば「オリンピックは他人事」と思っているのは、もはや世の中のマジョリティなんじゃあるまいか。

「ここに至って、どういうことだ?」である。これほどまでに具体性と裏付けを欠いた「雰囲気のみの発言」というのは大人げないほどで、この程度の人が、あんなに長く首相を務めて、この国の政治をこんなにしてしまったわけだ。(「こそあど」ばかりでごめん)

ここで「いや・・・」と、余計なことを思いついた。

もしかしたらこの安倍発言は、「オリンピックの失敗は、オールジャパンが実現しなかったため」という逃げ口上を言うための準備であり、秋になったら「失敗の責任は、『他人事』なんて言って協力しなかった非国民たちにある」なんて言い出しかねない。(そんな周到な下工作のできる人とも思われないが)

そういうわけで本日の記事は、元首相がこれ以上無茶苦茶なことを言っても「あまりにもアホらしくて付き合いきれないよ」というスタンスを貫くための宣言ということにさせていただく。

そしてここで改めて、「東京オリンピックは他人事」と確認しておく次第である。

 

| | コメント (2)

2021年4月23日

ユニークだが、一般受けしない発想

一昨日付の "「女王」の読み「じょおう/じょうおう」のまとめ" という記事に、乙痴庵さんから耳寄りな情報がコメントとして寄せられた。CBC ラジオの「つボイノリオの聞けば聞くほど」という番組の中で、私のメインサイトの中のページが紹介されていたというのである。

2104232

この放送の録音は、Radiko タイムフリーの こちら のページで聞くことができる(聴取期限が明日の 11時 22分で、それ以後は聞けなくなってしまうのだが)。内容は、私のサイトの「なぜソーセージをそのまま食ってしまわなかったのだ !?」というページの紹介だ。

この番組的な成り行きとしては、「流れ星に願いを言うのは、宇宙ステーションでも叶うのか?」というような話から、私のページの「三つの願い」に飛んで来たらしい。あの有名なシャルル・ペローの童話の話だ。

この童話では、老夫婦が三つの願いを叶えてもらえるようになり、ばあさんの一つめの願いによって出現したソーセージが、怒った爺さんの「鼻にくっついてしまえ!」という暴言のために、本当にくっついてしまった、そして仕方なく、三つめの願いを使ってそれを取ったということになっている。

幼稚園時代の幼い私はこの話を聞いて、三つめの願いをそんな馬鹿なことに使ったのは本当にもったいないと、夜も眠れないほど口惜しい思いをした。「婆さんの鼻に付いたソーセージをそのまま食ってしまえば、三つめの願いをほかのことに使えたじゃないか!」と、地団駄踏んだのである。

ただこの記事では、この天啓のような発想を幼稚園の先生や友達に話したのだが、まったくウケなかったと書いている。私は幼い頃から、ちょっと変わった考え方をしてしまう子どもだったようなのだ。

そしてこれをきっかけに私は、誰も気付かなかったようなユニークな発想の転換というのは結局のところ一般受けしないものだと、幼心に悟ったのだった。そして年を追うごとに、「自分はメジャーな世界ではなく、狭いマイナーな世界で生きていくしかない」との思いを強くしてしまったのである。

ただ、こんな一般受けしない話を取り上げてくれたつボイノリオさんには、感謝である。

| | コメント (0)

2021年3月29日

桜を愛でながらのポタリングを楽しんだ

今日は昨日と打って変わって素晴らしい天気になったので、花見がてらに自転車で 30km ほど走った。始めはヒートテックの下着の上にサイクリングウェアを着ようかと思ったが、それでは汗をかきそうなのでサイクリングウェアだけで走り、結論としてはそれでちょうどよかった。

210329

月が変わったら、半袖の夏用のウェアで十分になるだろう。考えてみれば、今シーズンは一度も雪かきをしなかったし、しみじみと温暖化を感じてしまう。

花見に関しては、今日が最高の日取りだったと思う。満開の桜と青空、そして散る花びらが道に積もってできる「桜の絨毯」の密度がどんどん濃くなるのを見ながらペダルを漕いだので、思いのほかに長いポタリングになっってしまった。

さすがに少し疲れたので、今日のところはこれでおしまい。

 

| | コメント (2)

2021年3月22日

職務質問されやすいスーツ・スタイル

昨日の記事では「アクティブスーツ」なるものについて、「相変わらずスーツ着用が求められる仕事ではこれまで通りのスーツを着ていればいいし、そうでない分野ではテキトーにスーツ以外の軽装に移行していけばいいというだけの話」などと、やや斜に構えたことを書いてしまった。

210322

ただ「テキトーに」とはいいながら、そこはそれ、ちょっと間違えると「かなり奇異な感じ」になってしまうこともあるのだと、Quora のサイトで知らされた。警察の職務質問のマニュアルに「スーツの着こなしが変な人には声をかける」という項目があるというのである(参照)。

上の画像が、その「スーツの着こなしが変な人」の典型例とされている。昨日の記事を書いた時にはこんなのまでは想定していなかったが、確かにこんな感じのヤツ、街で見かけることがあるよね。

いやはや、スーツの世界というのは妙な方向にまで幅広いものである。深入りしたくない世界だ。

こういうのって、すべてが「特殊詐欺事件の受け子」というわけじゃないのだろうが、「余計な職質なんてされないように、こんな感じの着こなしは避けようね」という否定的教訓にはなるだろう。ただ下手すると、本当の「特殊詐欺事件の受け子」にまで教訓とされてしまうというリスクもあるが。

 

| | コメント (2)

2021年3月20日

またしても「震度 4」

日が暮れてしばらく経ち、PC に向かって作業をしていると、部屋がグラグラと揺れ始めた。その数秒後に iPhone の地震情報アプリ "PREP" が立ち上がり、「震度 3 の地震が 26秒後に」なんて寝ぼけたことを言う。

210320

「もう揺れてるよ!」と呟きつつ、間もなくさらに強い揺れが来るに違いないと身構えたところで間髪を入れず、先月 14日と同じぐらいの揺れがゆっさゆっさとやってきた。「震度 3」なんてもんじゃない。1時間後に tenki.jp のサイトで確認すると、この辺りは「震度 4」だったようだ(参照)。

PREP さん、「震度 1の地震が 65秒後に」なんて役に立たない情報ばかりマメに寄こすので、先日、震度 3以下の情報はカットする設定にしたのだが、今度は情報が控えめ過ぎになったようだ。改善を期待しよう。

妻の実家が仙台なので被害状況が気になったが、地震直後は電話の回線が混雑してつながらないとわかっているので、敢えて向こうからの情報を待つと、妻の従姉妹から「大丈夫だけど、津波を警戒してる」とのメッセージが入った。前回のほぼ 1か月後だけに「地震はもう、いや!」という感覚のようだ。

ここまで大きな地震が続くと、さらに大きな地震の前触れなのではないかという気がして、あまりいい気分ではいられない。とはいえここまでくると「地震慣れ」してしまって、「震度 4」程度ではまったくうろたえることなく落ちついていられる自分に気付き、さらに複雑な気分になってしまう。

 

| | コメント (0)

2021年3月11日

東日本大震災から 10年

あの東日本大震災から 10年経った。たった今、仕事先から帰ってきたばかりだが、カーラジオで聞く番組は軒並み地震関連の特集である。というわけで、私も便乗して地震の話をしてみたい。

210311

下の画像は 10年前の和歌ログだが、詳細をみると 21時 17分付となっている。この日は地震発生直後からずっと停電していたが、日が暮れてだいぶ経ってから回復したおかげで、毎日更新が続いている。

我ながら驚いたことに、この頃は三十一文字の和歌に英語の短詩まで添えていたもののようだ。今でもやってやれないことはないと思うが、かなりの負担だろう。

添えられた写真は、私の仕事部屋のデスクの状態である。棚からいろいろなものが落ちて散乱しまくっている。片付けるのにずいぶん手間取った覚えがある。先月 13日の地震でも書棚から本が数冊落ちたが、こんなにひどくはなかった。

そして本ブログの 2011年 3月 11日付は、午前のうちに更新済みだったようだ。そのため地震の報告は、翌 12日付の 「とりあえず無事です」という記事になっている。

地震発生からしばらくは原発事故の影響もあって、電力供給不足が続いた。我が家もあれから 2年は夏になってもエアコンを使わずに乗り切った覚えがある。

地震とは恐ろしいもので、親戚筋にも津波による死者が出たが、貴重な経験ともなった。そしてあれ以来「反原発」の世論が高まったが、政府はそれに耳を貸そうともしない。

私としてはあの経験を普段の生活意識の中に生かしていかなければならないとずっと思いつつ、今日のこの記事を書かせてもらっている。とにかく原発は止めなければいけないということを、再確認しておきたい。

それにしても、地震時の記憶は10年経ってもまるで昨日のことのように鮮明なのに、それ以後の地震関連のあれやこれやは遠い昔のことのように思われてしまったりする。人間の記憶とはおもしろいものである。

 

| | コメント (0)

2021年3月 3日

「刺身の食卓への出し方」と「結婚した意味」

Kana さんという方が、刺身を食卓に出すということに関して、とても真っ当な tweet をしておいでだ(参照)。

2103032

上の画像の tweet をテキストでコピペさせていただくと、こういう内容だ。

今日テレビで、お刺身をパックのまま出したら旦那さんに「刺身はお皿に出してほしい。結婚した意味がない」と言われた人がおり、パックのまま派とお皿に出す派の声を紹介していたんだけど、問題はそこじゃなくてそんなにお皿に出したければ自分で出せってことだと思うなどした。

もし同じ番組を見ていたら、番組が「パックのまま派とお皿に出す派の声を紹介」という流れに移ったという時点で、私も「違う、 そういう問題じゃない!」と声をあげたくなったと思う。

ところが Twitter のスレッドを見ても「お皿に盛った方がおいしそうに見える」とか「最近はパックもおいしそうに盛り付けてある」とか「一手間かける愛情が大切」とかいう視点から、いろいろな反応が寄せられている。「そういう文脈じゃないんだけど」と言うしかない。

このケースの問題を明確にするためのポイントを太字で表示するとしたら、それは夫の「結婚した意味がない」という言葉だろう。要するに「どっちの方がおいしく見えるか」なんてノー天気な話にもっていくようなケースじゃないのである。

私は妻に対して、そんなことは絶対に言わない。誤解されたら不本意なので断っておくが、それは妻に気を使っているというより、そんな馬鹿なことを言ったら、むしろこちらの方が不愉快になってしまうからというだけのことだ。

夫が「刺身を皿に盛られた状態」で食べたいと考えるのは、十分「あり」だろう。ただ、妻がそれを面倒と感じ、「パックのままで十分じゃん」ということなら、夫が一方的に「皿に出してほしい」と要求するのは「わがまま」というもので、さっさと自分でやればいいだけの話である。

自分でやるという発想がなく、妻がやらないなら「結婚した意味がない」とまで言うのは、それは「わがまま」よりヒドい「了見違い」というものだ。繰り返すが、それは「どちらの方がおいしく食べられるか」という話ではないし、「一手間かける妻の愛情表現」とかいう次元の話でもない。

ちなみに「一手間かけた愛情表現」というものを妻が選択し、自らもそれでハッピーだというなら、それはそれで OK だ。しかし、夫の方で「妻なんだから、それぐらいして当然」ぐらいにしか受け取らないとしたら、その「OK」は半分以下の価値にとどまる。

番組の流れが「パックのまま派とお皿に出す派の声の紹介」の方に行ったと知った時点で、私はこの国のピンボケ具合に、ちょいとばかり絶望的なものを感じてしまったよ。そして Kana さん自身も次のように tweet しておいでだ。(参照)。

2103033

要するに、そういうことだね。

| | コメント (6)

2021年3月 2日

「お辞儀ハンコ」とか「ZOOM の上座/下座」とか

私は「ハンコ文化」というものにまったく馴染めず、勤め人時代からデスクの引き出しに放り込んであった朱肉不要の「シャチハタ」で、ほとんどの用を足していた。押し方も「押してありゃいいんでしょ!」程度のもので、いつもかすれたり斜めになったりしていた。

 2103022 

ところが世の中には、妙にハンコにこだわりたがる人がいる。自分のハンコにこだわるだけならいいのだが、そんな人にとっては私のようないい加減なやり方が許せないらしい。

「シャチハタじゃなく、ちゃんとしたハンコにしなさい」とか「きれいにまっすぐ押しなさい」なんて説教はしょっちゅうで、それどころか、「シャチハタ使ってるやつは出世できないって、知ってるか?」なんて都市伝説みたいなことまで言い出すのには参った。

そんなわけで、「ハンコはまっすぐきれいに」というのがスタンダードなのだと思っていたが、世の中には上図のような「お辞儀ハンコ」なんてものを求めるビジネス文化があるらしい。それを知ったのはちょうど 2年前ぐらいのことで、このブログにも書いている(参照)。

ただそう言えば、この類いの話はハンコだけではない。最近は ZOOM を使った会議でも余計なことを言い出すオッサンがいたりする。

ZOOM の場合、フツーはそのネット会議をセットしたホスト(主催者)の顔が一番左上になるが、これに対して「自分の顔を上座に置いて部長の顔をずっと下座にしてしまうとは、無神経にもほどがある」なんて怒り出したりするのである。

そんな余計なことを気にするよりも、まずはひっきりなしの雑音を入れないために、自分の発言しない時はマイクを確実にミュートにしてくれと言いたいところである。それに「上座」というのは「向かって右側」だから(参照)、そもそも文句を言われる筋合いじゃない。

実は 2020年 9月に、ZOOM にも参加者のビュー表示位置を固定できるという(余計なお世話的)機能が装備されてしまった(参照)。ただこの新機能の本来の意義は日本流の「上座/下座」文化の要請に対応したものではなく、司会者や主要発言者の位置をわかりやすくするためということだ。

ありがたいことに、この機能はまだ一般に知れ渡っているというわけではない。しかしそのうちおっさん連中の耳に入ったら、「きちんと上座/下座を配慮して並べ替えろ」なんてことをしつこく言い出すに決まっている。

そうした連中が定年でいなくなるのは間近だから、それまでは知らん顔で「これは仕様で、仕方ないんです」と、トボけていたいところだ。(私はフリーとして、定年過ぎてもウロウロ出入りしているんだけどね)

 

| | コメント (2)

2021年2月26日

「数学嫌いの若者」に関する考察

東洋経済 ONLINE に "「数学嫌いの若者」が生みだされ続ける根本原因 小学校時代の算数の教え方がその後を左右する" という記事を見つけて、「我が意を得たり」とばかりに読んでしまった。ちなみに私は「極端な文系」ということになっていて、数学は苦手である。

210226

この記事を書かれた 芳沢光雄 先生は、数学嫌いになる問題の一端に小学校時代の「かけ算九九」の授業があるとして、次のように指摘されている。

3×4=12の「サンシジュウニ」ならば、3+3+3+3=12 を示した後に暗記させるものである。ところが、困った指導が一部で行われて、3×4=12 のような意味を示す前に九九を全部暗唱させていたのである。

私の小学校 2年生の頃の指導は、まさにそれだったように思う。授業では「九九の意味と必要性」なんて一度もまともに説明されず、ふと気付くと、ただひたすら「九九を早く暗唱できるようになった子がエラい」みたいな雰囲気になっていた。

そんなわけで学校の休み時間でも登下校の途中でも、みんな異様に大きな声で競争のように「九九」を唱えて(というか、叫んで)いるのだった。申し訳ないけど、私は気恥ずかしくてその環の中には到底加われなかった。

「かけ算九九」って要するに「単純記憶」の勝負で「考える必要」がまったくないというより、下手に考えるとそれが邪魔になってしまうぐらいのものだから、誰でも抵抗なく入れたのだろう。しかし、ただ単に憶えるなら「寿限無」の方がずっと楽しいけどね。

私としては「九九」の喧噪の中でひたすらポカンとしながら、「『9×9=81』なんて、9を 9回足せばわかるじゃん」と思っていた。実際に九九のペーパーテストでも、九九を完全に暗唱できないくせに このやり方であっさり満点だった。(さすがに、その後しばらくして自然に覚えられたが)

で、芳沢先生の指摘によれば、これこそ正しいアプローチだったわけだ。そのお墨付きをもらっただけでも、この記事を読んだ甲斐があるというものである。「九九」って数学に必要な論理思考とは別の筋肉しか使わないみたいなのだね。

というわけで、私は「理数が苦手」とはいいながら「論理思考が苦手」というわけでは決してなく、むしろ得意と言っていいほどだ。このことは 2011年 7月の "「数字数式認識障害」とでも言いたくなるほど、数字に弱いのだよ" という記事に書いている)

定理や公式の意味はことごとくきちんと理解できるし、相対性理論とか素粒子論などの文献を読むのもほとんど苦にならない。

これらの分野に関しては、その辺の「数学や科学は、誰が考えても答えが一つだからいいんだ」なんてノー天気なことを言っているフツーの理数系よりは、きちんと理解しているという自信がある。

ただ、この記事に書いているように、私の場合は「数字数式認識障害」とでも言いたくなるような欠陥があるみたいなのだ(「識字障害(Dyslexia)」に類したものだろうか)。それで、同じ生きていくなら数字の世界ではなく文系の世界で論理を貫いて行こうという気になって、今日に至っている。

というわけで、私は決して「数学嫌い」じゃないのに「数字に弱い」だけで、世間から「極端な文系」扱いされ続けているわけなのだよね。まあ、ここまできたら別にそれでもいいけど。

【2月 27日 追記】

本文で触れた「九九のペーパーテスト」では、完全に暗唱できない私が満点なのに、しっかり暗唱できている子が「70点」とか「80点」とかしか取れていないのが、不思議でしょうがなかった。

あれって多分、「さんしちにじゅういち」と「3×7=21」が、頭の中でリンクしていなかったんだろうね。何しろ「使う筋肉が違う」ので。

 

| | コメント (8)

より以前の記事一覧