カテゴリー「言葉」の667件の記事

2022年5月26日

「小股」に関して、再び、三度

Japaan に 【いい女の代名詞 「小股の切れ上がった女」の "小股" って何? 江戸時代の庶民文化から探る】という興味深いページがある。ただ悪いけどこの問題、ウチのサイトでは 19年近く前に取り上げ済みなんだよね。

220526 

それは私が「本宅サイト」としている「知のヴァーリトゥード」内「知の関節技」コーナーの 21番目の記事、"「小股ってどこか」よりも大切なこと 「よくわからない」まま置いておく美意識" という記事だ。日付は「H15.07.29」(西暦だと 2003年)だから、この日に生まれた子は、既に成人してることになる。

しばらくの間は、2006年 9月 8日の記事で触れているように、「小股」という漢字 2文字でググると、私のこの記事が圧倒的トップに表示され続けていた。最近は後になって書かれた便乗ページみたいなのが上位に入っているが、あくまでもこの話題の元祖は私なので、そのあたりよろしく。

ただ、上述の「元祖ページ」はちょっと長いので、こちらのブログでそのダイジェスト版みたいなものを、2005年 10月 30日付で書いている。”「小股」は「足指の股」だけじゃない” という記事だ。フツーはこっちの方が手っ取り早く読めると思う。

この記事を書いたきっかけは、この頃に放映された「世界一受けたい授業」という番組で、「小股とは、足の親指と人差し指の間」と言っていたらしいとわかったからである。しかし実際にはそうした意味もあるにはあるが、私はそれは「和装・足袋業界の専門用語に過ぎない」としている。

そりゃ当然で、「足の親指と人差し指云々」なんてことは、この言葉を「いい女」を表す文脈で使うケースとはまともにつながらない。それに第一、そんなところが妙に切れ上がったりなんかしたら、まともに歩けないよね。

冒頭に紹介した Japaaan の記事は「足の親指と人差し指の付け根」説を含め、いろいろな説を並記しているだけだが、私としては次のようなことだろうと結論づけている。

私は自分のページで、「小股の切れ上がったいい女」という場合の「小股」に関しては、「小耳にはさむ」とかいう場合と同様に、「体言挟みの係り」説を原則的に支持している。要するに、「股がちょっと切れ上がった」という意味だと解釈しているのである。

「小腹が空いた」という場合、決して体のどこかに「小腹」という部位があるわけではなく、「ちょっと腹が空いた」という意味であるのと同様だ。

「体言挟みの係り」については、こちらを参照されたい。さらにその上で、私はブログ記事の最後を次のように締めくくっているので、よろしく。

しかし、それでも、「小股」 ってどこかというのを曖昧にして、ああでもないこうでもないと詮索するのも、なかなか広がりがあってオツなものだと、私は主張している。「足指の股」という業界用語のみにもっともらしく固執するのは、無粋の極みである。

 

| | コメント (0)

2022年5月24日

大阪の「モータープール」という看板

NHK 大阪放送局の作る ”Nan で nan?" (なんでなん?)というサイトに、「大阪はモータープール なんでなん? 東京では消えた?」というページがある。そういえば「モータープール」という表示、近頃は大阪に行った時ぐらいしか見かけないよね。

220524

その昔は、東京にも「モータープール」という看板を見かけることがあったように思うが、最近はほとんど消えてしまった。NHK の記事によると、この言葉は終戦直後に米国の進駐軍が軍用車、乗用車の置き場という意味で使い始めたのが広まったのだそうだ。

当然ながら東京にもモータープールは多くあったのだが、一等地が多かったので、すぐに商用施設などに転用されて姿を消したのだという。ところが大阪ではそのまま残ったというのが真相のようだ。地図会社のゼンリンが「モータープール」と名の付く物件をプロットすると、こんな具合になるという。

2205242

青い点で示されているのが「モータープール」物件のようだが、確かに大阪府の形に近くびっしりと集中し、あとは神戸と奈良辺りにちょぼちょぼある程度だ。なるほど、「大阪でしか見ないよね」という印象になってしまうのも無理はない。

ちなみに、モータープールは民間、それも個人の経営であることが多いという。これが最近では、大手の駐車場経営会社の「無人コインパーキング」に変わる傾向があるらしく、それにつれて表示も「パーキング」に変わることが多くなっているとある。

そうなると、「ああ、大阪に来たなあ」と思わせる風物詩的な看板も、今後は徐々に減っていくのだろうか。そうだとすると、ちょっと淋しい気もしてしまう。

いっそ「コイン・モータープール」にすればいのにとも思うが、それだと字数が多くて面倒なのだろうね。

 

| | コメント (3)

2022年5月18日

「ごめんあそばせ」という言い回しの由来

Japaaan のサイトに 【「ごめんあそばせ」の ”あそばせ” ってなに? ルーツは歴史の意外なところにあった】という記事がある。

220518

記事では、「ごめん」は「許す」というような意味で、「あそばせ」は「あそばす」(「する」の尊敬語)の使役系。合わせ技で「お許しください」という意味の丁寧な言い方としている。そしてその由来には諸説あるとし、その代表的な 2つを紹介している。

まず 1つめは、室町時代に宮中で使えていた女性たちが使っていた「女房詞(にょうぼうことば)」に発するというもの。これは「そうなんだろうな」と思わせるに十分な説だ。

そして 2つめは、西南戦争のときに他の県から熊本に集まった士族たちが別れの際に「御免阿蘇馳せ参じ奉る(意味:悪いが、阿蘇へ急いでいくんだ)」とあいさつしたというものだ。悪いが、これ、単なるダジャレとしか思われない。

というのは、この言い回しには、「ごめんあそばせ」以外にも「お食べあそばせ」「ご覧あそばせ」などいくつものパターンがあるので、これだけでは説明しきれないからだ。こうした「ダジャレ説」を一件マジに語ってテキトーに済ませてしまうというのは、いかがなものかと思うがなあ。

ちょっと前までは、山の手の上品な奥様たちのよく使う言葉と思われていたが、最近は全然使われない。こうした言葉にも流行り廃りというのがあるようだ。

 

| | コメント (6)

2022年5月 6日

「〜してくださる」と「〜していただく」の使い分け

既に何度も書いている(参照)ように、私は自分に「アスペルガー一歩手前」みたいなところがあると自覚している。アスペルガー症候群の典型的な現れというのは、「人の言うことを言葉通りにしか理解できない」ということだ。

220506

これは半分冗談(ということは、残り半分は十分に本気)なのだが、たまたま入った店のトイレで上のような貼り紙を見たりすると、いつも「ごめんね。うんこも一緒に流しちゃうけど、ここは見逃しといてね」なんて心の中で呟く。

だってこの貼り紙の言葉を文字通りに受け取れば、排泄物をトイレットペーパーと一緒に流すわけにいかないから、取り出して別ラインで処理しなければならないじゃないか。よくまあ、こんな無茶な貼り紙を出せるものである。私には到底できないよ。

と、ここまではかなり下世話な「話のマクラ」で、そろそろ本題に入るのだが、私はラジオを聞いている時もキャスターの発する言葉に妙に引っかかったりする。最近とくに気になるのは、「〜してくださる」と「〜していただく」の使い分けがゴチャゴチャになっていることだ。

例えば「本日の時事解説のコーナーでは、経済評論家の〇〇さん登場していただきます」なんて言い方をしょっちゅう耳にする。私はそのたびに「おいおい、この場合は『経済評論家の〇〇さん』が主語なんだから、述語は『登場してくださいます』だろうよ」と呟いてしまうのだ。

どうしても「いただきます」という述語にしたかったら、「経済評論家の〇〇さん登場していただきます」と言うべきなのだが、最近の放送業界はこのあたりの使い分けがまったくルーズである。本当に勘弁してもらいたい。

念のために書き添えておくが、「経済評論家の〇〇さん登場していただきます」という言い方をする場合の隠された主語は、そのラジオ局の番組関係者である。彼らが「〇〇さん登場していただく」のであって、繰り返しになるが、「〇〇さん」はあくまでも「登場してくださる」人なのだ。

この使い分けはラジオ業界だけでなく、かなり広い範囲でごちゃごちゃになっているようで、自分の関係するイベントなどでも、司会者に「次はこの件に関して、tak さん説明していただきます」なんて言われたりすると、その時点でイヤになって帰りたくなってしまう。

こんな風に感じるのは私だけではないようで、「していただく してくださる」のキーワードでググると、かなりのページがヒットする(参照)。おかしな言い方と気付いている人は多いのだが、いちいち訂正したりすると鬱陶しがられるのが確実なので、ぐっと堪えて心の中にしまっているのだろう。

それでも、そろそろこの辺で誰かが大きく声を上げてしっかり問題提起してくれないと、気付いている人たちにとってはストレスが溜まるばかりになってしまうよね。

 

| | コメント (4)

2022年4月25日

"FRUIT OF THE LOOM" と「ルームウェア」

昨日の記事で "room(部屋)" と "loom(はたおり機)" の違いについて触れたが、そういえば、日本で "loom" という単語が一番馴染まれているのは、"FRUIT OF THE LOOM" という洋服ブランドを通じてのことだろうと思い当たった。直訳すれば「織機の果実」で、なるほど、布製品だものね。

220425

ちなみにこのブランド・ネーム、"FRUIT" の部分は "R" で "LOOM" の部分は "L" なので、多くの日本人はなかなかまともに発音できない。

「フゥロブザルム」みたいな感じで言えば辛うじて通じると思うのだが、どうしても「フルーツ・オブ・ザ・ルーム」というカタカナ表記が邪魔をする。これって、”McDonald's” は「マクダーヌゥ」みたいな感じと教わっても、どうしても「マクドナルド」になってしまうようなものなのだろうね。

ここで話はアサッテの方に飛んでしまうが、日本の "FRUIT OF THE LOOM" ファンの中には、このブランド・ネームが「お部屋の果物」って意味で、それで主力商品が「ルームウェア」なんだ(参照)と信じ込んでいる消費者も多いらしい。

もしかしたら昨日の記事で触れた "HAIR LOOM" の店主も、その一人なのかもしれないね。うむ、きっとそうに違いない。そうでなければ、”Room” と ”Loom" を取り違える可能性なんて極々小さいだろうから。

ちなみに、このブランドのロゴマークが最近変わってしまっているのを、今日初めて知った。私がアパレル業界の仕事をしていた頃は、上の写真でいえば真ん中の上 2つのデザインだったが、近頃は真ん中の下のようになっているようなのである。個人的には違和感だが、こればかりは仕方がない。

"FRUIT OF THE LOOM" の米国本社も、潰れたり買い取られたり、いろいろ変遷が激しかったようで、ロゴ・デザインもその度に変わってしまったのだろう。この業界も、いろいろ大変だ。

それから最後に触れておくが、上で触れた「ルームウェア」というのは完全な和製英語で、フツーは ”loungewear" (ラウンジウェア)が使われるじゃないかと思う。日本で「ラウンジ」と言うと、空港の待合室なんて想像されがちだが、この場合は「くつろぎ空間」ぐらいの意味なので、そのあたり

Yoroshiku4

| | コメント (0)

2022年4月24日

"HAIR LOOM" という表示に驚いた

これまでも美容院や理髪店の看板については何度か書いた。「腕づく」で勝負するらしい「軍備(Arms)」という名の美容院とか、「切られ家(Cut House)」とか、「割り込み床屋 (CUT IN)」とか、とにかく「雰囲気だけの横文字」(参照)がやたら多いのである。

220424

というわけで、「この業界って、そういうものなんだ」と思ってはいたのだが、今度ばかりは本当に驚いた。茨城県内某所をクルマで走っていたところ、"HAIR LOOM TOKIO" という表示の理髪店があったのである。

店主としては "HAIR ROOM" というようなつもりなのかもしれない。「髪の部屋」というのも十分におかしいけど、きっとそうなのだろう。ただ、 "R" と ”L" の取り違えは日本ではよくあることとはいえ、”ROOM" が ”LOOM" になっちゃってるのは、さすがに初めて見た。

私は昔、繊維、アパレル業界でメシを食ったことがあるのでことさらに反応してしまったということもあるのだが、”loom" という英単語は、「織機(しょっき)」のことを指す。そう、カッタンコットンと布を織る、あの「はたおり機」のことだ。

もっとも最近はそんな悠長なものではなく、下の動画のように、空気を噴出する力で超高速に緯糸を通す「エアジェット・ルーム(air jet loom)」なんてものも登場して久しいのだが、とにかく基本的には、経糸(縦糸)と緯糸(横糸)を組み合わせて布を織る機械が、”loom" というものである。

そんなわけで、"HAIR LOOM" なんて文字を見た私としては「髪の毛で布を織る」なんてイメージが浮かんで、ゾッとしてしまったのだよ。民話『鶴の恩返し』では美女に化けた鶴が自分の羽根を使って見事な布を織るのだが、人間の髪の毛を撚り合わせた糸で布を織るなんて、かなり壮絶過ぎるよね。

【4月 25日 追記】

やっぱり、そのココロは ”HAIR ROOM TOKIO" のようなのだ(参照)が、それならそれで、店の表示は訂正しておく方がいいよと、老婆心ながら言わせていただく。

 

| | コメント (8)

2022年4月15日

「とっぴおしもない」という新語(?)に驚く

ヤシロぶに "「とっぴおしもない」人たち【Tweetまとめ2020-2022】" という記事があり、「とっぴおし」という耳慣れない(いや、「見慣れない」の方が適切だが)言葉が紹介されているので、見出しだけではちょっとうろたえてしまった。

220415

種明かしをすればこの記事は、「日夜ネット世間に現れるクリエイティブな日本語を鑑賞するシリーズ」の一環なのだそうだ。なるほど、かなり皮肉なクリエイティビティである。

世の中には「突拍子もない」という言葉を「とっぴおしもない」と覚えてしまった人が少なくないみたいなのである。そして、気の利くことでは定評があって多少の入力ミスはカバーしてくれるかな漢字変換システムも、「とっぴおし」となると、さすがに想像力の範囲を越えてしまうようなのだ。

ヤシロぶでは Twitter から "「とっぴおしもない」13人" を拾って紹介している。ある意味、労作記事である。

収集された表記をみると、「とっぴおし」の部分の変換は「とっぴ/突飛/トッピ」と「おし/押し/推し」の組み合わせとなり、「ない」は「ない/無い」に変換されているようだ。ただ「とっぴ推しも無い」という組み合わせパターンは発見できなかったという。

「突拍子もない」という言葉の語源に関して、"imidas" では次のように説明されている(参照)。

「突拍子」は、今様歌での秘伝の技法とされる「突拍子(なだらかな調子が急に高くなる歌い方)」からという。「ない」は、否定の意ではなく、「せわしない」「はしたない」「切ない」などの「ない」と同じく「甚だしい」の意を示す接尾語。

それにしても「突飛推しも無い」なんて表記は、その「突飛なまでの突拍子のなさ」が抜群だよね。

 

| | コメント (0)

2022年4月13日

「シカト」が「ツルピン」じゃないのは

今年 2月 28日の記事で、「シカト」という言葉の語源について触れた。花札で「神無月(10月)」を表す鹿がそっぽを向いているので、「知らんぷりをする、とぼける、無視する」とかいう意味で使われるようになった。「シカ 10月」で「シカトウ → シカト」というのは、確かな説である。

2204131

ただ私はこの説を知って以来、「しかし花札でそっぽを向いているのは、鹿だけじゃなかろう。睦月(1月)を表す鶴だって、しっかりそっぽを向いてるじゃないか」と思ってきた。それは上の図の通りである。

それで私としては、「シカト」という言葉は、ひょっとしたら「ツルイチ」あるいは「ツルピン」とかいう言葉になっていた可能性もあると思い続けてきた。ちなみに「ツルイチ」よりは「ツルピン」の方がトボけていて、語感的にしっくりきそうな気がするが。

問題は、どうして「無視する」というのが「ツルピン」じゃなく「シカト」になって、それが今日まで続いてきているかということだ。これ、改めて考えるとなかなか難しい問題である。

いろいろ調べてみると、一つの解答になりそうな話が「歴史・意味・由来の雑学」というサイトにあった。「シカトの意味・由来・語源とは?ヤクザとの関係は」というページである。同じようなことを考えるのは私だけじゃないようで、こんなふうに書かれている。

ちなみに動物がそっぽを向くという柄は、鹿の他にも一月の最高札である「松に鶴」もあります。

もしこちらが使われていたら「シカト」ではなく「ツルイチ」になっていたわけですが、「松」も「鶴」も日本では縁起の良いものとされてきたため、隠語としてはどこか仰々しいというところもあったのでしょうか、「シカト」のほうが広まっていきました。

この人の考えを煎じ詰めて言えば、「松に鶴」の札のデザインは、隠語に使うにはちょっと「もったいなさ過ぎ」ということのようなのである。

とはいえ鹿の方だって、春日大社では「神の使い」扱いされているほどなので、もったいないといえばかなりもったいないのだが、まあ、鶴の方がよりもったいない感じがするということなのだろう。

この感覚をより突き詰めていくと、かなり重要なことに気付く。というのは、鶴の方は畏れ多くもかしこくも、太陽を仰ぎ見ているではないか。なるほど、これを「無視する」という意味に使うのは、いくら元々はヤクザの隠語でも「お天道様に申し訳ない」という感覚に通じるだろう。

こんなところから、やっぱり「無視はシカト」に落ち着いたのだということで、一件落着としておこう。

 

| | コメント (4)

2022年4月 1日

"Kangol" は、アボリジニ語で「わからない」

「カンガルー」という言葉の元は、アボリジニ語で「わからない」という意味だというのがまことしやかに言われた時期があったが、今では俗説ということで片付けられている(参照)。「カンガルー」と呼ばれている動物は、元々アボリジニ語でも「カンガルー」(跳ぶもの)というようなのだ。

220401

ただ、この「カンガルー=わからない」説が生まれた背景というのが完全に無視されて、すっかり俗説扱いされているのは、とても残念なことである。というのは、アボリジニ語で「わからない」というのは、「カンガルー」ととてもよく似た発音のようなのだ。

種明かしをすると、アボリジニ語の「わからない」は、「カンゴール」というのだそうである。そう、あのスポーツウェア・ブランドの ”KANGOL” がそれだ。

ただ、当の KANGOL 社も、それについてはよくわかっていないみたいで、英語版の Wikipedia には、ブランド名の由来が次のように記されている(参照)。

The name Kangol reflects the original production where the K was for knitting, the ANG was for angora, and the OL was for wool.

(以下、tak-shonai による日本語訳)

Kangol という名前は、元来の製品、つまり K が knitting (編み物)、ANG が angora(アンゴラ)、OL が wool(ウール)というところから来ている。

これ、一見もっともらしいが、よく考えてみれば苦しいこじつけでしかない。単に行きがかり上、「そういうことにしておこうや」という程度のことというのが見え見えで、煎じ詰めると、あまりよくわからない話である。

ただ、それはそもそも、"kangol" というのが、「わからない」という意味のアボリジニ語であることから発していることを思えば、無理からぬことだろう。

【4月 2日 追記】

申すまでもないことながら、いつもの「ナニ」でありまして、3月 31日付の「ウソがウソを呼ぶ」の翌日というのが心苦しいところではありますが、本気になさらないよう、どうぞ

Yoroshiku4

 

| | コメント (6)

2022年3月29日

見出しの付け方って、難しいよね

東洋経済 ONLINE に ”東大生断言「頭がいい人」「そうでない人」決定的差  目の前のことを漫然と見て鵜呑みにしない」という記事がある。現役東大生である西岡壱誠さんという人の "生まれつきの才能は不要 東大「逆転合格」の作法" という連載の第 5回目のようだ。

220329

私は東大なんて受験したこともないので、別に記事の中身について関心があるわけじゃない。ただ、「ん?」と引っかかってしまったのは、「目の前のことを漫然と見て鵜呑みにしない」というサブ見出しである。

問題は、末尾の「〜にしない」という否定が、どこまでかかるのかということだ。「鵜呑みにしない」とあるのだから、「鵜呑みにしちゃいけない」というのは確実なのだが、その前の「漫然と見て」という部分までかかるのかどうかが不明確である。

まあ、文脈からみて、「漫然と見る」ことと「鵜呑みにする」ことの 2つの要素を一繋がりにして「しちゃいけない」と言ってるのだろうとは容易に解釈できる。とはいえ「確実な根拠はあるか?」と問われたら、「う〜ん、そう取るのがフツーだし」ぐらいのことしか言えない。

もしかしたら、「漫然と見る」ことまでは許すが、その見たことを「鵜呑みにしちゃったらアウトよ!」ということなのかもしれないじゃないか。少なくともこの文のみを問題にするなら、100%そうじゃないとは言い切れない。

重箱の隅を突くようなことを言っているのは自分でも重々承知だが、今回に限ってはこの程度の疑問は責められる筋合いじゃないだろう。だってこの記事そのものが、ものごとを安易に「鵜呑みにしない」ように薦めているのだから。

このサブ見出しは多分、筆者の西岡壱誠さんが自分で付けたのではなく、編集部が付けたのだろう。こうした記事の見出しって、大抵はそういうものだ。ということは、編集部の担当者が「ごめんなさい。もっと正確な言い回しをすべきでした」と言わなければならないと思う。

ただ、筆者自身も本文の 4ページ目で「目の前のことを、ただ漫然と目に入れて鵜呑みにしない」と書いているから、編集者ばかりに責任を帰すわけにいかないけどね。

そこから先の話として難しいのは、「じゃあ、どう言い換えればいいんだ?」ということだ。「目の前のことを、漫然と見るのも鵜呑みにするのもいけない」と言い換えるのはほぼ自動処理みたいなものだが、文の「質」の観点からすると冗漫すぎるものになる。

さらにはっきり言ってしまえば、これ、見出しとしてはそもそもからしてちょっと冗漫なのだよ。だからこそ、「ん?」と引っかかってしまうのだ。

ここは思い切りが必要で、くどくど言わずに「目の前のことを漫然と見過ごさない」ぐらいにしてしまえば、いっそスッキリする。うん。私としてはこれがオススメだなあ。

東大卒でもないのに、細かいところでイチャモンを付けてしまったが、見出しに関してはそういう話なので、あとのことは

Yoroshiku4

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧