カテゴリー「自然・環境」の373件の記事

2020年11月 5日

木枯らし 1号が吹いたそうだが

今日は久しぶりの「リアルの出張」で、富山市で一泊である。「リアルの出張」なんて妙な言葉を使ったのは、最近は COVID-19 の影響で直接のコンタクトを避けるために、ネットの対話で済ませるケースが多くなっていたからだ。

201105

そんなわけでいろいろ立て込んだので、「昨日木枯らし 1号が吹いた」という 1日遅れのニュース(参照)をネタにする。、ちなみに「東京地方の木枯らし 1号」というのは 10月半ばから 11月末までの間に冬型気圧配置となり、風速 8メートル以上の冷たい風が吹いた時にのみ使われる用語なのだそうだ。

そして昨年と一昨年はこの条件に当てはまる風が吹かなかったため、木枯らし 1号は 2年続けて「発生せず」と記録されている(参照)。2年続けて発生しなかったのは、少なくとも 1951年以後ではこれが初めてのようだ。

ところで私が故郷の山形県酒田市から上京したのは、18歳の春を迎えた 1971年だった。最初の年の春は「さすが関東、山形県と比べたらずいぶん暖かい」と思ったものである。

その前年、山形県酒田市の月間平均気温はこんな具合だった。

1970年 1月 0.2℃、4月  8.5℃、8月 24.6℃、11月 8.1℃

翌年に東京で迎えた月間平均気温は以下の通り。酒田より 2~5℃ も高く、とくに冬が別世界である。12月になってもあまり暖かいので、マジで冬とは気付かなかったほどだ。

1971年 1月 5.1℃、4月 13.5℃、8月 26.7℃、11月 11.9℃

そして 1975年頃から東京の三多摩地区に住むようになると、さすがに少しは冬の寒さが感じられるようになった。気象庁のサイトではこの頃の多摩地区の詳しいデータは表示されないが、都心より 2〜3℃ 低いという実感で、冬の夜は身を切るような木枯らしに震えた。分厚い羽毛布団を買ったのはこの頃である。

そしてつくばの地に引っ越した 38年前の当地の月間平均気温データはこんな感じ。

1982年 1月 3.0℃、4月 11.8℃、8月 24.7℃、11月 11.3℃

冬は筑波降ろしが冷たく、「さすがに茨城県は北関東だわ!」と思ったのを覚えている。そしてそれから 10年単位でこんな具合に変わる。

1990年 1月 1.4℃、4月 12.7℃、8月 26.7℃、11月 12.1℃

2000年 1月 4.8℃、4月 12.6℃、8月 26.3℃、11月 10.6℃
(真冬がそれほど寒くはなくなった)

2010年 1月 3.6℃、4月 10.7℃、8月 28.2℃、11月 10.5℃
(夏は酷暑の様相になっている)

そして去年のつくばは、以下の通り。

2019年 1月 3.0℃、4月 12.3℃、8月 27.4℃、11月 11.2℃

38年前の1982年と比較すると、夏の気温がずいぶん上がった。過ごしやすいのは春と秋だけである。

約半世紀前に高い金を出して買った分厚い羽毛布団は、30年ぐらい前までは年間 3か月は使っていたが、今は本当に寒さを感じる 1ヶ月足らずである。これはもう、様変わりと言っていいだろう。地球温暖化はまさに実感である。

 

| | コメント (0)

2020年10月14日

セイタカアワダチソウを圧倒するクズの葉

セイタカアワダチソウが、クズに負け始めているらしい」という記事を書いたのは、昨年の今頃である。そして今年、セイタカアワダチソウはますます少なくなり、クズがどんどん増えている。

201014

上の写真は、我が家の裏手を流れる川の岸の姿。クズの葉が山のように盛り上がっている。その下からセイタカアワダチソウがチョボチョボ顔を見せているので、このクズの山はセイタカアワダチソウを覆ってしまっているのだとわかる。

思い起こしてみれば、10年ぐらい前は日本中どこに行ってもセイタカアワダチソウの天下だった。下の写真は、2010年 10月 15日付の「和歌ログ」に載せたものである(参照)。常磐線取手駅のすぐ近くのちょっとした空き地が、こんな惨状だったのだ。

Imagehtml

たった 10年で日本の秋の景色が変わってしまった。まさに「奢れる者は久しからず」である。今度はこのクズの天下がいつまで続くものか、気になってきた。

「恋しくば尋ね来て見よ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」というのは、『芦屋道満大内鑑』という浄瑠璃で有名な和歌だが、私は歌舞伎で一度観たきりである。歌右衛門(六代目)の名演技が忘れられないが、21世紀の世の中でこんなに凄まじくはびこるとは、安倍晴明も想像しなかっただろう。

| | コメント (0)

2020年9月30日

クマの人里出没が増加している

昨日付の読売新聞に "山形・米沢市長の散歩コースにクマ 「危なかった」 9件の目撃情報、小学校庭には足跡・ふんも" という、クマの足跡を指さす市長の写真入り記事がある。「さすが山形県!」(米沢盆地も庄内平野も山形県:念のため)と思われるかもしれないが、これは山形県に限った話ではない。

2009301

福島県喜多方市で「食工房」を運営する友人、青木幹雄さんも、近くにクマの出没が増えているというので監視カメラを設置したところ、その夜のうちに「超デカメタボ熊」の後ろ姿が捉えられていた(参照)。結構人家近くを徘徊しているらしい。

2009303

私は若い頃にかなり各地の山登りをしたが、幸か不幸かクマに遭遇したことは一度もない。ただ最近は、日本各地でクマの目撃情報が多いようだ。基本的にそれなりの山塊さえあればクマはいるもので、条件によっては人里に降りてくる。

兵庫県内でのクマの出没増加を伝える、昨日付の朝日新聞(参照)によれば、その原因は「ドングリの大凶作」なのだそうだ。

県森林動物研究センターは9月上旬、県内254地点にあるブナ、コナラ、ミズナラのドングリ3種の生育状況を調べ、6段階のうち下から2番目の「凶作」と判断した。特にブナは「大凶作」とした。

最近、各地の地元紙も「クマが人里に降りて来ている」と伝えているが、一様に「ドングリの不作」を原因とみている。福井新聞も「昨年に引き続きブナやミズナラの実が不良となっており、餌を求めて集落に出没しやすい状況になってる」として、次のように伝えている(参照)。

ブナとコナラは、914件の大量出没を確認した昨年度よりも実の付き具合が悪かった。ドングリ類は隔年で豊凶を繰り返すとされてきたが、近年は傾向が崩れてきている。

今年 4~8月の出没件数は 379件で、2004年度の統計開始以降で最多となった。「人に近い場所に定着した『里クマ』が増えた」(県自然環境課)ことが影響しており、大量出没が近年起きやすい原因にもなっているという。7月に越前市、8月には小浜市で人身被害が発生した。

近年の気候変動などの影響か、山と人里が接する境目ではこれまでのバランスが崩れてしまっているのかもしれない。よくよく注意しなければならないだろう。

 

| | コメント (0)

2020年9月22日

「環境貢献はフツーにやっちゃってる」時代にしたい

NewSphere に「リサイクル率80%を達成する徳島県上勝町 ゼロウェイストセンターで宿泊体験」という記事があり、それを読んで私もちょっと行ってみたくなった。何かの用で四国に行くことがあったら、ついでに寄ってみよう。

200922

この記事は Natsuko Natsuyama という "モデル・ライター" が書いたもののようだが、そもそも「上勝町」は何と読むのかという情報が抜けているので、Wikipedia にあたって初めて「かみかつちょう」と知った(参照)。私だったらとりあえず冒頭で「徳島県上勝町(かみかつちょう)」と表記するがなあ。

上勝町というのは山の中の人口 1,500人ちょうど(2020年 9月 1日現在)という小さな町だが、"2003年に、2020年までに焼却や埋め立てをせずにごみをゼロにする「ゼロ・ウェイスト」宣言をした日本初の町" なのだという。町にはごみ収集車がなく、住民はゼロウェイストセンターに自分でごみを持ち込む。

そして持ち込む際にはリサイクルしやすいように 13品目 45種類の分別基準に従うので、そのごみは年間 250~300万円のお金に変わるという。なるほど、ごみと言えどもきちんと処理すれば、ムダな物ってあまりないのだね。

この町では助成金により、ほとんどの家が電動生ごみ処理機かコンポストをもっているという。これはとてもいいことで、他の自治体でも見習えばいいと思う。この程度のことでグチョグチョの生ゴミを「可燃ごみ」として出すことがなくなるので、焼却場での処理が格段に効率化され、CO2 削減にも役立つ。

上勝町のゼロウェイストセンターは 2018年にゴミステーションが改装され、そこにホテル、リユースショップ、セミナールーム、ラボなどが加わって、環境型複合施設となった。新設されたホテルの名称は "HOTEL WHY" だそうだ。

この名称は、「なぜそれを買うのか?  作るのか?  売るのか?  捨てるのか?」という問いかけをし、考え直す機会をつくりたいとの願いから付けられた。そんなわけで、建物を上からみると、下の写真のようにクエスチョンマークの形になっている。

2009222

このホテルに泊まっただけで、「なぜ? どうして?」と、環境貢献についていろいろと考えることができるというわけだ。ただ私としては、「ここまでして、なぜ太陽光発電装置がないの?」と問いかけたいところだが。

ちなみに我が家では、屋根には太陽光発電装置を載せ、生ゴミはコンポストで堆肥化し、紙類や瓶、空き缶などすべてリサイクル用として出している。このくらいのことは、とくに気張らなくてもフツーにできるし、やればやっただけ環境貢献ができる。

「環境貢献はフツーにやっちゃってるよね」という時代にしたいものだ。

 

| | コメント (2)

2020年9月16日

太陽光発電を始めていて、本当によかった

先週末から 4日間ほど、少しは涼しい風が吹いて、暑苦しさから解放されている。先月から今月の第 2週までは「さすがにエアコンなしでは耐えきれない。(中略)素直にエアコンを使いまくった」と 9月 8日の「少々夏バテ気味だ」という記事に書いているように、とんでもない暑さだった。

2009161

8月の電気代が気になって、我が家の屋根に載っかっている太陽光発電装置のモニターをのぞいてみた。上の画像が 8月 1ヶ月間の推移だが、オレンジ色の部分が太陽光発電量が消費量を上回っていることを示し、水色の部分が消費量の方が多いことを示している。

8月上旬はまだ発電量が消費量を上回っていた(つまり「黒字」)が、中旬以後は 発電量以上に消費した日が多く、「赤字基調」だったことがわかる。24〜26日の 3日間の「黒字」は少しだけ暑さが和らいで、エアコンもあまり使わずに済んだことを物語る。数字は正直だ。

6月から 8月までの月別数値データは下の表の通りで、8月の電気消費量はエアコン使用が響いて 6月の 2倍近くになっている。ただ、7月は長梅雨でどうしようもなかったものの、8月は天気がよかっただけに屋根の上の発電パネルがフルに働いて、6月の 1.3倍、7月の 1.8倍ぐらい発電してくれた。

  6月 7月 8月
発電量 283.3 206.2 377.4
消費量 198.0 214.8 381.8
売電量 193.4 111.0 172.6
買電量 107.9 120.0 177.2

単位: kW

おかげで 8月に東京電力から購入した電気(買電量)は 177.2kw で、実際に消費した 381.8kw の半分以下で済んでいる。そして買電量にほんの少々足りない 172.6kw を東京電力に売ったことになっているが、売電の単価は買電より安いので、金額的には支払額の方ががずっと多い。

というわけで金銭的には少々割に合わないことになるが、私としては屋根に太陽光発電パネルを載っけておいてよかったと、しみじみ思っている。太陽光発電を開始したのは「太陽光発電、我が家でもようやく開始」という記事を書いた 2015年 4月のことで、ということは、今年で 5年経ったわけだ。

この自家発電がなかったら、消費する電気はまるまる東京電力から買わなければならない。ということは、少なからず原発に依存し、火力発電分では CO2 をまき散らすことになる。太陽光発電のおかげで、微力ながらこうした要素が押さえられているわけだ。

エアコン使用の言い訳材料があるというのは、まことにありがたい。

 

| | コメント (0)

2020年9月 8日

少々夏バテ気味だ

先月末あたりの天気予報では、9月に入れば暑さが少しは和らぐなんて言っていたが、とんでもない。まだまだ残暑が厳しくて、さすがにバテ気味である。

200908

上の図は weathernews のサイトに出ていた「9月の気温傾向」だが、沖縄を除く日本全国で「平年より高め」となっている。しかも関東の天気傾向は「曇りや雨の日が多くムシムシ暑い」ということになっていて、要するに一番イヤな暑さが続くってことだ。ああ、沖縄に避暑に行きたい。

思えば 9年前の 2011年、あの「東日本大震災」のあった年、私は自宅のエアコンの電源をコンセントから抜いたままだった。原発事故で電力不足が喧伝されたため、「それなら、エアコンなしで行ったるわ!」と、気合いで乗りきったのである。ちなみに、翌 2012年もエアコンなしで過ごした(参照)。

ところが、今年はさすがにエアコンなしでは耐えきれない。コロナ禍による「テレワーク」が当たり前になり、自宅で PC に向かいっぱなしで仕事をする時間が増えたこともあって、素直にエアコンを使いまくった。そうでもしないと熱中症でダウンしそうだったしね。

「それにしても、8年前、9年前は、よくエアコンなしで耐えられたなあ」と、我ながら不思議に思い、気象庁のページでデータにあたってみた。とりあえず茨城県つくばの地域の 2011年 8月と、2020年(つまり今年) 8月のデータを比較してみたのである。

面倒くさいことはさておいて、気温のみに焦点を当てると、2011年 8月は 30℃ 以上になった真夏日が 18日あり、その中で 35℃ 以上の猛暑日は 5日間だった。それほど涼しい夏というわけでもなかったのに、まあ、意地でもエアコンのスイッチを入れなかったわけである。

ところが今年の 8月は様相が全然違う。気温 30℃ 以上の真夏日が 26日もあった。つまり「ほとんど毎日真夏日」に近かったのである。そのうえ 35℃ 以上の猛暑日が 8日あり、さらに 33℃ 台 と 34℃ 台が、それれぞれ 5日ずつあった。

つまり、「滅茶苦茶暑い猛暑日」と「単なる真夏日以上の、本当にクソ暑い真夏日」を合わせて、月の半分以上の 18日あったってわけだ。そして 9月に入っても半分以上が真夏日で、しかもムシムシする高湿度。そりゃ、夏バテもするわ。

というわけで、まだ 9月上旬だというのに早くも 10月の声を聞くのが待ち遠しい。新蕎麦の食える頃になれば、少しは一息つけるだろうと、今から楽しみにしている。

 

| | コメント (0)

2020年8月30日

地球の猛暑と人間の寿命

下の画像は、weathernews によるつくば周辺地域の週間天気予報である。本日 30日までは熱帯夜だったし猛暑日にもなるようだが、明日からは幾分和らぎ、9月 1日の最高気温は 29℃ で真夏日にならないものとみられる。夜は久しぶりでぐっすり眠れそうだ。

200830

もっとも、9月 3日より先はまた真夏日となり、4日の最高気温は 33℃ なんていうことのようだが、連日の猛暑日と比べればまだしのげる。少なくとも「生きた心地」ぐらいは味わうことができるだろう。

今月 14日の ”「行く夏を惜しむ」なんて心情は、遙か昔のお話” という記事の中で、"1964年 8月の東京は最高気温 35℃ 以上の「猛暑日」というのが 1日だけだったが、昨年は 10日もあったのだ" と書いている。そして今年は 29日までの時点で 10日に達している。

さらに今日も 35℃ になるという予報だから、昨年の記録を上回ることになりそうだ。その他の日でもごくフツーに 34℃ 台が多いので、とにもかくにも「とんでもなく暑い 8月」という実感である。

ところで私は先月で 68歳になってしまった。ちょっと前までは自分が 70歳になるなんて想像すらできなかったが、ここまできてしまうと、あと 2〜3年で死ぬような気は全然しないし、少なくともあと 10年は軽く生きてしまいそうだ。それに気付いて、落語のご隠居じみたことを口走ってしまったのである。

「てぇことは、ナニかい、昔とは様変わりした無茶苦茶暑い夏を、あと 10回くぐり抜けなければならないのかい?」

ムダに長生きするなんて考え物だが、よく調べてみると今どきは 78歳ぐらいでは取り立てて長生きというわけじゃないらしい。日本人男性の平均寿命は 81歳を超えていて、さらに 65歳男性の平均余命は 19.70年(参照)なんていうのだから、85歳ぐらいまでは生きてしまいそうなのだ。

「おいおい、てぇことは猛暑をくぐりぬけるのはあと 10回どころか、16回ぐらいになりそうなのかい? 勘弁しとくれ!」

さらにここ 10年ぐらいの気候の変化を思えば、10年から 16年後ぐらいの夏なんて、文字通り「死にそうな」あるいは「フツーに死ぬほどの」酷暑になっているだろう。そのおかげで「ムダな長生き」をせずに済むというなら、妙にありがたいことになるかもしれないが。

最近、身の回りで「赤ちゃん誕生」の話がチラホラある。コロナ騒ぎのために旦那も入院中の妻を直接見舞うことができないので、独りで健気に頑張って出産している女性が多いらしい。あっぱれなことである。

それより何より最近になって生まれた子は、今後これ以上の暑さを耐えて何十年も生きていかなければならないわけだ。なかなか難儀なことである。こうなると他の天体への移住も考えなければならないなんて話が、俄然現実味を帯びてしまったりする。

ああ、人類も大変だなあ!

【8月 31日 追記】

8月 30日の東京の最高気温は 34.9℃ で、辛うじて猛暑日にはならなかったようだ。今日は 33℃ 程度の予報だから、8月の猛暑日は 2年連続 10日というこになりそうだ。

前の東京オリンピックがあった 1964年の 10倍の数字を、2年連続で記録するわけだ。気候はほぼ半世紀でとんでもない変化を遂げている。

| | コメント (5)

2020年8月25日

人間にとって最も危険な生物は?

NewSphere に 「人間にとって危険な生物ランキング」という記事がある。この手のものは 10年以上前(あるいは 20年以上前かも)にも読んだ記憶があるが、年間犠牲者 75万人という「最も危険な生物」はその時と変わらず、今回もまだ「ワースト 1」の座に君臨し続けている。

200825

出し惜しみせずにさっさと正解を明かしてしまうと、それは「蚊」で、年間犠牲者は 75万人にのぼるという。マラリア、デング熱、黄熱病、脳炎(ウエストナイルウイルス)など、危険な病原菌を運ぶためだ。そして 2位が「人間」というのも、またすごい。

以下に 「人間にとって危険な生物 ワースト 15」を列挙しておこう。

順位 生物 年間犠牲者数(人)
1位 750,000
2位 人間 460,000
3位 ヘビ 100,000
4位 35,000
5位 淡水カタツムリ 20,000
6位 サシガメ(刺亀虫) 12,000
7位 ツェツェバエ 10,000
8位 回虫 4,500
9位 ワニ(クロコダイル) 1,000
10位 サナダムシ 700
11位 カバ 500
12位 500
13位 ライオン more than 22
14位 オオカミ 10
15位 サメ 6

中には淡水カタツムリ、サシガメ、ツェツェバエなど、馴染みのない動物もランクアップされているが、詳しくは元記事に飛んでもらえばしっかり説明してある。これらは蚊と同様に、病原菌や寄生虫を媒介することで人間を死に至らしめるという点が共通している。

病原菌の媒介といえば、オオカミの 3,500倍も人を殺している犬にしても同様だ。死に至らせる原因のほとんどは狂犬病の伝染で、ライオンやワニのように噛み殺しているというわけではないらしい。一方、カバが年間 500人もの人間を殺すというのは、大抵「噛み殺し」というから、意外にコワい。

それにしても、年間 46万人もの人間がほかならぬ人間によって殺されるというのは、考え物だ。1日当たりでは 126人ということになり、大規模な戦争が起きてしまったら、たちまち蚊を抜いて 1位に躍り出てしまうだろう。潜在的には「人間にとって最も危険な生物は人間」ということにもなりそうだ。

ちなみに新型コロナウイルスによる死者数は、昨年 12月から現在までに、世界で 85万人を超えているらしい(参照)。ただウィルスが「生物」であるかどうかについては、まだ結論が出ていない。

| | コメント (2)

2020年8月22日

あんまり暑いと、蚊も夏バテする

ウエザーニュースの 8月 20日付に「○○℃ を超えると蚊も夏バテする!?」というクイズみたいなタイトルの記事がある。「○○℃」の正解は「35℃」だそうだ。無茶苦茶な暑さに耐えきれないのは、人も蚊も同じということのようなのだ。

2008222

そう言われてみれば確かに夏の真昼、猛暑のピーク時には、半袖にショートパンツなんて格好で川土手を散歩しても、蚊に刺されることはあまりない。ところが夕方になって気温が下がると、とたんに蚊が活発になって刺されまくることになる。

アース製薬・虫ケア用品ブランドマネージャーの北口明宏さんによると、「気温が 25〜30℃になると蚊は活発に活動します」ということだそうだ。確かに梅雨明けが近付いて、気温が 25℃を当たり前に超える頃になると蚊がどっと増える印象で、生活実感とも一致する。

北口さんによれば「30℃を超え暑くなると徐々に動きが鈍くなり、35℃以上の猛暑日は、植木の葉裏などの日陰に身を潜めています」ということになる。なるほど猛暑の真昼でも、草むらを歩いたり植木の剪定をしたりすると蚊に刺されるのは、人間が蚊の領分に入っていくためだったのか。

ちなみにウエザーニュースがこの記事を 8月 20日付でアップしたのは、この日が「蚊の日」だったからだそうだ。その由来はよくある日本語の語呂合わせではなく(そもそも語呂合わせなんかでは「蚊」になりようがない)、国際的にも ”World Mosuquito Day" とされているらしい。

1897年のこの日に、イギリスの細菌学者ロナルド・ロスが、ハマダラカ類の蚊の胃の中からマラリアの原虫を発見し、それによって 5年後に第 2回ノーベル生理学・医学賞を受賞したということによるという。へえ、そんなことは全然知らなかったよ。

 

| | コメント (0)

2020年8月17日

浜松で 41.1℃の「日本タイ記録」

所用のためクルマで外出し、夕方に戻るとラジオ・ニュースで「41.1℃ の日本タイ記録」なんて言っている。どこの話かと思ったら、何と浜松だというではないか。無茶苦茶な暑さというのは内陸で記録されるものと思っていたが、海に近い浜松でこんなことになるなんて、びっくりである。(参照

200817

いや、そういえば私の生まれた山形県酒田市だって日本海に面した港町だが、42年前の 1978年 8月 3日に 40.1℃ の最高気温を記録したことがある。海に近いところでも条件さえ重なれば 40℃超えしてしまうということのようで、Wikipedia の「酒田市」の項目には、次のように書かれている(参照)。

日本の公式な気象観測所で 40℃以上の気温が観測されたのは太平洋戦争後では初めてで、当時歴代 3位に相当する記録であった。

この時のことを私は 26年後にこのブログで "猛暑と「知らぬが仏」" というタイトルで、次のように書いている。

その日、私は南アルプスの 3000メートル近い稜線直下で、台風をやり過ごすために一日停滞していた。グラスファイバー・フレームが強風でギュンギュンしなるテントの中で、ラジオのニュースが「山形県酒田市で、40.1度を記録」というのを聞いて、おったまげたのを覚えている。

私に山中の停滞を強いたその台風が、フェーン現象の原因となり、故郷の空気に大変な熱をもたらしたのである。

冷房があまり普及していなかった頃とて、この日の酒田の人たちは「今日はなんだかおかしい」などとつぶやきながらも、普段どおりに働いていたが、夕方のニュースで最高気温が 40度以上になったと聞かされた途端に、「だぁ~!と叫んでひっくり返ってしまったという。まさに「知らぬが仏」だった。

今回の浜松の場合は、前日も 40℃超え(40.2℃)を記録していただけに結構覚悟していたはずだから、「知らぬが仏」ということはなかっただろう。エアコンの普及した現代のことで、本当によかったと思う。

それにしても 前世紀においては 気温 40℃以上なんていうのは稀な記録だったが、今世紀に入ってからはあまり珍しくもなくなった。2018年以後は、3年連続で複数回の 40℃超えを記録しているのだから、最近の地球温暖化は大変なものだということがわかる。

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧