当時の石切技術の限界だそうだが、かえって趣になっている。