首里の近く、末吉宮に登る山道の絶壁に、露出した木の根。断崖を這い、下の地面を貫いて、水脈まで届いているらしい。