カテゴリー「世間話」の467件の記事

2024年4月19日

クルマの中にキーを閉じ込めてしまったら・・・

Useful tip if key is locked inside”(キーを閉じ込めてしまった時の便利なヒント)という動画入り tweet がある。書いたのは Sience girl(科学少女)さんだが、動画に登場するのは屈強の男性。そしてそのヒントというのも実際はかなりの「力技」ではあるのだが、紹介させていただく。

240419

上の画像をクリックすれば tweet に飛んでやり方を動画で見ることができる。要するに運転席横のウィンドウにガムテープをしっかりと貼り付けて、その端を持って力任せに引き下げるとウィンドウが開くというものだ。

これ、もしもの場合のために覚えておいていいだろう。ただ私の場合は、必ずクルマの外に出てからロックするという習慣がついているので、キーを閉じ込めてしまうことはまずない。

この tweet に付いた「ノート」というコメントにも、次のようにある(参照)。

Although this could work on some vehicles, it is more likely to damage/break the window. In the case of locking your key in the vehicle, call for help to a key making company.

(これはいくつかのクルマでは役に立つかもしれませんが、ウィンドウを傷つけたり壊してしまうかもしれません。クルマにキーを閉じ込めてしまった場合は、キー会社に連絡してヘルプしてもらってください)

とくに最近のキーはキーホールに入れて回すのではなく、キーに付いた「ロックボタン」をピッとおすだけなので、まず大丈夫だ。もしかしたら、これも「時代遅れの力技」になってしまうのかもしれないね。

 

| | コメント (3)

2024年4月17日

「イオンモール」と「イオンタウン」の違いって?

近辺に「イオン」と名の付く複合商業施設が 2か所ある。「イオンタウン守谷」と「イオンモールつくば」なのだが、私はつい昨日までその名称の違いに完全に無頓着だった。

240417

昨日、妻と一緒につくば市の方の「イオンモール」に行くときに「イオンタウン」と口走り、妻に「つくばの方は『イオンモール』よ」と言われて、初めて違いを知ったほどである。

そう言われてみれば、日本全国を廻る仕事をしていると、あちこちに「イオンタウン」やら「イオンモール」やらがあるような気がするのだが、そこには何か違いがあるのだろうか? これまでちっとも気にしていなかったのだが、言われてみると急に事情を知りたくなってしまった。

妻に「イオンタウンとイオンモールって、どう違うの?」と聞いても「そんなの知らない」と言うし、こうなったらネットで調べるしかない。

検索してみると、「違いラボ」というサイトに「イオンタウンとイオンモールの違いとは? 選ぶべき施設を徹底比較!」というページがある。別に「徹底比較」までは求めてないんだがと思いつつアクセスしてみると、こんな具合である。

イオンタウンは、地域に根ざした中小規模のショッピングセンターを中心に展開。
一方、イオンモールは、ファミリー向けの大型ショッピングモールとして、多彩な店舗とエンターテイメントを提供しています。

うぅむ、実感的によくわからん。イオンタウンは「中小規模のショッピングセンターを中心に展開」とあるが、寄り集まったことで十分大規模になってるし、イオンモールの方に挙げられている「ファミリー向け」「多彩な店舗とエンターテイメント」という要素に欠けてるわけじゃない。

イオンタウンは、「地域密着」をコンセプトに、日常生活に必要な品揃えとサービスを提供。
イオンモールは「一日中楽しめる」施設作りを目指し、ショッピングだけでなく、食事や映画などの娯楽も楽しめます。

うぅむ、ますますよくわからん。イオンタウンだって食事ができるし映画館もある。それにイオンモールで「一日中楽しめる」とも思われない。もうちょっと先までいくか。

イオンタウンは、地方都市や郊外に多く見られ、手軽に日常の買い物ができる規模です。
イオンモールは、大都市郊外を中心に大規模な施設を構え、多くの人が訪れる観光スポットの一面も持ち合わせています。

はぁ?、イオンモールつくばに行っても「観光スポットの一面」なんて、ちっとも感じないがなあ。

イオンタウンは、地元の人々の日常生活を支えるため、スーパーマーケットやドラッグストア、衣料品店など、生活必需品を中心に取り扱っています。
イオンモールは、ショッピングの楽しみを最大限に味わえるよう、国内外の有名ブランド店や、レストラン、映画館、子ども向けのアトラクションが充実しています。

うぅん、もういかん。実際に守谷とつくばの店舗を見比べてもほとんど共通していて、ここまで言うほどの違いなんて感じない。つくばの方に「国内外の有名ブランド店」が多いわけじゃないし、ユニクロは両方にあるが守谷には GU がない。つまり、こうした面で差別化されているとは思われない。

もっと他に端的な説明をしているサイトはないのかと探したら、「これが知りたかった!」というサイトが検索された。そこにはこう書いてある(参照)。

イオンモールとイオンタウンの違いは店舗の大きさが違います。
イオンモールのほうがはるかにでかい、イオンタウンはその4から3分の一程度の規模です。

うむ、これなら(文章はちょっとおかしいけど)わかる。確かに「イオンタウン守谷」の店舗フロアは 2階までだが、「イオンモールつくば」は 3階まである。店舗の内訳に大きな違いはないが、そういえばつくばの方は飲食店が少し充実しているようだ。要するに「規模の違い」なのだね。

ただ、そう言われても今イチしっくりこない。というのは、私の言葉感覚だと逆に「モール」より「タウン」の方がずっと大きいイメージなのだよね。「モール」と言われると、ラグビーの(立った状態での)人の塊の方が先に連想されて、単なる「ぐちゃっとした寄せ集め」みたいな感じだし。

2404173

もしかしたら、イオンさんとしては「タウン」という言葉で「地域密着」を表現したつもりなのかなあ。だったら、大きい方は「イオンシティ」ぐらいにすればまだそれらしいのに。

とはいえこちらには関わりのないことだから、別にどうでもいいや。

 

| | コメント (2)

2024年3月29日

茨城県のクルマの流れが、めっきりおとなしくなった

40年ほど前に茨城県に引っ越してきた当時、周辺道路でのクルマの運転の荒っぽいのに驚いた。「茨城県では制限速度の 2倍までは出していいんだ」なんて、とんでもないことが言われていた時代である。

240329

ところが最近では、この辺りの交通事情もめっきりおとなしいものに変わってきている。速度制限が 60km/h の一般道を 50km/h 台で走っているクルマがかなり多いほどだ。

これって、茨城県民の高年齢化に伴った変化なのだと思われる(参照)。とにかくすれ違うクルマの運転席を見ると年寄りがやたら多く、ジイさんバアさんばっかりといった印象なのだ。「この人たちも、40年前はさんざん荒っぽい運転してたんだろうなあ」と思うと、なんだか感無量である。

一方、私はといえば 1年半前にクルマに高齢者マークを貼った(参照)のだが、貼る前と後で運転が変わったかと言えば、実はちっとも変わっていない。

2403292

私の運転が変わらないのに周囲が変わってしまった(要するにノロくなった)ので、ふと気付くと、いつも車列の最後尾を走っているのに気付く。自分なりの最適スピードで走っていると、いつの間にか後ろのクルマを置いてけぼりにして、前の車列に追いついてしまうためだ。

ひとかたまりの車列の先頭をノロノロ走るのは、大抵の場合ジイさんである。後に続くクルマはあまりのノロさにイライラしているのだが、先頭のジイさんは自分が壮大なパレードを率いて走っているなんてことにはまったく無頓着だ。

私は案外バックミラーやサイドミラーを気にするタイプで、後ろから迫ってくるクルマがあったらすぐに左に寄って道を譲る。私に迫ってくるようなのは極端なスピード違反がほとんどなので、そんなのに後ろから煽られるよりは、さっさと抜かせてしまう方がストレスがない。

ところが大抵の場合、私を抜いたクルマにはすぐに追いついてしまう。そいつはどこかのジイさんのノロノロ運転に行く手をはばまれ、必死に煽っているのだ。ところが前を行くジイさんはバックミラーなんて見ないから、自分が煽られていることにまったく気付かず、平気でのどかに運転し続ける。

というわけで、茨城の道路光景は「乱暴運転」から「ノロノロ運転」にすっかり様変わりしてしまったのである。

そこで一曲。Bob Dylan の『時代は変わる』

 

| | コメント (2)

2024年3月28日

20歳未満の飲酒禁止って、なんだか違和感だなあ

一昨日、「関大アメフト部が一時練習停止 20歳未満の飲酒と喫煙で」というニュースが報じられていた。大学によれば「1月末に 2年生部員が有志の集会を行った際に 20歳未満の部員 3人が飲酒し、そのうち 2人が喫煙した」ということらしい、

240328

これに関しては、成人年齢が 18歳に引き下げられたことで飲酒も 18歳で解禁と勘違いされがちとの指摘が多い。それを受けたのかどうか、国税庁も今さらのように「20歳未満の者がお酒を飲んではいけない 5つの理由」のパンフレットの末尾でこんなように書いている。

2022年から民法の成人年齢は 18歳に引き下げられましたが、お酒に関する年齢制限については 20歳のまま維持されています。

しかし実際には、成人年齢引き下げによる誤解なんてあまり関係ないんじゃなかろうか。というのは、昔から高校を卒業したらみんな平気で酒を飲んでいたからである。

遙か昔、1971年に私が大学に入ったばかりの「クラスコンパ」でも、公然とビールで乾杯してたしね。新入生ってことは二浪でやっと 20歳のはずだが、私も含めて半数以上は現役だったように記憶している。

そんなわけで大学の運動部などでも、当たり前のように酒を飲んでいたのだろう。冒頭の画像右側のニュース・タイトルは、ここ 1年以内の運動部の主な飲酒事件で、一番上は冒頭で触れたが、以下はこんな具合である。

関西大アメフト部の 19歳部員、2年生の同期会で飲酒・喫煙…先月 21日から 15日間活動停止 (2024/3/21)
東海大 硬式野球部 上級生が新 1年生に飲酒強要と暴行(同 3/5)
日大アメフト部で 20歳未満の部員が飲酒…違法薬物事件での保護者会当日に(2023/9/23)
【アメフト】慶大が活動停止に 未成年部員が飲酒 早慶戦は4年連続中止(同/4/23)

ここに出てきたのは不運にもバレちゃった例で、実際にはこの何百倍(あるいは何千倍?)もあると思う。表沙汰になった中でアメフト部が多いのは、例の日大アメフト部のマリファナ接種事件の影響で風当たりが強かったからだろう。あれって、まったくもって迷惑な事件だったわけだ。

ところで、上で紹介した国税庁のパンフレットには、20歳未満の者の飲酒が禁止されている理由として、次の 5項目が挙げられ、それぞれもっともらしい説明が加えられている。

  • 脳機能を低下させる
  • 肝臓をはじめとする臓器に障害を起こしやすくなる
  • 性ホルモンの分泌に異常がおきるおそれがある
  • アルコール依存症になりやすくなる
  • 20歳未満の者を守るために飲酒を禁ずる法律がある

しかしよく読んでみれば、初めの 4項目は 20歳を過ぎさえすればその問題が一挙になくなるというようものじゃない。基本的に一生続くリスクなのだから、ここまで言うならいっそ、国民全員の飲酒を禁止しなければならない道理となってしまう。

さらに諸外国では 18歳で飲酒解禁される国がほとんど(米国だけはなぜか 21歳らしいが)なのに、日本では 20歳にならなければダメというのも、成人年齢との整合性も含めて説得力に欠ける。

現状を鑑みれば、高校を卒業したらみんなフツーに飲んでるんだから 18歳で解禁してもいいんじゃないかなあ。今のままでは、無駄に法令違反を増やしているだけだ。

告白してしまうと私なんか、高校時代(ということは 16歳頃から)から焼き鳥屋や同級生との飲み会などで酒を飲んでいた。それでも脳機能が低下することもなくちゃんとワセダに現役合格したし、修士号も獲得したし、内臓機能にも問題なく健康そのものである。

「アルコール依存症になりやすくなる」なんてこともなく、早く飲み始めた分、早いうちに飲み飽きてしまって、今やほとんど飲まなくなっている。今年になってからは 1滴も飲んでないが、まったく不満はないし飲みたいとさえ思わない。(小声で)「20歳前から飲んでるけど、文句あるか」ってなもんだ。

ただ決して「禁酒」してるというわけじゃないので、気のあった仲間同士で楽しく飲む機会に恵まれれば、喜んで付き合う気は満々だ。

 

| | コメント (10)

2024年3月23日

「ピースサイン」と「ウッドストック」の共通構造

一昨日は「ピースサイン」の話から、伝説のロック・フェス「ウッドストック」の話になったが、今日はそのこぼれ話である。というのは、「ピースサイン」と「ウッドストック」の日米の差には驚くほど共通した構造があるのだ。

240323

一昨日の記事を書くとき、たまたま「ウッドストック」のキーワードで Google の画像検索をかけたところ、表示されたのはズラリと、PEANUTS の漫画にスヌーピーの親友として出てくる、あの奇妙な鳥だったのである(参照)。あの鳥、名前が「ウッドストック」なのだね。

2403232

これには驚いてしまい、気を取り直して英語の ”Woodstock" で検索し直したところ、無事に伝説のロック・フェスの画像が見事に表示され(参照)、ここに至って、ようやく安心できたのだった。

2403233

それにしても、カタカナの「ウッドストック」とアルファベットの ”Woodsrtock” との落差というのはものすごいものである。鳥の方の「ウッドストック」だって、発祥の地はアメリカのはずなのに、英語の画像検索では延々とスクロールして、ずっと下の方にようやくチラリと登場する程度なのだ。

この日米の落差は、当ブログで話の発端となった「ピースサイン」と同様に大きい。米国では「反戦のサイン」だったものが、日本ではその意味がほとんど忘れ去られて、単なる「写真を撮られる時のポーズ」でしかなくなっている(参照)のだから、比較文化論の対象にしていいぐらいのものだ。

ただ、日本の「ピースサイン」が米国のそれから来ているように、スヌーピーに出てくる「ウッドストック」も、ロックフェスの ”Woodstock" と深い関係があるようなのだ。これは見逃すことができない。

この鳥に「ウッドストック」という名前の付いたのは ”スヌーピーの小さな親友「ウッドストック」をテーマにした新企画展がスタート 今年の夏は『スヌーピーミュージアム』に行こう!” というページによれば、1970年である。下の画像は、ここで紹介されている「名付けの瞬間」だ。

2403234

スヌーピーのセリフは以下の通り。

2コマ目: I FINALLY FOUND OUT WHAT THAT STUPID BURD'S NAME IS... (やっとあのマヌケ鳥の名前がわかったよ)
3コマ目: YOU'LL NEVER BELIEVE IT...  (信じられないだろうけど)
4コマ目: WOODSTOCK!  (ウッドストックっていうのさ!)

それまで名前のなかった鳥に「ウッドストック」という名前の付いたのが、伝説のロック・フェス ”Woodstock” の翌年というのは、かなり感慨深い。両者に関係のないはずがないじゃないか。

EDOM TIMES というサイトの昨年 11月 13日付に「スヌーピーの親友・ウッドストックの名前の由来って?スヌーピーとウッドストックの仲良しフィギュアにもご注目!」という記事があり、そこには次のように語られている。

当時、ウッドストックの名前を模索していたシュルツ氏。彼の目に留まったのが、1969年に開催されたアメリカの音楽史に残るコンサート「Woodstock Music and Art Festival 」でした。

(中略)

原作者であるシュルツ氏はこの音楽祭にちなんで名付けたことは認めていますが、はっきりと理由については語っていません。
しかし、コミック内でスヌーピーがウッドストックの事を「鳥ヒッピー」と呼んでいるところを見ると、ウッドストックと音楽祭には共通点があるようにも思えます。

というわけで、「ピースサイン」と ”Woodstock” は、日本の若者文化に奇妙なまでの影響を残しているのだね。

 

| | コメント (0)

2024年3月 2日

フィギュアスケート界のキラキラネーム度がスゴい!

フィギュアスケートの全世界ジュニア選手権というのが台北で開かれているらしく、そこで 15歳の島田麻央選手が 2連覇を達成したというニュースが朝の NHK ラジオニュースで流れた(参照)。素晴らしいことである。

240302

ただ、ここで書きたいのは彼女の優勝とか日本のフィギュアスケート界の現状とかいう話ではない。私が驚いてしまったのは、そのニュースにゾロゾロと登場した日本選手の名前のスゴさについてである。

島田麻央選手はかの有名な浅田真央さんと同じ名前(字は違うが)ということもあってまだ馴染みがあるが、それに続いてラジオで流れてくる名前がやたらキラキラネームっぽくて、どんな字を書くのか想像すらできないのが多い。

そこでさっそくネットに当たり、日刊スポーツのサイトで「選手名鑑」を調べてみると、こんな感じだった(参照)。

2403022

2403023

この年代の少年少女たちって、フィギュアスケート界に限らずこんな感じの名前が多いみたいな気もするし、ここに登場したのは決して極端な「キラキラ」というわけではないのかもしれない。ただそれにしても、フィギュアの世界の「キラキラ度」の高さは特筆すべきなんじゃなかろうか。

もしかしたら、生まれた子にキラキラネームを付けたがる親って、子どもにフィギュアスケートをさせたがる志向が強いのかもしれないなんて想像までしてしまった。スポーツとしてのキラキラ度が抜群に高い世界だし、あり得ないことじゃないという気がする。

この中にあると男子の「島田高志郎」なんて、スケート協会の会長さんなんじゃなかろうかと錯覚しそうである。顔写真をみればそんな錯覚は吹っ飛ぶが。

最近はキラキラネームが減ってきているらしいが、これをきっかけに妙に復活しちゃったりしたら、その子たち、将来浮いてしまうんじゃあるまいかと妙な心配までしちゃったよ。

【同日追記】

フィギュアスケート界のキラキラネーム度の高さについては、私だけが驚いているわけではなく、かなり前から言われているのだとわかった。ちょっとググってみたところ、こんなような記事まである。フィギュアスケートだけでなく、冬季オリンピックの種目ではキラキラネームがかなり多いらしい。

平昌五輪、キラキラネーム多すぎ…「哉中」「純礼」はなんて読む?

哉中」はフィギュアスケートの村元哉中選手で「かな」と読むらしく、「純礼」はショートトラックの菊池純礼選手で「すみれ」ちゃんなんだそうだ。ついでにアイスホッケーの床秦留可選手は「とこ はるか」と読むという。ここまで来ると万葉仮名じみてさえいて、キラキラ界のウルトラC だね。

さらにあの羽生結弦選手も、キラキラと捉えられているらしい(参照)。まあ、ここらあたりはギリギリの境界線という気もするが。

【3月 3日 追記】

来年施行される改正戸籍法に基づき、全国民が振り仮名の届け出を求められるんだそうだ(参照)。届けがなければ自治体が職権で戸籍に振り仮名を記すことになるのだという。これ、キラキラネーム対策だというのだが、かなり乱暴な運用になりそうで困ったものだ。

 

| | コメント (2)

2024年2月29日

まるで別世界の話のような、コンビニの「セルフレンジ」


ℚ(きゅう) さんという方が、コンビニの「セルフレンジ」というものに関する tweet をしておいでだ(参照)。QR コードに暖め時間が登録されており、電子レンジに入れるだけで指定の時間で温めてくれるんだそうだ。へえ!

240229

私にしてみれば、まるで別世界の話のように思われる。それは電子レンジがそこまでやってくれるという機能に関してではない。コンビニで買った商品を店内の電子レンジで温めて食ってしまうということについてである。

私とてコンビニで飲食物を買うことがないわけではない。しかしそれは、長時間移動の際に買った飲食物をクルマで食うためである。なにしろ田舎暮らしで、移動のほとんどがクルマなもので。

そういうわけだから、買うのは飲み物とパンみたいなスナック食に限られる。おにぎりすら面倒に感じてしまうのに、食うために両手が必要になる丼物を買うなんて、そもそもの発想からしてない。

というわけで、写真にあるような丼物みたいなものがコンビニで売られてるなんてことさえ、今日の今日まで知らなかった。とりあえずそうしたものを買って温めることができるとまではわかったのだが、すぐに次なる疑問が浮かぶ。「温めた丼物、一体どこで食うんだ?」ってことだ。

店外に持って出て、歩きながら食うわけにも行くまい。店の前でしゃがみ込んで食うのは、最近の若者ならやってやれないことはないだろうが、そんなことされたら店の方が迷惑がるだろう。やっぱり店内で食っちまうんだろうか。

改めて「コンビニ 店内 飲食」というキーワードでググってみると、昨今のコンビニには「イートインスペース」なるものがあるとわかったのである。いやはや、そんなの想像したことすらなかったよ。私ってば、今の世の流れからだいぶ後れを取ってしまってるようなのだ。

2402292

というわけで、たった 1つの tweet からまったく別世界の話のような情報を得てしまったのだった。とはいえ、自分自身がコンビニ店内のレンジで温めたものをイートインスペースとやらで食うかと言ったら、「そんなのやだよ!」ということになってしまうのだが。

思わず「自分、古い人間ですから」なんて高倉健風に言いそうになっちゃったよ。

 

| | コメント (2)

2024年2月14日

今どきの定期券事情を巡る冒険

私はかなり前から いしかわ じゅん マンガのファンで、”毎日新聞朝刊の 「サクラダ・ファミリア」(聖なる桜田家)” (2015年 2月 5日付)を書いた当時は紙の新聞で読んでいたが、今は新聞購読を止めてしまったので、恐縮ながら金を払わずネット(参照)で読んでいる。

240214

というわけで、『桜田です!』も連載開始から既に 7年が経ったのだね。上は今月 12日付のもので、桜田家のお母さんの「寝ぼけネタ」は定番だが、この日はお父さんまで春の陽気のせいで寝ぼけてしまっている。

お父さんが定期券を持たずに会社に行こうとしたので、お母さんが寝ぼけまなこで探し当て、それをもって自分が「じゃあ、いってきまーす」なんて出かけようとしてしまうというオチだ。後ろでお父さんが半分寝ながら「いってらっしゃ〜い」なんて言ってるのも、なかなかの風情である。

我が家ではこのマンガに夫婦で笑った後で、「ところで今の定期券って、一体どんなの?」という話になった。私は 2011年(あの東日本大震災の年だ)に勤めを辞めてフリーランスになって以来、12年以上にわたって定期券なんて持ったことがないから、今どうなってるのか全然知らないのだよ。

ちなみに昔の紙の定期券って、こんな感じだった(参照)。何と今の世の中では、こんなものが売り物になってしまうのだね。

2402146

素材は単なる紙だった定期券が、いつの頃からか改札口の無人化に伴い磁気カードに変わったのを今でも覚えている。入場する度にいちいち定期入れから取り出して、改札口のスリットに通してやらなければならないのが面倒だったなあ。そして何と、この磁気カード式の定期券は今でも現役のようなのだ(参照)。

2402148

もっとも今は IC カード(JR 東日本で言えば ”Suica”) が当たり前になってるから、定期券も「Suica 定期」が定番になってるんだろうと検索してみたら、やはりそうだった。今は多くの人がフツーに自動販売機で Suica 定期券を購入して(参照)、フツーに「ピッ」とタッチして改札を通っているのだね。

2402143

ただ、私は最近では Suica アプリを iPhone に入れて「モバイル Suica」として使っているのだから、「モバイル Suica 定期」ってものもなければ困る人が多いだろう。そう思って調べてみたら、これもやっぱりあった(参照)。

2402147

Suica アプリを自分で操作し、クレジットや Apple Pay で定期を購入できるというのだから、自動販売機に並ばなくてもいいというメリットが大きそうだ。しかし桜田家のお父さんは、スマホは持ったのに定期券は忘れてるというのだから、Suica アプリなんて使っていないんだろう。

ちょっと調べたところ、「鉄道会社のアプリ利用率は 1割、ICカード利用は約 8割――スパコロの調査から(首都圏 1都 3県対象)」という記事が見つかった。2021年 6月の記事だからちょっと古いが、やっぱり Suica などの IC カードって、明確な「カタチ」があるだけにアプリなんかより強いようなのだ。

2402144

モバイル IC カード(いわゆる「Suica アプリ」みたいなもの)の比率は 20代でも 22.6% だったのだから、全体的な比率は今でもそれほど大きくは変わっていないのではなかろうか。もしかしたら、いしかわ じゅん先生の脳内の定期券は Suica ですらなくて磁気カード止まりだったりして。

もっともかく言う私だってこんなようなことは今回調べてみて初めて知ったのだから、必要のないことなんて全然知らなくてもそれほどの不都合はないようなのだね。

とはいえ、直接必要のないことでもいろいろなことに興味を持って調べてみるというのは脳の活性化にいいという話もあるから、たまにはこんなような酔狂をしてみる意味はあるのだろう。

 

| | コメント (2)

2023年12月18日

「トー横」という言い方、今イチしっくりこなくて・・・

"「トー横」周辺で29人一斉補導" というニュースがいろいろなメディアで報じられており、朝日新聞によればその 6割が都外からの少年少女だったという(参照)。いやはや、お上りさんが多いってわけで、今も昔もあまり変わっていないのだね。

231218

「トー横」問題に関して書くのはこれが初めてというわけじゃなく、昨年 11月 1日にも ”「トー横」で、マット敷いて寝袋で寝る若者” というタイトルで書いている。ただ私としては、この「トー横」という言葉にはまだ馴染めていない。今イチしっくりこないのだ。

音として「とーよこ」と聞いたら、鉄道の「東横線」とか、出張先で結構泊まるビジネスホテルの「東横イン」を思い出してしまうし、横書きの場合の文字を見ると、つい「トイチ」と読んでしまうんだよね。縦書きだったらそうはならないが。

「トイチ」と言っても「十日で一割」の高利貸し(参照)を思い出すわけじゃなく、もっと艶っぽい話である。「上」という漢字を分解するとカタカナの「ト」と漢字の「一」になるので、その昔、人並みより上の器量の女性を「ト一」(トイチ)と言ったりした。

歌舞伎の『青砥稿花紅彩画』(あやとぞうしはなのにしきえ:いわゆる『白浪五人男』)の「浜松屋」の場では、女装の弁天小僧に手代が「これはト一お嬢様、これへいらっしゃいまし」なんて声をかける。この「ト一お嬢様」が、実はいきなり片肌脱いで啖呵を切り始めるわけなのだが。

2312182

さらに私の生まれた山形県酒田市には「ト一屋」(読みは「トイチヤ」、念のため)というスーパーがあり、店名の由来は「上物」を取り扱ってるというココロなのだろう。それで「トー横」という文字を見ると、何だかト一屋の横っちょみたいな感じがしてしまうのだよね。酒田市民の多くもそうかもしれない。

まあ、現代の若い子たちも、あんまり無茶しないようにテキトーに楽しんでもらいたいものである。そうでないと、白浪五人男のように最後には稲瀬川の川端でお縄頂戴ってことになってしまう。

 

| | コメント (0)

2023年12月13日

クルマを運転していて、横断歩道の手前で止まるか

TBS NEWS DIG というサイトに ”「止まってもらえたら運がいい・・・」横断歩道『一時不停止』全国ワースト 取材中にも止まらない車が・・・ 新潟” という記事がある。新潟県では歩行者が横断歩道を渡ろうとしても、4台に 3台以上のクルマが止まろうとしないんだそうだ。

231213

信号機のない横断歩道で歩行者がいる場合、車には一時停止する義務がある。これは道路交通法 第38条第1項でしっかりと決められているのだから、停まらないのは「違法」である。

で、実際はどうなのかというわけで『信号機のない横断歩道での車の一時停止率』というデータを見ると、1位は長野県で 84.4% で、以下 2位 石川県(76.6%)、3位 栃木県(74.8%)と続く。このあたりだと、大体 4台に 3台は停まってくれるというわけだ。

ところが新潟県の場合は 23.2% のクルマしか停まらず、さらに佐賀県(26.2%)、福井県、大阪府(いずれも26.7%)も、ほとんど 4台に 1台ほどしか停まってくれない。これではかなりアブナい。

もっと詳しく知りたくなって、都道府県データランキングというサイトの「信号機のない横断歩道における停止率【2023年】」というデータを見ると、全国平均は 45.1% となっている。辛うじて半分近いクルマが止まるということのようだ。

それでは私の住む茨城県はどうなのかというと、27.6%なんだそうだ。上の画像には辛うじて入らなかったが、要するにビリから 5番目だ。そして出身県の山形県は 53.6% で 14位と、かなりマシである。新潟県はその山形県のすぐ南隣だから、県境を越えると世界が違ってしまうってわけだ。

ちなみに私自身は、横断歩道で渡りたそうにしている歩行者がいたらとにもかくにも停まるように心がけている。ただ歩行者が渡るような素振りを見せてくれないと、気付かずに通り過ぎてしまうことも度々だ。だから、歩行者は遠慮せずに堂々と渡る意思を表明する方がいいと思う。

とはいえこれはなかなか難しい問題で、渡ろうとしてもクルマがビュンビュン通り過ぎると、歩行者としてはやっぱり恐怖感で引っ込んでしまいがちだ。するとクルマがますます我が物顔で通り過ぎるということになり、一種の堂々巡りである。

いずれにしても、横断歩道手前での停止率は年々向上しているようである。来年は全国平均が 50%を越えることを期待しつつ、ますます気を付けて運転しようと思った次第なので、

Yoroshiku4

| | コメント (4)

より以前の記事一覧